「金封盆の掛袱紗」を作ってみました。

0
    京都を中心に
    お祝いを持っていく 作法は結構ややこしいものです。

    最近では
    「広蓋(ひろぶた)」「片木(へぎ)」を使わずに
    略式にされる方もいらっしゃいます。
    そんな時は
    「金封盆」「切手盆」と呼ばれる 祝儀盆で簡単に持っていかれたりします。



    こちらは正式な広蓋に掛ける袱紗をご注文いただき
    端切れが残りました。


    裂地のアップは こんな感じです。
    刺繍かと思うくらい 立体的なことが良くわかります。



    RIMG0041.JPG



    これを何かに出来ませんか… とのお尋ねに
    「額装 や 金封盆用の 掛袱紗 なんかが出来ますが。」と
    お答えしました。

    「いやー、金封盆の掛袱紗 って お洒落やね。」

    ということで
    端切れは 「金封盆の掛袱紗」に変身です。





    縫い上がりの 四方に房を付けます。
    今回は 亀さん の 「亀房」。

    RIMG0042.JPG





    表には家紋も お入れしました。



    RIMG0038.JPG



    裏に端切れを使っています。



    RIMG0037.JPG





    西陣織の裂地は
    小さくな端切れでも 存在感があるものだと思います。



    最後まで 使い切って 
    何かに利用していただければ 
    作り手側は
    本当に嬉しいものです。



    だから、最後の最後まで使い切るよう 
    ご提案します。

    出来立て 「経本・お数珠 入れ」 です!

    0
      出来立て です。

      ぱっと 見たら
      以前、 紹介しました 定番「札入れ」とそっくりですが…。




      RIMG0035.JPG


      「札入れ」や あらしまへん。

      お客様 よりご注文いただきました 「経本・お数珠入れ」でございます。



      お客様が
      「 かぶせの蓋の良く見える部分に この模様が出るように。 」
      とのご指定で
      ご注文をいただきました。




      定番で 小物商品を作る時は
      裂地の端から きっちり 型紙を置いて 
      無駄が出ないように 作成していきます。




      商品の説明にありますよね

      「生地を裁断する際、きれいに柄がでるよう考慮していますが、
         柄の出方はひとつひとつ異なりますので あらかじめご了承ください。」

      なんていう 表示が。





      特定の文様を出そうとすると
      裂地に無駄が出るので 特別注文になってしまうのです。

      文様を気に入っていただき
      大変 嬉しいのですが
      特別注文になってしまい 恐縮です。


      「札入れ」と違い
      中に ファスナー付のポケットはございません。

      経本とお数珠を 入れたら
      こんな感じ。



      RIMG0036.JPG



      どうか お客様に気に入っていただけますように。

      四条河原町でランチ

      0
        本日、京都は雨です。
        朝5時くらいから 本降りになっています。

        昨日は日曜日で
        仕事はお休みでした。


        四条河原町で久しぶりに会う姪っ子と
        お昼ご飯を食べることに。


        「えり善 」さんの右側の道を裏寺へ入って行きます。
        すぐを 左に 
        また すぐを 右に行くと

        「御二九と八さい  はちべー」さんがあります。


        RIMG0032.JPG


        四条河原町から少し入った裏寺界隈。
        「よーじや」さん「sousou」さんなどいろんなお店があります。
        ちょっと大通りから外れてみるのも いいもんです。

        お昼のお品書きは
        こんな 感じ。


        RIMG0031.JPG





        私は「牛タンのハンバーグ」

        RIMG0025.JPG


        姪っ子は「牛ネックのシチュー」です。


        RIMG0027.JPG

        どちらの メニューも
        肉の存在感がありました。

        末廣のお皿に盛られているのはレバーです。
        癖なく 美味しく食べられます。

        サラダも美味しいし
        全部 食べてお腹一杯、 満足しました。



        こちらはデザートとお茶。
        もちろん、コーヒーも選べます。


        RIMG0030.JPG





        「イチゴの羊羮」と言われたデザート。
        甘酸っぱくて 思いのほか  いけました。


        ご馳走さんでした。





        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        25262728293031
        << October 2020 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode