京菓子展「手のひら自然ー源氏物語」

0

    このあいだの日曜日、

    自転車で走り回りながら用事をすませておりました。

    1つ用事をすませまして

    有斐斎弘道館に寄りました。


    《京菓子展 手のひらの自然ー源氏物語》

    京菓子のデザイン公募展です。

    2018年10月21日〜11月4日

    本会場は有斐斎弘道館、特別会場の旧三井家下鴨別邸でも行われています。

    私が伺ったのは本会場です。

    本会場:有斐斎弘道館(京都市上京区上長者町通新町東入る元土御門町524−1)

    時間 :10:00〜17:00(最終入館は閉館の30分前)

    詳しいことはHPでどうぞ。https://kodo-kan.com/kyogashi/
    入館料 500円
    呈茶 1,000円(数量限定)


    年齢、国籍、プロ、アマ問わず公募され

    選りすぐりの52点が会場に展示されています。

    今年のテーマは「源氏物語を通して表現される小さな芸術」

    募集には、京菓子デザイン部門・茶席菓子実作部門・工芸菓子部門があります。

    デザイン部門ならデザイン画で応募して選ばれれば菓子職人の方が実際に製作して下さるそうです。


    前は何度も通ったことあったのですが

    有斐斎弘道館に伺ったの始めてでした。

    こちらは元々、

    江戸中期の京都を代表する儒者・皆川淇園が1806年に創設した学問所です。

    2009年にマンションへの建て替えが計画されましたが

    研究者や企業人らの有志による活動で保存されることになりました。





    座敷や


    縁側に御菓子が展示されています。

    iPhoneImage.png

    たくさんの綺麗なお菓子を拝見して

    食べたら どんなお味なのかなぁと楽しく想像しました。

    素敵だなぁと思ったのは

    茶席菓子実作部門

    蒼い錦玉羹と白い淡雪羹

    光源氏と桐壺の「愛執」をお菓子にされた小林優子さんの作品です。





    そして、同じく菓子実作部門

    キラキラと輝く

    「静火」と名付けられた JANICE TAY さんの作品も気に入りました。


    どちらも、ぜひ 食べてみたいものです。

    こちらでは、

    数量限定で入賞されたお菓子などがお抹茶と一緒に味わえます。

    私が伺った3時半くらいには4種類のお菓子の内3種類は品切れとなっていました。

    あと、残り3つという 滑り込みセーフで お呈茶券をゲットしました。



    私が頂いた「式部」です。


    お抹茶を頂いた茶碗は

    外側に北風と太陽の北風さんのような絵が描かれていまして

    内側には雷と雲が描かれていました。

    お運びの方に〜このお茶碗は と尋ねると・・・

    〜このお茶碗は あのフェデラーが

    え!!フェデラーってテニスのですか

    〜そうです。テニスのフェデラーが

    え!!フェデラーが!

    〜2日前にこちらでお抹茶を飲まれたんですよ〜と興奮気味に話されました。

    なるほど、飲まれたんですね。

    ところで こちらのお茶碗はと聞くと

    知りませんとの ことでした。

    あー、私なんかフェデラーさんが創られたのかと驚いてしまいました。

    お部屋に中置の設えがありまして

    水指が・・・イノシシ・・・ブタなのか


    尻尾がクルリって ブタですね。


    同席の方が、これって海外のものですかと尋ねられてると

    有職菓子老松店主の太田さんが通り過ぎながら

    一言 〜ジョーク!   ですって。

    京菓子展、11月4日までされています。

    ご馳走さんでした。


    すぐ近くにケーキ屋さん 「MIAGOLA」

    0

      10月1日に出勤しまして
      お使いに行って車で店に戻るとき
      OPENらしきお店が近所にありました。

       

       


       


      パティスリーって書いてある
      ケーキが並んでるのが チラッと見えました。

       

       

      【Patisserie Miagola(パティスリー ミャーゴラ)】

      住所  : 京都市北区紫野上門前町105-2

       


      すぐに伺いたかったのですが
      ばたばた、してまして
      3日の仕事終わりに寄りました。

       

      残念ながら、ショーケースが がらん としていました。

      〜ほぼ売れてしまいました〜と店主さん。

       

       

       






      この中で お薦めはと尋ねると
      即答
      〜マスカットのタルトです!
       あと、米粉のロールケーキ!
       クリームも米粉を使ってます。〜


      なので、マスカットのタルト・米粉のロールケーキ・シュークリームを1つづつ注文しました。

      包装してもらっていると
      〜あっ!!レモンケーキ
       これが、看板にも使ってるくらいでお薦めです 〜 とのこと・・・



      食べたいけど
      そんなには・・・食べ過ぎ厳禁。



      「マスカットのタルト」 480円




      確かに美味しかったです。

      のっているのがシャインマスカットなので皮のまま食べられます。
      タルト生地が厚みがあるけど しっとり柔らか。






      米粉のロールケーキ 「ルレ・ジャポネ 」 350円
      写真撮る前に半分に切ってしまいました。

      ふんわりー





      「シュークリーム」 300円

       

      iPhoneImage.png



      どれも、なかなか美味しかったです。
      絶対にお薦めやのに言い忘れてはった
      レモンケーキを次は試してみるとしましょう。

       

      ご馳走さんでした。

       


      「尾張屋」 さん 甘味 有ります

      0

        台風20号が通り過ぎてから

        猛暑日が続き暑さに参っております。

        お休みの日に街中へと買い物に出掛けて

        休憩に冷たい甘いもんをいただきました。

        四条通寺町を

        ちょっと東、祇園さん御旅所の横に暖簾が掛っています。



        ちょっと急な階段を降りると

        お店があります。

        【本家 尾張屋】

        住所  : 京都市四条河原町西御旅町 四条センター地下

        定休日 : 火曜日

        営業時間: 11:30〜20:00

        https://honke-owariya.co.jp/


        「尾張屋」さんと言えば お蕎麦屋さんで

        本店は車屋町通二条にあり木造建築の町屋です。

        こちらは、四条店です。

        お蕎麦におうどん、丼物と甘党もやってはります。

        こちら、結構な穴場で11時30分から夜の8時まで営業されているので

        遅いめのお昼にも便利です。

        お蕎麦だけでなく甘味もされているので3時のおやつにも いただけます。



        甘味メニュー

        抹茶アイスクリーム 432円

        蕎麦白玉ぜんざい  540円

        蕎麦わらびもち   324円

        かき氷 もあります。

        氷金時       594円

        宇治金時      648円 など

        こちらは

        宇治金時に蕎麦白玉を付けてもらって 756円






        餡子が いっぱい!

        そして、こちらは 私が頼んだ

        抹茶アイス蕎麦白玉あんみつ  648円





        あんみつ には蕎麦板も付いてます。
        エアコンの効いた所で熱いお茶と一緒に蕎麦板を ぽりぽり



        ゆっくりと お喋りできます。

        ご馳走さんでした。


        「妃屋」さんの かき氷

        0

          護摩木を書きに行った「船山」の送り火を西賀茂のビルで観てお盆が終わりました。


          送り火のあと朝晩の気温が一気に下がり

          とても過ごしやすくなりました。

          北海道では初雪だったとか

          これで暑さがひと段落すると嬉しいです。

          さて、この長いお休みの間に
          店の1階の じゅうたん を張り替えました。
          じゅうたん を張り替えるとなると
          全ての荷物に机や棚も どけなければなりません。

          2階に持って上がったり、玄関にボール紙を敷いて積み上げたり汗だくの作業となりました。
          もちろん、じゅうたん が張り替えられたら
          もとに戻さねばなりません。
          またまた、汗だくです。


          おかげさまで、
          休み明けには 綺麗な じゅうたん でお仕事させていただけます!


          ということで、汗だく になったので
          またまた、かき氷がたべたくなりました。




          近くにオーガニックにこだわった食材を使用し、
          バター牛乳等の乳製品、卵など動物性の食材は一切使用されない マクロビスイーツのお店がありまして、
          はためく「氷」の旗に誘われました。


          【妃屋】

          住所  : 京都市北区紫竹下竹殿町16

          定休日 : 月曜日

          営業時間: 11:00〜17:00
          http://kisakiya.strikingly.com/



          大きなテーブル1つを囲んで お客さん、ご主人、子供達

          「妃屋」さんのリビングにでも お邪魔したような感じです。

          最初は少し 戸惑いましたが

          とても話が弾んで楽しかったです。

          こちらの かき氷 には自家製フルーツソースがたっぷりとかかってます。

          私が注文したのは

          ベリーベリー



          こちらは、マンゴー  


          シロップが たっぷり かかってますが、あっさりとした甘さで食べやすい!

          氷は天然水を凍らせたものだそうです。

          食べ終わる頃に

          熱い 自家製ほうじ茶が タイミングよく出てきました。

          お茶で ほっこり。

          ご馳走さんでした。


          かき氷 「パテイスリー・タツヒトサトイ」

          0

            台風の影響で気温は少し下がりましたが

            蒸し暑い京都です。

            夏の おやつ には「かき氷」が食べたくなります。

            日曜日に、百万遍の交差点の東

            京都大学農学部前から少し行ったところにある「パテイスリー タツヒトサトイ」さんへ。


            【パテイスリー・タツヒトサトイ】

            住所  : 京都市左京区北白川追分町2Eフラット北白川1F

            定休日 : 水曜日

            営業時間: 8:00〜19:00


            店内にはケーキやパンが並んでいます。





            ケーキとパンは食べたことがありますが

            かき氷は初めてです。

            お店のイートインスペースで いただきました。




            「極みほうじ茶ラテ」 910円

            ほうじ茶の香りが芳ばしく、

            さらっとした氷にトロリとしたほうじ茶のクリームが かかっています。


            iPhoneImage.png



            「ももとベリー」

            カットした桃とベリーのコンポートがのってます。

            シロップは桃とパッションだそうで酸味もあって爽やか。

            色が可愛いです。


            iPhoneImage.png




            iPhoneImage.png

            どちらも、クリームがかかっているのが洋菓子屋さんって感じです。

            ラッキーなことに

            「達人(タツヒト)ロール」1個 300円 の切れ端が売ってました。

            シンプルなロールケーキで ふわふわ。

            切れ端好きな私ですから

            もちろん、ゲットです!

            切れ端は 350円、「達人ロール」の2個分はあります。

            確かに形は悪いですが 家での おやつ には ぴったり。


            iPhoneImage.png

            かき氷を食べて

            お土産も買えました。

            ご馳走さんでした。


            「レ・フルーレ・ムトウ」さんでソフトクリーム

            0

              貴船神社さんへお参りに行って

              参道のお店が開いてませんでしたから

              市原から岩倉へ抜けて

              パンの美味しい

              「レ・フルーレ・ムトウ」さんに寄りました。

               


               

               

              【Le Freres Moutaux本店(レ・フルーレ・ムトウ)】
              住所  : 京都市左京区岩倉南木野町8番地

              営業時間: 9:00〜19:00

              定休日 : 無休

              http://www.moutaux.jp/index.php

               

               

              私はどちらかと言うと

              上京区にある油小路店に行くことの方が多いのですが

              岩倉が本店です。

               

               

              よく歩いたので、冷たいもんで休憩、

              ソフトクリーム コーン 350円(税別)

                      カップ 320円(税別)

              私はコーンに入ったのを注文しました。


               

               

              イートインスペースが以前はありました無くなりまして

              お店の外にあるベンチに腰かけていただきました。

              暑さで みるみる 溶けてきます。


               

              あっさりした甘さで、イチゴ味の焼き菓子がアクセントになりますね。

               

               

              お土産には

              シュークリーム むくむく 210円(税別)を買って帰りました。



               

               

              堅めのシューにクリームたっぷりです。

              パンも美味しいですよ。

              お試しあれ。

              ご馳走さんでした。


              新発売 「小川氷」 !!

              0

                土曜日、友人の朗読会に行って来ました。
                昨夜の雨が上がり ええお天気になりましたので、

                 



                 

                会場のハートピア京都まで自転車で参りました。

                友人は井上章一さんの「京都弁の女達」という楽しい話を朗読してまして、
                私は笑いながら聴いてました。


                さて、朗読会が終わり
                自転車をこいで家に向かってますと
                「氷」という旗が目に入り引き寄せられてしまいました。






                【茶ろんたわらや】
                住所    : 京都市上京区寺之内通小川西入宝鏡院東町592

                定休日 : 火曜日

                営業時間: 10:00〜17:00

                http://www.kyogashi.co.jp/b-2.html

                 

                暑い!喉も渇いたので
                ここで一休みです。

                小川店の向かって右側の通路を進んで行くと入口があります。




                お店のなかは満席でしたが
                お庭席が空いてましたのでお庭で かき氷をいただきました。



                板谷楓の鮮やかな緑が素敵なお席、
                自然の風が 心地よいです。




                 


                宇治金時にも惹かれましたが
                本日新発売という
                「小川氷」 864円(税込)レモン味を注文!


                器に別添えのシロップを掛けていただきます。
                シロップの量が自分の好みにできるのが良いですね。



                 

                ペパーミントの葉とレモンの輪切り、それに寒天がのっています。
                中にも寒天がたっぷり、ブルーはレモン味で透明なのは塩味です。



                金魚は羊羹です。
                さっぱりしたレモン味のシロップは甘過ぎず、
                羊羹の甘い金魚がアクセントになっていて爽やかなお味です。





                かき氷を食べた後、
                暖かい ほうじ茶の苦味で ほっこり、
                絶妙な取り合わせでした。

                ご馳走さん。
                 


                紅葉の実 「翼果」

                0

                  先日、「貴与次郎」さんでお昼を食べた、そのあとのお話しです。

                  いっぱい喋って友人と別れたあと、

                  美味しいもん食べたので

                  腹ごなしに歩いていたら 「亀廣保」さんの前へ

                  せっかくなので

                  ちょっと寄ってみました。


                  【京菓子 亀廣保】

                  住所  : 京都府京都市中京区室町通二条下ル

                  営業時間: 9:00〜17:00

                  定休日 : 日曜、祝日

                  お茶席などの干菓子を専門にされているお店です。

                  ケースには季節の干菓子が並んでいます。


                  iPhoneImage.png

                  見ていると だいたい何か分かりますよね。

                  流水や観世水、あやめ、岩根の躑躅、鳥は何かなぁ・・・

                  でも、

                  下の段の左・青紅葉のお干菓子と くねっと曲がったのが何か分かりませんでした。

                  お店の方の尋ねると

                  〜紅葉の花ですよ と教えてくれはりました。

                  へぇー、紅葉の花って・・・花は小さくって赤い粒々したやつですよね。

                  紅葉の実のことかなぁと勝手に思いました。

                  ほらっ、下の画像のようなのです。

                  この時期に紅葉を見ると葉っぱにまぎれて あります。

                  iPhoneImage.png

                  この実は「翼果(よくか)」と呼ばれています。

                  果皮の一部が平らな翼状に発達していて

                  2枚の翼でヘリコプターのように飛んでいきます。

                  よく見ると根元に2個の種があるのも分かります。


                  お店の方教えていただいたお干菓子の正解は こちら。

                  上の左が ホトトギスに流水 右が 流水と筏   

                  下 左から 青紅葉と紅葉の花  アヤメと観世水 岩根の躑躅

                  何にするか迷いましたが

                  結局、私が買ったのは「アヤメと観世水」は 1組 260円です。


                  iPhoneImage.png

                  季節に合わせて いろんなものがお菓子になるんですね。

                  面白いです。

                  ご馳走さんでした。


                  博物館の帰りに 「ゆふころろ」

                  0

                    日曜日に雨がじゃーじゃー降ってました。

                    出掛けたのは

                    雨でも楽しめる国立博物館です。

                     

                     


                     

                     

                    現在は「池大雅 天衣無縫の旅の画家」を5月20日までされています。

                    南画の大成者と称される池大雅の初期から晩年に至る

                    たくさんの作品が展示されていました。

                     

                     

                    博物館の帰りに

                    七条通りの三十三間堂さんより少し西側に新しそうなお店がありました。

                    昨年の6月にオープンされて

                    もうすぐ1年になる 麩を使ったスイーツのお店でした。

                     

                     

                    【ゆふころろ】

                    住所  : 京都市東山区西之門町557三十三間堂ウエストスクエア1階

                    営業時間: 11:00〜19:00

                    定休日 : 月曜日(月曜が祝日などの場合は営業、翌火曜休業)

                    https://www.yufucororo.com/




                     

                     

                    冷蔵のショーケースには

                    麩饅頭のようなものとケーキが並んでいました。



                     

                    ケーキにも麩パウダーや丁字麩が使われています。

                     

                     

                    カウンターには麩を使った焼き菓子。


                     

                     

                    いったい何を試してみれば良いのか悩みます。

                    いろいろ少しづつ試してみましょう。

                    餡子が好きな方なら「雫麩饅頭」がお薦めです言われて

                    「玉露の雫」 1個 345円(税込)


                    iPhoneImage.png

                     

                    麩饅頭のようなフォルム、

                    こし餡の入った麩饅頭の周りに抹茶味のスポンジ生地がまぶしてあり、

                    上にチーズ味のクリームと玉露のゼリーがのってます。

                    和菓子のような洋菓子のような

                     

                     

                    iPhoneImage.png
                     

                     

                    あと、「四方の麩(よものふ)」の「生麩のガトーショコラ」

                    1個 410円(税込)

                     

                    チョコレートの濃厚でなめらかな食感に生麩のモチモチした食感が後をひきます。

                    写真を撮らずに食べちゃいましたが

                    これ!好きです。

                     

                     

                    焼き菓子は

                    「お麩の蕾」から「ぴりっと蕾」 1袋 734円(税込)

                    「ころろの香」から「山椒の香」 1個 302円(税込)

                     

                    iPhoneImage.png

                     

                     

                    「お麩の蕾」は麩のラスクって感じで、

                    焼き麩をバターにひたし砂糖をまぶして焼き上げてあるそうです。

                    いろんなお味がありますが原了郭さんの黒七味を使ってあるのんを

                    いただきました。

                    バターの香りと黒七味の香りがして、サクサク。

                     

                    iPhoneImage.png

                     

                     

                    「ころろの香」は麩パウダーが生地に使われているそうですが

                    あんまり分かりませんでした。

                     

                    iPhoneImage.png

                     

                     

                    麩を全ての商品に使ってあるって

                    いろいろと特色だそうと頑張ってはるなぁと思いました。

                    ご馳走さんでした。

                     

                     


                    虎屋菓寮 と 虎屋京都ギャラリー「竹に虎」

                    0

                      ゴールデンウィークは

                      渋滞などに悩まされることもなく

                      ほぼ近所で うろうろ しておりました。

                       

                       

                      九州から来られたお客さんと「とらや茶寮」へ。

                       

                      青紅葉が あざやか
                      テラス席もありますが
                      ちょっと肌寒かったのでお部屋の中でいただきました。

                       


                       

                       

                      私は濃し餡の柏餅を注文、味噌餡もあります。

                       

                      柏餅 280円(税別)

                      抹茶 800円(税別)

                       

                       

                      きんとん製

                      銘 遠緑(とおみどり) 450円(税別)

                      抹茶          800円(税別)




                       

                       

                      お菓子がのっている懐紙には虎の版画があり

                      いつものメニュー以外に

                      「竹笹堂」さんの版画でお菓子のメニューが置いてありました。

                      あらっ、

                      版画のメニューと思いましたら

                      虎屋京都ギャラリーさんで

                      「とらや」さんの掛け紙や包装紙に使われてきた木版画を主とした展示をされているので

                      この期間は版画のメニューになっているとのことでした。

                       

                      では、ギャラリーも拝見して行きましょう。

                       

                       

                      【竹に虎 -見てたのし、使ってよろしい商業版画- 展】

                      4月21日〜5月20日 10:00〜17:00

                      会期中無休 入場無料

                       

                      ギャラリーに入ったら

                      ちょうど門川大作京都市長さんと一緒になりました。

                      解説を聞きながら観られてまして

                      私達もお話を聞くことが出来ました。手

                       

                      中には富岡鉄斎の原画からおこした版木もあります。

                      下の写真のギャラリーのポスターになっている虎です。

                       

                       


                       

                       

                       

                       

                      虎屋さんが保管されてきた版木で版画の「竹笹堂」さんが刷られたものや

                      「竹笹堂」さんが新しく作られた作品もありました。

                       

                      お茶のついでにギャラリーも観られてお得でした。

                      おおきに。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode