茶屋町で 自然食ランチ 「実 身 美」

0
    「梅田芸術劇場」へ伺ったとき、
    公演が始まる前に お昼を いただきました。



    テレビで何度か紹介されていたので
    気になっていたお店です。 




    「梅田芸術劇場」のすぐ近く、 
    「Loft」の御堂筋を挟んで向かい側にあります。



    「実 身 美」(サンミ)
    大阪市北区鶴野町3−10
    営業時間  : 11:00〜21:00
    定休日    : 日曜日



    「実」のあるご飯は
    「身」体を守ります。
    「美」容とダイエット効果のある マクロビオテックを取り入れているお店、


    だから 「実 身 美」で 「ミ」が三つで 「サンミ」という店名だそうです。



    RIMG2159.JPG



    お店に着くと
    13人待ちで お店の外の椅子にも人が座ってはりました。
    開演までに食べたいので
    時間が心配でしたが
    無事に食べることが 出来ました。 







    ランチのメニューは 2種類。



    日替り ヘルシー玄米定食  970円 と

    RIMG2150.JPG






    日替り 玄米カレー   904円  です。


    RIMG2149.JPG








    日替り ヘルシー玄米定食 を注文しました。


    RIMG2152.JPG



    左上から右へ順に
    グリーンサラダ 、 ひじき入りおからと枝豆のマヨサラダ、
    コンニャクステーキ、彩りナムル。

    左下から右へ順に
    玄米ご飯、 豚肉とたっぷり野菜のトマト煮、 おみそ汁。






    メインのおかず 《豚肉とたっぷり野菜のトマト煮》の
    お野菜は
    キビ、茄子、南瓜、冬瓜、人参、シメジ、キャベツ、ズッキーニ、水菜に トマト。

    RIMG2153.JPG





    おみそ汁に入っている具は、
    お揚げさん、紫蘇、玉葱、人参、サツマイモ。


    RIMG2156.JPG






    玄米なのに 柔らかくってモチモチして食べやすいご飯、
    胡麻がたっぷりかかっていました。

    RIMG2157.JPG







    この定食で かなり多くの種類の食品がいただけますね。



    ヘルシーで
    薄味なのに美味しい ランチでした。



    ご馳走さんでした。

    限定かっぱえびせん「匠海」

    0
      カルビーの
      かっぱえびせん「匠海(たくみ)」を いただきました。





      10枚入り × 3箱 が 1800円(送料、税込)で
      カルビーのネットショップで手に入れられたそうです。



      7月の販売は 1000セット限定。


      これが、いつ販売されるかわからないらしく、
      すぐに完売になる 人気商品だそうです。



      でも、この頃は 広島の百貨店「福屋」さんで手に入るらしいですが…。










      箱の感じも
      高級感がある 黒い箱。

       RIMG1947.JPG





      なんでも、
      使われている海老は瀬戸内海で取れる 天然海老だけを使用。
      しかも普通の 「かっぱえびせん」の8倍も使われているとか。

      味付けに使われている
      塩は
      瀬戸内海の海水と旨みが凝縮されたホンダワラ(海藻)で作られた、
      「海人の藻塩(あまびとのもしお)」。


      製造はカルビー広島工場。







      1枚づつ、個別包装されています。

      RIMG1949.JPG



      形も 通常のかっぱえびせんと違い、
      長方形です。

      RIMG1951.JPG

      食べてみました。




      封を切るだけで 海老の香がひろがります。
      30枚が 1,800円だから、
      1枚  60円という事に!!!!!


      やめられない!止まらない!  と続けて食べられる価格ではありません。



      しっかりした 歯ごたえ。





      うーん、かっぱえびせんというより 
      「坂角総本舗の ゆかり」 を思わせるような 海老を感じさせる味わいでした。











      おいも さん の パイ

      0

        今日は
        甲陽園のお菓子工房 「ツマガリ」さんの

         キングオブポテト  を お取り寄せ!!

        こちらの季節のパイは食べ応えあり。

        2月17日からネットショップで販売が始まった「キングオブポテト」 は
        サックとしたパイの中に
        秋から寝かせて甘さが増した宮崎産のサツマイモがぎっしり詰まっています。




        DSC_0022.JPG


        ホールはボリューム満点です。

        ほらほら、切ったら詰まってるでしょ おいもさん。
        甘いって言うか、味が濃いって言うか、
        食べたらわかります。


        DSC_0024.JPG


        「キングオブポテト」 は 「サツマイモの王様」 ってことですね。

        しかし、ここは京都、
        ぜひ   おいも さん の パイ  と呼びたい。


        京都では食べ物などにも敬語を使うことがあります。
        「キングオブポテト」 は敬語で呼ぶにふさわしいのです。


        京都で 芋の煮物は    「お芋さんの炊いたん」
              豆の煮物も    「お豆さんの炊いたん」
                   粥は         「お粥さん」
             油揚げ焼いたら   「お揚げさんの焼いたん」
           
        伏見稲荷大社は    「おいなりさん」
        稲荷寿司だって     「おいなりさん」   以上。

        ごちそうさん でした。




        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode