法善寺横丁でランチ 「えび家」さん

0
    子供歌舞伎を大阪の日本橋に見に行きました。
    開演が2時なので
    早めに行って お昼ご飯は大阪で食べることに。


    道頓堀は凄い人!!
    粉もんのお店には長い列が。



    私としては、もちろん、着席でゆっくりとご飯食べたいしなぁ…と
    大きな表通りを避けて、お店を探していると


    法善寺横丁の 伊勢えび料理のお店「えび家」さんの前にお昼のメニューが出てました。


    【えび家】
    住所   : 大阪市中央区難波1-1-16法善寺横丁内
    定休日  : 月曜日(祝日の場合は翌日)年末年始
    営業時間 : 12:00〜14:00      17:30〜22:30
    http://www.ebiya.net/


    RIMG2331.JPG


    はっきり言って 伊勢えび料理はお高いし 無理って思っていましたが、
    洋食膳 1,800円 と書いてあります。
    写真を見たら、海老フライと伊勢えびクリームコロッケに海老そぼろご飯が食べられるようです。


    せっかく、大阪まで来たんですから
    これくらいの贅沢なら OKでしょう。



    静かな感じのお店に入ると、
    上品な笑顔で 年配の女性の方が応対してくれはりました。


    メニューには、お昼でも伊勢えびが食べられる3,000円と5,000円のコースもありました。
    注文したのは、やっぱり 洋食膳。



    洋食膳 1,800円(税別)

    RIMG2327.JPG


    伊勢えび自家製クリームコロッケ 2個
    天然えびフライ 3尾
    タルタルソース
    お野菜素揚げ(しし唐、茄子)
    湯葉と豆腐の赤だし
    海老そぼろ御飯
    香物
    デザート(西瓜のゼリー)


    RIMG2328.JPG


    揚げたてサクッ、海老がプリッ。
    3匹も…と思いましたが
    ぱくぱく食べられちゃいました。






    ご飯は、ほんのり海老の甘さがする、海老そぼろ。
    お味は薄めですが
    海老フライなどの、おかずと一緒に食べるので ええ感じ。



    RIMG2329.JPG



    お2階には、お座敷もあるそうです。
    ゆっくりとお昼ご飯を頂きました。

    ご馳走さんでした。




     

    大宰府から 「梅ヶ枝餅」

    0

      梅雨入りしたとか、
      台風がやって来たとか 言ってましたが真夏のような空の京都です。



      RIMG0200.JPG


      盆地の京都は 暑いです。
      京都の田辺市は 35度を越えて 猛暑日になってます!!
      これから 市内も 35度越えちゃうかもしれません。




      ちょっと前に、九州は 大宰府から 
      「梅ヶ枝餅」が送られてきました!!!



      冷たい!
      冷凍便です。

      RIMG0193.JPG


      九州は福岡県
      大宰府天満宮の門前で売られている 焼餅です。

      小豆餡を薄い餅の生地でくるみ、
      梅の刻印が入った鉄板で焼き、
      焼きたてを急速冷凍して送って下るそうです。



      【茶房 きくち】
      住所  : 福岡県 太宰府市宰府2-7-28
      http://www.umegae-kikuchi.com/




      箱を開けたら、 凍ったカチカチの 焼餅です。

      RIMG0194.JPG



      電子レンジで 30秒ほど チンして
      フライパンで焼いてみました。


      RIMG0196.JPG



      急速冷凍のおかげで 焼きたての美味しさ。
      こんだけ暑い日には
      冷蔵庫で自然解凍して、ちょっと冷たいのんも良いかも知れませんね。



      確かに
      梅の刻印がいっています。

      直径は 7.0センチくらいです。

      RIMG0198.JPG



      疲れたときに 
      甘いもんとお茶をいただくと ほっこりします。

      ご馳走さんでした。


      珍味 !? 「山葵の実」

      0

        ちょっと前に、知り合いの お寿司屋さんから
        「山葵の実」の塩漬をいただきました。



        【山葵(わさび)】
        アブラナ科ワサビ属の植物、日本原産。



        「山葵の実」って!!
        食べたことありません。
        っていうか、 見た記憶がありません。


        「山葵」は 地下茎をすりおろして お蕎麦やお刺身には 欠かせません。
        あれは根っこじゃなくって、茎なんです。


        白くって可愛らしい花に、
        茎や葉っぱも お浸しで食べたりします。





        image[2].jpg





        でも、 「実」って 
        ほんまに 知りません。





        じゃーん!!
        一粒をアップでご紹介。

        RIMG0050.JPG


        唐辛子のようなフォルム。




        ちょっと調べましたら、 茎にこんな風に実がなるのだそうです。







        大きさは 0.6〜1.2センチくらいでしょうか
        塩漬なので、 水につけて塩抜きしてから 食べます。



        信州の山葵農家さん 曰く 
        「塩抜きして お醤油をたらして食べると 美味しい。」 のだとか。




        しっかりと塩抜きして
        頂戴しました。

        RIMG0060.JPG



        お口に入れると ぷっちとした食感。
        ほんのりと山葵の香り、
        ピリッと辛くて ほろ苦いような。
        私は好きです。

        でも、 文字で味を紹介するのは難しいです。







        大阪 「太閤園」さんでランチ

        0

          袋物のお稽古で先生が

          「藤田美術館さんに行ったことある?」
          「今、春の展覧会で 茶道具のいろは やってはるんやけど、
           お仕覆も たくさん出てるし見に行きよし。」

          って言うてくれはりました。


          私は 「藤田美術館」さんに行ったことが ありません。
          何処にあるのかなと調べると
          大阪の ど真ん中にあるじゃないですか!!


          「藤田」って
          「藤田観光グループ」さんの 「藤田」さんなんですね。


          美術館の向かいが
          藤田観光グループの「太閤園」さんです。



          土曜日の朝、
          10時30分ぐらいに 京都を出て、
          第2京阪を走って 11時45分くらいに着きました。
          ちょうど、 お腹が空いてきた時分です。


          腹が減っては戦が出来ぬって ことでお昼ご飯を先にすませることに。
          そうそう、袋物の先生が一言、「お向かいの 太閤園さんで ランチ! 美味しいえ。」と
          おっしゃってました。


          「太閤園」
          大阪市都島区網島町9−10


          渋い門構えが 駐車場への入口です。
          RIMG0952.JPG



          ビルの中を走ってきましたが、
          門をくぐると 緑が目に映えます。
          しかも、この街中で 駐車場が自由に停められます。

          「太閤園」さんは
          明治42年頃に 藤田傳三郎翁が淀川畔に建てた邸宅地にあり、
          築山式回遊庭園の 7000坪の広大な敷地です。


          RIMG0953.JPG



          「太閤園」さんには ランチをいただけるお店が 5ヶ所ほどありました。
          まず、
          「藤田美術館鑑賞券付」の「春爛漫 さくらバイキング」の受付が目に付いたので近づいていくと、
          本日は予約で満席とのこと。


          次に目に付いたのが
          「割烹 瓢箪」さんです。
          声を掛けたら、 困ったような顔をされ 「本日、予約で満席なんです。」

          あらっ、満席ばかりです。
          どうしようと思案していると、
           「1時30分のご予約が入っていますので、
             それまでに済ませていただけるなら… 席をご用意しますが。」と声を掛けてくださいました。



          良かったです。
          私達、食べるのは早いんです。
          ランチは 「割烹 瓢箪」さんに決定しました。




          メニューを見たら、
          こちらでも 「藤田美術館観賞券付 ランチプラン【ミュージアム】」  3,800円(税サービス込)
          というのがあります。
          鑑賞券付に ひかれて、こちらを注文しました。




          最初に 入館券を持ってきてくださいます。


          RIMG0926.JPG



          それから、 お料理です。


          松花堂が運ばれてきました。
          お刺身に炊き合わせ、八寸なんかが盛り付けられています。


          どれも、薄味でええお加減です。
          ユリネが桜の花びらに 人参が瓢箪に抜いてあったりして春らしく手も込んでます。

          RIMG0931.JPG




          揚げたての 天ぷら。
          海老にお芋さん、青唐辛子にキス。

          RIMG0932.JPG



          しばらくして、 山菜ごはんと赤だしです。
          ご飯のお替りができます。

          RIMG0935.JPG






          食事中は ほうじ茶でしたが、
          デザートと一緒に 煎茶が出されます。

          抹茶の水羊羹と 利休さんが好んだといわれる ふの焼きです。
          利休さんの茶席の様子を記したものに「利休百会記」がありますが、
          その中でも度々 登場するお菓子です。
          小麦粉を水で溶いて薄く焼き、芥子の実などを入れ、
          味噌や砂糖を塗った生地を巻物状に巻いて成形したものだとか。




          いただいたら、胡桃と餡が巻いてありました。



          RIMG0936.JPG


          てきぱきとお料理を運ばれ、
          でも、
          時間を急かしてはいけないと 気も遣われる店の方のサービスは
          笑顔でとても気持ちの良いものでした。

          また、窓から見える庭園の緑も雨に洗われ美しく、
          結婚式がいくつも入っていたようなので
          時折 通っていかれる 花嫁さんが見られるのも楽しかったです。


          無事に 12時半には、 食事を済ませ店を後にしました。


          満足いくランチでした。
          ご馳走さんです。


          「藤田美術館」につづく


          HAPPY Turn’s ハッピーターンですが!!

          0

            ホワイトデーのお返しに

            「HAPPY Turn’s(ハッピーターンズ)」さんの
            「ハッピーショコラ ホワイトチョコレート&メロン」をいただきました。


            「HAPPY Turn’s」
            大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店地下1階


            「ハッピーターン」は亀田製菓が作っている
            甘しょっぱいパウダーが 周りに付いてる お米のスナック菓子です。
            その、「ハッピーターン」のコンセプトショップが大阪の梅田にできたと聞いてはいました。
            そして、大人気で いつも行列ができてるとも聞いていたのです。


            ネット通販とかは、一切なし。
            阪急うめだ本店に足を運ばなければ買えないんです。


            なんと!!3時間も並んでゲットしてきてくれはりました。




            高級そうなパッケージです。
            スーパーに並んでいる 「ハッピーターン」とは大違いです。


            RIMG0616.JPG




            中も 一つづつ個包装されていました。

            RIMG0614.JPG





            ホワイトチョコレートで全体をコーティング。
            国産メロンで作ったメロン果汁パウダーを使用したチョコでデコレーションされています。


            ホワイトチョコがたっぷり使われていて
            ホワイトデイにぴったりの商品ですね。

            RIMG0620.JPG



            チョコの甘さに、 「ハッピーターン」の しょっぱさがプラスされています。
            どちらかというと、
            お米のスナック菓子というよりも チョコレート菓子っていう感じです。
            メロンの風味がお口に広がります。





            おまけ ということで
            主力商品で 色んなフレーバーがある 「ハッピージョイ」もいただきました。

            「メープル」と「紫芋」。

            RIMG0619.JPG



            なるほど、 こちらは 「ハッピーターン」と同じように パウダーが付いています。

            RIMG0628.JPG


            「メープル」は甘みが強いです。
            「紫芋」は、なんていうか…  本当にお芋の香りがします。

            私の好みは「紫芋」かな。



            手に入りにくい貴重な 「ハッピーターン」 を ご馳走さんでした。


            こんぴらさんへ ぁ 峪饑呼殴僉璽蕁次/青悄

            0

              「金刀比羅宮」さんをお参りするので
              ネットで検索していると、
              参道石段 500段目に 「資生堂パーラー」さんがあるというのを みつけました。



              お土産物屋さんが並んでいたイメージの参道です。
              おしゃれな感じの「資生堂パーラー」さんとは ちょっと違った印象です。

              どんなお店か楽しみです。



              「神椿」
              香川県仲多度郡琴平町892-1(金刀比羅宮 境内 石段500段目)
              カフェ    :営業時間  9:00〜17:00
                       年中無休
              レストラン  :昼の部 営業時間 11:30〜14:30 年中無休
                       夜の部 営業時間 17:00〜21:00 予約制 月曜日定休


              「奥社」まで行って来たので、ちょうど休憩に良いです。
              参道からは見えませんでしたが、
              下へと降りていく階段がありました。



              RIMG2987.JPG



              入ってみると、椿の陶板画が出迎えてくれます。
              明るく広い素敵なカフェです。



              もう一つ階段を降りると
              レストランがあるようですが、オープンが11時30分なので
              まだ開いていませんでした。


              RIMG2994.JPG




              奥のカウンターで注文する、セルフサービス方式です。


              石段を頑張って歩いたので、
              ほっこりと甘いもので休憩です。

              カウンターで注文すると お水と花椿ビスケットを1枚 渡してくださいました。
              眺めのよさそうな席に座って
              お水を飲むと、やっぱり喉が渇いていました。
              お水が美味しいです!!


              RIMG2988.JPG



              そうこうしていると、
              注文品を運んできてくださいました。 




              注文したのは
              「かぼちゃのプリン・アラモード」 800円。



              見た目よりも、しっかり かぼちゃが主張しています。
              美味しい!!

              RIMG2989.JPG





              「神椿パフェ」 800円。

              もっと甘いかと思ったら、甘さ控えめ。
              黄桃の酸味も良い感じです。

              RIMG2992.JPG




              緑に囲まれた おしゃれなカフェです。
              「金刀比羅宮」さんにいることを忘れてしまいそうです。
              お手洗いも 美しく、自動開閉式の最新のもので くつろげます。



              石段を 1368段上って、 868段下りてきた疲れが 癒されました。
              ご馳走さん。


              三重県の新城さんでお昼ごはん

              0
                お初にお目にかかります。スタッフのMと申します。

                この度、ブログを ぼちぼちとたまに 書かせていただく事になりました。
                どうぞよろしくお願いいたします。

                休日の日に お店のスタッフで 三重県にぶらり旅へ 出かけてまいりました。
                もちろん、弊社のアイドルである 93歳の祖母 も一緒です。

                さてさて、美味しいものには 貪欲な私達が 向かったお昼ごはん先をご紹介いたしましょう。

                三重県桑名市にある鰻屋 「新城」 さんです。







                入口は小さめでしたが、奥行きが深いです。
                広い店内  木造の部分もあり  厨房の炭焼き場面も伺えます。
                ええ感じです。


                さらにええ匂い〜。  お腹が減っている私達は早速

                 「並ひつまぶし」   2400円  女性陣
                 「上ひつまぶし」 きも吸いつき  2950円  男性陣
                 きも焼き800円
                をオーダー。

                わくわくする事、 10分程できも焼き が登場。






                温かくって  甘口のたれで  こんがりふっくら焼けており、 とっても美味でございました。

                そんなこんなしていると

                各々の  ひつまぶし  がやって来ました。
                内容は  (ひつまぶし ・ 漬物 ・ 吸物 ・ だし汁 ・ デザート)
                私達は +70円 で 出し巻き を付けました。





                おひつを開けると・・・・・





                完全に美味しい奴です。

                思ったよりも 鰻 が詰まっています。

                テーブルに置かれたひつまぶしのガイダンスを見ながらいただきました。


                一、まずはそのままで

                二、薬味をのせて

                三、おだしをかけて


                鰻はふっくらで 皮はカリッと香ばしく 、タレはええ加減の甘口 でとっても美味しいです。
                さらに ひつまぶし効果 で 三度美味しい! お昼ごはんでした。

                スタッフ全員太鼓判 のとっても美味しいお店でした。



                ごちそうさんでした。

                新城
                三重県桑名市中央町2-21
                〔月〜土〕 11:00〜14:00 16:30〜20:00(LO)
                〔日・祝日〕 お昼は休み 16:00〜20:00(LO)






                北海道は江別から、美味しいお届け物

                0

                  店に荷物を持って来てくれはる 運送屋さんが
                  「今日は 冷凍のお届け物です!」と言いながら 入って来はりました。



                  冷凍?!



                  店に来る荷物で 冷凍って…




                  送り状に 「江別市」からと書いてありました。






                  江別市のお客様から
                  美味しい荷物が送られてきたのです。  




                  RIMG1415.JPG




                  わくわくしながら 箱を開けると、

                  お菓子が 3種類入っていました。

                  RIMG1416.JPG



                  さっそく、 おやつに頂きました。
                  なかなか、美味しかったので ご紹介しましょう。




                  ちとせや(千歳屋)
                  北海道江別市あさひが丘7−16
                  営業時間 : 10:00〜19:00
                  定休日   : 火曜日

                  お取り寄せが出来ます。




                  「とろ〜り生?チーズタルト」

                  さくっとしたタルト生地に クリーミーなチーズのフィリング。
                  濃厚な感じですが、さっぱりといただけます。


                  RIMG1422.JPG




                  「北のショコラショコラ」

                  一口サイズの ケーキが5個入ってます。
                  チョコレートケーキを土台にしたチョコレートスフレで、
                  ベルギー産のチョコレートを使われているそうです。

                  しっかりとチョコレートのお味が楽しめました。

                  RIMG1421.JPG



                  「ロールまいちゃいました」

                  北海道バター、無添加の生クリーム、町村さんの牛乳、太田さんの卵という
                  厳選された材料で作ってあるそうです。
                  けっこう密度の高い感じですが、ふわっとしてるスポンジケーキで
                  牛乳の味が主張する美味しいクリームが巻いてありました。


                  町村さんも太田さんも どんな方達なのか わかりませんが、
                  美味しい!!
                  このクリーム、大好きです!!

                  RIMG1431.JPG




                  北の大地の恵みを 楽しませて頂きました。
                  美味しい贈り物を ありがとうございました。

                  ご馳走さんでした。


                  「葛焼き」 御製は 樫舎さん

                  0

                    「金毛院」さんの月釜で 使われたお菓子をご紹介しましょう。



                    「樫舎(かしや)」さんの 「葛焼き」です。



                    夏になると
                    葛を使った お菓子が 涼しげで口当たりも良いので よく使われます。



                    「樫舎」
                    奈良市中院町22−3
                    営業時間: 午前9時〜 午後6時



                    「葛焼き」と言えば 餡の茶色い色を思い浮かべますが、
                    この日の 「葛焼き」は 空色をしていました。


                    RIMG1400.JPG



                    お茶会では、
                    ベネチアンガラスの器に 空色の「葛焼き」を 盛って お正客さんに 運ばれてました。


                    大きくて、 プルプルと揺れるお菓子です。
                    甘さ控えめで
                    大きいのに するっと食べられてしまうから不思議です。



                    お茶会のために 奈良から「金毛院」さんまで
                    朝7時30分には 「樫舎」さんから届けられました。


                    お店が 奈良町あるそうなんで、一度 伺ってみたいですね。

                    ご馳走さんでした。


                    鵜沼(岐阜県) 、 鰻の お昼ご飯。

                    0

                      岐阜に行って 食べたお昼ご飯を ご紹介しましょう。



                      中山道鵜沼宿にある 「うな神」さんです。




                      「うな神」
                      岐阜市各務ヶ原市鵜沼東町2−94
                      営業時間  : 平日  11:00〜14:00 16:30〜21:00
                                日・祝 11:00〜21:00
                      定休日    :月曜日


                      RIMG1397.JPG






                      RIMG1396.JPG





                      お店の中には
                      立派な大黒柱があって、民芸調のお店でした。

                      お店の方が テキパキと案内してくださり、良い感じでした。

                      RIMG1390.JPG




                      お昼に注文したのは
                      「ひつまぶし(並)」  1,750円です。

                      鰻蒲焼、薬味、出汁、ゆば吸、漬物、ご飯で 一人前です。
                      並は 鰻の蒲焼が一匹の半分ついています。

                      RIMG1391.JPG



                      ちなみに、こちらは 「ひつまぶし(上)」 2,600円。
                      なんと 鰻が一匹 ついています。

                      ボリューム満点!!

                      RIMG1392.JPG



                      「うな神」さん お薦めの 「ひつまぶし」の食べ方は

                      ,茶碗に盛って、そのまま
                      ¬味の 葱を混ぜ、鰻との歯ざわりを楽しむ
                      L味の葱とワサビをのせ、お出汁をかけて うな茶で

                      以上、 3種類。



                      こちらは うな茶にしたところです。

                      RIMG1395.JPG



                      一番気に入ったのは、
                      そのまま茶碗に盛って食べたのです。
                      焼きたててで、 皮が香ばしくパリッとして美味でした。




                      ご馳走さんでした。



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode