袋物のお稽古 「香合の御物袋」

0

    8月に入りました

    台風の発生が気になる季節です。

    暑いうえに、台風5号が日本にやって来そうで心配ですね。

    さて、昨日は

    「袋物のお稽古」でした。

    7・8月で「茶碗の御物袋」を作る予定ですが

    先月に仕上げたので

    今月は残りの縮緬地で「隔て(へだて)」を作るか

    小さな棗や ぐい吞みを持ってきて

    復習に「御物袋」を作っても良いよと 先生がおっしゃっていました。

    残りの生地で作れる小さな何か・・・

    そう!!

    ベトナムのお土産で直径が5?位、陶器の小物入れがありました。

    香合に使えるなぁというものです。

    くるっと紙に包んであるだけでしたから

    保存用に「御物袋」を作ってあげましょう。


    小さくても手順は同じ

    まずは型紙をおこします。


    香合が包めるくらいの正方形の紙を用意して、
    縦・横・ななめ に折って線を付けます。

    香合の天地1周を計り、開き口分を引きます。

    (茶碗なら1.5?、小さな香合なら1.0?)

    その長さを 縦 に

    横は縦の長さの98%

    斜めは縦の長さの90%


    iPhoneImage.png

    縮緬地に型紙をのせて

    周囲、中心、縦横ななめに合印

    表地には縫い代1.2?を付けて

    裏地は出来上がりが0.5?小さくなるように裁ちます。



    表地に綿を

    出来上がり線に沿って 星留めで縫い付けます。




    表地も裏地も出来あがり線に沿って折り

    しつけ糸で縫い止めます。


    表地と裏地を

    毛抜き合わせで くけます。


    中央を つがり糸で1目止める。

    緒を引っ張る前中心と打留が出る部分は

    巾着の紐と同じ、2つ目で緒をつがる

    あとは、いつもと同じ千鳥で緒をつがります。

    全周の4分の1を10目で つがりました。

    (茶碗の時は12目です。)

    紐も朱と青の残り糸で組んだものです。

    先生が青の穴糸で つがり糸を撚って下さいました。

    一人でも上手く糸が撚れるように勉強せねば。

    「御物袋」に入れておくと

    なんだか、上等になった気がしました。


    袋物のお稽古「茶碗の御物袋」

    0

      京都は夕立が降ったりしていますが

      そこそこ良いお天気です。

      九州北部では雨による被害が出ており

      みなさまのご無事を祈るばかりです。

       

       

      木曜日に7月の「袋物のお稽古」に行ってまいりました。

      今月は「茶碗の御物袋」を縫いました。

       

       

      「御物袋」とは

      大切なお茶碗を この袋に入れて箱にしまっておくための袋

      保存用の袋ってことです。

      裏千家では「茶碗荘」の時に初座の床に「御物袋」に入れて荘っておきます。

       

       

      お席入りして床に「御物袋」に入ったお茶碗が

      荘ってあれば後席で「茶碗荘」のお点前があるなぁって分かります。

       

       

       

       

      茶碗の大きさをテープで計って

      型紙を作っていきます。

      円周をぐるりと縫うので けっこう時間がかかります。

       

       


       

       

       

      出来上がりは こちら。

       

      裂地は 縮緬地が多いです。

       

       

       

      縫い上がったら茶碗に着せて

      綺麗にダーツを取って置いておきます。

      茶碗と「御物袋」が馴染んでいって ぴったりになると 出来上がりです。

       

       

      お稽古で用意していただいた裂地が大き目だったので裂地が残っています。

      忘れないうちに

      小さ目の 茶入か ぐい吞みなんかで

      復習したいと思っています。

       

       

       


      袋物教室 「2WAYバッグ」の仕上げと 「扇子ケース」

      0

        6月に入りまして

        第1木曜日に「袋物教室」に行ってまいりました。

        食べ物の記事ばかり UP したはるけど

        「袋物教室」は お休みされたんやろうか・・・と

        思ってらっしゃる方もいらっしゃるかもです。

         

        そう!

        どうしようかなぁ と考えている間に

        記事を UP するのを

        すっかり忘れておりました。

        遅ればせながら

         

         

        「袋物教室」では  5月・6月、2か月使って

        「2WAYバッグ」を作ることになっておりました。

         

        でも、先月に仕付け糸を掛けて

        丈夫に仕上げるならミシンで仕上げても良いよ という

        先生のお言葉に従いまして

        家にてミシンで仕上げました。

         

        (先月の様子はこちら

        iPhoneImage.png

         

         

        今月は紐をいただけることになっており

        後の時間は何を作るんだろうと

        楽しみにしておりました。

         

         

        いただいた紐を付けてみました。。

         


         

        しかしながら

        ちょっと、紐長くて・・・ 残念な感じです。

         

        〜短い紐のほうが良いんじゃない

        〜こんなバッグを肩から斜め掛けにして持つことないわね

        〜ビニールの紐って、正絹の裂地と合わないんじゃ

        みなさんの意見は おおむね批判的矢印

         

         

         

         

         

         

        それで、家で考えてみることに しました。

         

         

         

        とりあえず、

        家にあった真田紐を 引っ張り出して・・・

        裂地と同系色の真田紐なら ええ感じです。

         


        iPhoneImage.png

         

         

        短く、手で持ちやすい感じに してみました。

        濃紺の糸で紐を組んでも良さそうです。

         

         

         

         

         

        さて、今月はバッグを作った残り切れで

        「扇子ケース」作りました。

        これから、暑くなりますから「扇子ケース」は重宝しそうです。

         

         

        作り方は「茶杓の仕覆」と ほぼ同じです。

        出し入れする部分は

        裏を控えて半円形に縫ってあるだけです。

        「茶杓の仕覆」よりも ひっくり返しやすいので嬉しいです。

         

        幅と長さは

        入れたい「扇子」に合わせて大きさを変えましょう。

        あと、閂留(かんぬきどめ)するところを 

        穴糸3本取りを輪にして、房は最終的に12本で仕上げてあります。

         


        iPhoneImage.png

         

         

         

        穴糸を金茶色で仕上げてみました。

         

         


        袋物のお稽古 「2wayバッグ」

        0

          昨日は、ゴールデンウィーク中ですが
          いつも通りに 袋物のお稽古 がありました。


          今月、作るのは「2wayバッグ」です。

          先生がおっしゃるには
          ミシンで縫うたら丈夫やし ええよ
          ですって!

          もっぱら、手縫いで仕上げているお稽古ですから

          珍しいことです。



          ということで、ミシンで縫えるように
          型紙をおいて、生地を裁ち、接着芯をはったり
          糸印を付けたりしました。
          そして、「2wayバッグ」にするためのDカンを通すタブを作り表地に仮留めし
          あとは、ミシンで縫うだけ。

          iPhoneImage.png


          ここまで、出来たら
          先生には挨拶をして、ミシンは自宅で かけました。



          さすがにミシンで縫うと早いのでした。
          手縫いしたのは、表地と裏地を縫い代部分で留めた時だけです。


          出来上がりは、こちら。
           

          iPhoneImage.png

           

           

          袋に縫った物を 折って使います。

          こちらは、広げたところです。


          iPhoneImage.png

           



          持ち手を通す Dカン は 半分に折る辺りの

          すぐ下に付いています。

           

          iPhoneImage.png


          持ち手は来月に、いただけるそうです。
          楽しみ!

          「2wayバッグ」は 5・6月で作る予定になっていました。
          さて、来月は何を作るのかな?
          何か材料を持って行っておくのも良いかも・・・です。


          ぐい呑の仕覆 採寸から型紙作り

          0

            型紙の取り方について コメント欄より 3月に ご質問をいただきまして

            〜今しばらくお待ちください〜とお返事しました。

             

            しばらくって、いったい いつまで待たすねん!

            ですよね。

            大変、遅くなりましたが

            私の型紙の採寸について記事をあげてみます。

             

             

             

            ご質問が「平茶碗よりも更に平べったい器につくるばあいはどんな型を起こせばいいのでしょうか?」でしたので

            家にある平たいめの「ぐい吞み」の仕覆を作ってみました。


             

            まず、底の採寸から



            紙を当てて、鉛筆でこすると

            底の形を そのまま 写すことが出来ます。

            紙に写した底の形が全部おさまる大きさの直径で円を描けるように底のサイズを決めます。

            底の縫い代は2ミリにします。

             

             

            次に、紙テープを用意して

            器の胴で いちばん直径の大きな部分のサイズを計ります。


             

             

            直径に、ゆとり 8ミリをプラス。

             

             

            8ミリ プラスした寸法を半分にしたものが

            型紙の横幅になります。


             

             

            器の高台から、反対側の高台まで

            紙テープで縦に計ります。



             

             

            この寸法を半分にしたものが

            型紙の高さになります。


             

             

            そして、ダーツの高さを決めましょう。

            物差しを器に直角にあて

            器との接点がダーツの高さになります。


             

             

            底と口の寸法の差(残りの寸法)が大きいようなら

            ダーツを3つ、

            差があまりないなら ダーツは2つで大丈夫です。

             

            ダーツをあまり高くすると

            器が入らなくなるので要注意です。

             

            幅の寸法ー底の寸法=残りの寸法

            残りの寸法ーダーツの数=ダーツ1か所の寸法

             

            今回は、平たい器だたので3つにしてみました。


            iPhoneImage.png



            私は茶碗なども 基本、この方法で採寸しております。


            開き止まりは 茶碗くらいなら口から2センチ

            大きいものなら 口からもう少し下げます。

            今回の「ぐい吞み」は小さいので

            開き止まりは口から1センチにしました。

             

             

            出来上がった型紙で裂地を裁ち

            ダーツを開き止まり位から消して

            縫うときは なだらかな線にして縫います。

             

             

            裏地で縫って、器に着せて様子をみて

            器に添うように直す部分があれば型紙も直します。

            それから、表地を縫います。

             

             

            こんな、感じで型紙を作っております。

            縮緬の紫色の裂地で作ってみました。

            出来上がりは こんな感じです。

             

             


             

             

             

             

            「ぐい吞み」は小さいものなので

            紐は細い目に組んで長緒にしてみました。

            もうちょっと、紐が長くしても良かったかも・・・。

             

             

             

            なかなか、ブログでは説明しにくいものですが、

            参考になれば幸いです。

             

            さて、今日は「袋物教室」です。

            頑張って作ってきますね。

             

             

             


            袋物のお稽古 「ボンボン付きの巾着袋」

            0

              遅くなりましたが、4月の袋物のお稽古の報告です。

              3・4月の 2か月で「帛紗挟み」を

              作る予定でしたが

              3月に出来ちゃったんで

              先生が「巾着袋」の材料を用意してくださいました。

               

               

               

              紐のところにボンボンが付いてる「巾着袋」です。

              先月は縫うことが

              ほとんど無かったんですが、

              今月は縫ってばかりアセアセ

              でも、袋物のお稽古で縫うのが当たり前ですよね。

               

              小さい巾着な割にはお手間入りでした。

               

               

               

              出来上がりは こちら。

               

              iPhoneImage.png

               

               

               

               

              あ〜ら、不思議!

              赤いボンボンを引っ張ると 袋の口が開いて

              黄色いボンボンを引っ張ると 袋の口が閉まります。

               

               

              縫い終わった巾着袋に

              直接、紐を針を使って 通します。

              目につくところなので 緊張します。

               

              そして、紐の端っこを結んで

              ボンボンの中に綿と一緒に 入れ込んしまいます。

               

               

              iPhoneImage.png

               

               

               

              この時点では、

              赤を引っ張っても、黄色を引っ張ても

              袋は閉まってしまいます。

               

               

              iPhoneImage.png

               

               

              では、なぜ

              赤のボンボンを 引っ張ったら 袋の口が開くんでしょうはてな

               

              紐と一緒に袋の端に糸で縫い付けてあるだけです。

              ようするに、袋の端っこを引っ張ってるのと同じでした。






              袋の端を引っ張るよりも

              ボンボンのほうが持ちやすくって開けやすいです。

               

               

               


              袋物のお稽古 「帛紗挟み」

              0

                3月に入り、第1木曜日には「袋物のお稽古」に行って来ました。
                この日は、「リンツカフェ」の内覧会があったので

                急いで作って内覧会へ直行しました。
                家で復習に、もう1つ 作って
                記事にアップする予定でした。

                 

                 

                でも、

                「ぐい吞み袋」と「結び帯」を作って欲しいと頼まれまして

                どちらも、裂地をお預かりしているので

                早く作ってお返ししたくなっちゃいますしね。

                 

                そんなこんなで
                ずいぶんと遅くなりました。

                 

                 


                まず、お稽古で作ったのは こちら。

                iPhoneImage.png


                iPhoneImage.png


                内ポケット付きです。

                 

                iPhoneImage.png
                 

                 

                 

                さあ、復習を始めます。

                まず、裂地を貼る 台紙 を作る。

                左が 裏地用、右が 表地用です。



                iPhoneImage.png


                台紙よりも 1センチ大きく糊代をとって
                表地と裏地を断つ。



                もう1つ、ポケット用の生地を用意しました。
                お稽古では蝋引きの紙でしたが
                私が用意したのはビニールコーティングされた生地です。




                全部、用意出来たら台紙に貼っていきます。


                糊をのばすのに指を使うと作業がしにくいので
                私は爪楊枝を使う派です。

                 

                 

                この型紙だと かぶせの曲線を貼る時に

                目打ちを使って細かくギャザーを寄せるのがポイントです。



                表地は裂地を たるませるように貼ります。





                かぶせになる方の反対側はサイドは貼らずに残しておきます。

                 


                さて、次は裏地を貼ります。
                今度は 引っ張り気味に貼ります。

                かぶせ側とサイドの三辺を貼ります。



                今度は、ポケットを付けます。
                表地の口部分を貼って


                裏地の口部分を貼ります。


                その後、ポケットを輪にしてから
                表地のサイドをポケットごと包んで貼ります。


                台紙の切り込み部分をサイドを残して
                切り取ります。




                裏地の方が大きさを控えてあるので
                裏地側に糊を塗って


                 


                表地と貼り付けます。



                 


                貼りつけ出来上がりです。
                 

                iPhoneImage.png

                 



                サイドは千鳥掛けで仕上げましょう。

                 

                底になる部分から始めます。

                一結びして、端は裏地と表地の間に入れてしまいます。


                 

                内側から糸を出して、次は、すぐ隣から内側に戻ります

                 

                輪っかに一目通して

                引き締める。

                 

                最初の一目は2ミリ、反対側は4ミリ

                その後は

                4ミリ間隔に千鳥掛けします。

                 

                サイドは千鳥掛けで仕上げます。

                 

                出来上がり!

                 



                 

                 

                やっと、復習の完了です。

                 

                 

                 


                袋物のお稽古「布香合」

                0

                  朝から雪が降ったり止んだり

                  またまた、底冷えの京都です。

                   

                   

                  2月の第1木曜日は今年初めての「袋物のお稽古」でした。

                  作ったのは「布香合」。

                   

                  最初に出来上がりをご紹介!

                  「ねじり香合」とも呼ばれています。


                  iPhoneImage.png

                   

                  ねじりながら開けたり閉めたり

                   

                  立体的なものも入れられます。

                  アクセサリーや琴の爪を収納するのに使っているという方もいらっしゃいました。

                   

                   

                  さて、お家で復習を兼ねて

                  帯の切れ端などで作ってみましょう。

                  まずは、台紙作り
                  左が蓋になる台紙(1辺が3.7儿發気1.3僉

                  右が身になる方の台紙(直径3.3僂留澆貌る六角形高さは2.5僉法

                   

                  裂地を用意します。

                  布目は長い辺に平行です。

                  右から、身になる部分 7.5×22

                      蓋になる部分の表地 12.5×25

                      蓋になる部分の裏地 12.5×25

                   


                  身になる台紙の内側に表地(6×6.5cm)を貼り付ける。

                   

                  長い辺を半分に折って

                  輪になるように上の辺を縫います。

                  縫い代は1僉

                   

                  身になる輪っかの中に台紙を入れ

                   

                  底になる側は裂地を倒した時に

                  中心よりも多めに


                  iPhoneImage.png

                  身の内側の裂地は1儖未砲覆蠅泙后




                  内側に倒して貼り付けます。

                   

                  底の裂地は

                  iPhoneImage.png

                   

                  六角形の対角線に向かって裂地を折ります。

                  目打ちを使って

                  中心に裂地の角を入れ込みます。

                  iPhoneImage.png

                   

                  端っこは全部綺麗に入れ込み

                  裂地を貼り付けます。

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  さて、次は

                  蓋になる部分です。
                  表地と裏地を合わせて一方を貼り合わせます。

                  裂地の中に手を通して指を広げておくと貼りやすいです。


                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  貼り付けた側を

                  台紙を貼り付けます。

                   

                   

                  台紙を裏地側に1册れ込んで

                  ボンドを縫って内側に折り込んで貼り付けます。

                  角にちょうど縫い合わせた部分がくるようにします。

                   

                   

                  その後、台紙の輪っかの中へ

                  ぐるっと通して

                   

                  くるっと通した後に

                  反対側の表地と裏地を貼り付けます。

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  縫い合わせた部分と1辺に縦に筋を付け、

                  向かい側にも同じように筋を付けます。


                   

                   

                  残りの辺を半分に分けて

                  6辺になるように縦に筋を付けます。

                   

                  この六角形の筋を

                  身の台紙の方に入れ込んで

                  長い辺の部分はダーツを入れながらボンドで貼ります。

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  しっかりと貼れたら

                  ねじりながら(2辺分)身と蓋を重ねます。

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  重ね合わせたら

                  六等分になるように調節して出来上がり!



                  裏はこんな感じ




                  幾つか作ってみました。
                   

                  iPhoneImage.png

                   

                  出来上がると

                  嬉しいもんです。
                   


                  ビーズ で 「羽織紐」

                  0

                    私の箪笥に しつけ糸が付いたままの 「羽織」がありまして

                    ずいぶんと

                    寝かせたままに なっておりました。

                    そこそこの年代の方ならご存じ「総絞りの羽織」です。

                    作った頃は

                    丈の短い「羽織」が流行しておりましたが

                    現在は長めが お洒落なので

                    ますます、着ないことに・・・
                    涙

                     

                    このままでは、もったいないと

                    年末に仕立て屋さんで

                    丈を出せるだけ いっぱい出していただきました。

                     

                     


                     

                     

                    でも、やっぱり 短めです。

                    ちょっとでも、今風にと

                    ビーズの「羽織紐」を作ってみました。

                     

                     

                    以前に作った「帯留」の残りがあったはず

                    ごそごそと

                    ケースを探して中をみると青系のビーズが多くて「羽織」に合いそうです。

                     

                     

                    【sakura.cs*(サクラシーエス)】

                    住所  : 京都市上京区西今小路町81

                    http://sakuracs.ocnk.net/

                    「帯留」のブログはこちら

                     

                     

                    出来上がりを思い浮かべながら

                    ケースの蓋に

                    ・真ん中を大きなビーズ、両端にいくほど小さくなるように

                    ・出来上がりが 18僉腺横悪僂らいのイメージで

                    並べてみます。

                     


                     

                     

                    「帯留」などとは違い

                    端から端までワイヤーで通すだけ!!

                    とっても簡単に出来上がります。

                     

                    両端には

                    「羽織」の「乳(ちち)」に留められるように

                    大きめの「カニカン」を付けました。

                    難しいのは

                    「カニカン」で折り返したワイヤーを分からないように

                    ビーズの中へと隠すとこぐらいです。

                    あっという間に出来上がり!!

                     



                    iPhoneImage.png

                     





                    今シーズン、着て出掛けるのが楽しみです。
                    箪笥の肥やし活用せねば の巻 でした。


                    袋物のお稽古 「鶴亀の香袋」

                    0

                      12月、師走です。

                      そう思うだけで気忙しくなってしまいましす。

                       

                       

                      今月の袋物のお稽古は

                      12月に入った最初の日となりました。

                      作るのは「干支の香袋」の予定でしたが

                      鳥は鳥でも、「鶴」!

                       

                      折り「鶴と亀」を合わせた おめでたい感じのものを作ります。

                       

                      干支に関係なく

                      おめでたい ときに使えます。

                       

                       

                       

                       

                      まずは、白い長方形の紙で「鶴」を折る練習。

                      長方形の紙になるだけで

                      ちょっと折りにくいです。


                       

                       

                       

                      さて、次に

                      縮緬の裂地で 折り紙に なるように 長方形の帛紗のようなものを縫います。

                      帛紗の時のように

                      出来上がり線の外側5ミリほどを縫います。

                      この5ミリが きせ になります。


                       

                       

                      帛紗を縫うときのように

                      返し口は 糸を長くしておいて

                      後で引き締める やり方です。



                      iPhoneImage.png

                       

                       

                      横32センチ、縦 の長方形の帛紗が出来上がりました。

                      輪になっている方から16cmの部分を半分に折って

                      直線で縫っておきます。


                       

                       

                      紙と違って裂地は折り目がつかないので

                      「鶴」を折るのが難しいのです。

                      所々、見えない部分で縫っておくと「鶴」が折りやすいです。

                       

                       

                      それ以外は、電気のコテをあてながら

                      折り紙の要領で裂地を折っていきます。

                       

                       

                      無事に「鶴」が折れました。


                       

                      長方形の余った部分を

                      くるくると2度折って

                       

                       

                      「鶴」の羽の間に挟みながら

                      下方向へと折りこみます。

                       

                       

                      「折り鶴」の出来上がり!!


                       

                       

                      写真で気づかれた方もおられると思いますが

                      「鶴」の下の部分の端っこから

                      糸が出ています。

                      折り始める時に先の部分に糸を通した針を通してあります。

                      その糸を引っ張りながらコテを あてると

                      上手に先っぽが尖って仕上がります。

                      アイロン台に針を刺して、左手で「鶴」を引っ張り

                      右手でコテを あてるという手順です。

                      お試しあれ。

                       

                       

                      「鶴」が出来たら、今度は「亀」です。

                      先生が「亀」結びしておいてくださったので

                      足と房を縫い付けるだけです。

                      楽ちん!

                      先生、おおきに。


                       

                       

                      そして、「鶴」と「亀」を合体させます。

                      この時、

                      折り紙の要領で生地が何枚も重なっているので

                      紐を通す穴を開けるのに力が要ります。

                      お稽古場では、みなさん苦労されていました。

                       

                      おかげさまで、私には 馬鹿力があるようで

                      一発で紐が通る穴を開けることが出来ました。

                       

                      出来上がり!!


                       

                       

                      裏は、こんな感じです。


                       

                       

                      柱や壁に下げる時は

                      蝶々結びの輪の部分を二重にして掛けると良いそうです。

                       

                      家で壁に掛けたら

                      こんな感じでした。

                       

                       

                       

                       

                      とても、おめでたい「鶴と亀」です。

                      もともと、先生は香袋として考えられたのではないそうです。

                      袋状になっているので

                      お香を入れることもできますが、

                      壁などに掛けるのにお香を入れておくと

                      膨らんで 格好良くないと思うとのことでした。

                       

                      こうして、2016年の袋物のお稽古が終了しました。

                      また、来年のお稽古は2月から

                      お稽古の終わりには

                      〜良い年をお迎えください〜などという挨拶がかわされました。

                      ほんまに、師走は気忙しいもんです。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
                        すずき
                      • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
                        Kazumi Zura
                      • 2020 「祇園祭」
                        すずき
                      • 2020 「祇園祭」
                        かれん
                      • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
                        すずき
                      • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
                        かれん
                      • フクナガさんの工場直売所
                        すずき
                      • フクナガさんの工場直売所
                        かれん
                      • 散歩と「おやつ」
                        すずき
                      • 散歩と「おやつ」
                        すずき

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode