山もと さんの「月見団子」「いちょう餅」

0
    昨夜は中秋の名月でしたが
    夜は雲が多く
    あいにく見ることが出来ませんでした。


    とりあえず、「月見団子」は美味しくいただきました。






    京都の「月見団子」はお芋さん(里芋)の形をしています。

    今年は北白川疎水の側にある「山もと」さんのんです。



    【京菓子司 山もと 北白川店】
    住所 : 京都市左京区北白川東蔦町24−4
    営業時間 : 10:00〜19:00
    定休日 : 水曜日




    こちらの本店は東山五条にあります。
    大きさも形も里芋って感じで
    そして、美味しい。

    月見団子 1個 190円




    「月見団子」を買って帰ろうと思いましたが・・・





    「いちょう餅」に引き止められました。

    実は銀杏が好きなので
    銀杏の入った「いちょう餅」を買ってしまいましょう。






    周りが道明寺で中は粒あん。
    こちら1個 190円です。









    道明寺が柔らかくって銀杏が3つ、粒あんと良く合っています。
    これで、190円なら得した気分になれました。



    本日は真夏のような暑さで ええ天気です。
    昨夜は見られなかったお月様ですが
    今夜の満月は見られそうな気がします。
    ご馳走さんでした。



    「大極殿本舗」本店の茶寮「栖園」

    0

      京都大丸さんの東側にある

      「大極殿本舗」さんがリニューアルされたのが6月5日。

      お店で「若鮎」や「カステラ」「花背」なんか買いに伺ってます。


      【大極殿本舗 本店】
      住所 : 京都市中京区高倉通四条上る
      営業時間: お店 9:00〜19:00
      茶寮 10:00〜15:00
      定休日 : 火曜日

      それで、奥に茶寮が出来たのは知っていましたが

      なかなか食べる機会がなく

      やっと伺いました。

      中は けっこう広いです。

      六角店は「かき氷」や「琥珀流し」を食べるのに並ばれたりしていますが

      こちらは まだ穴場かも、 

      11時に伺いましたが空いてます。





      雨が降っていたので

      「かき氷」っていう気分になれませんでした。

      赤紫蘇の「琥珀流し」690円 を注文しました。

      一緒に持ってきてくださったのは炭酸水です。

      シュワ―っとして

      「琥珀流し」を食べた後に

      炭酸水を入れて「赤紫蘇ソーダ」で2度美味しい。



      一緒に行った方は

      「大粒丹波大納言冷やしぜんざい」 1,050円を注文されました。

      こちらは熱いお茶と塩昆布の入ったお干菓子が添えられています。


      なんか、とっても ゆったりと過ごせました。

      ご馳走さんでした。


      「BENCINY」工房で割れチョコレート

      0

        月末近い金曜日、

        自転車で鞍馬口通を走ってました。

        京都岡崎にある「BENCINY/ベンチーニー」さんの工房の前を通ったら
        貼り紙がありました。

        〜営業中 割れチョコ販売しています!

         どうぞお立ち寄りください。〜


        もちろん、立ち寄ります。

        【BENCINY(ベンチ―二―)FACTORY】

        住所  : 京都市上京区鞍馬口通烏丸西入

        工房のドアを開けたら

        すぐに小さな机があって割れチョコレートが幾つか置いてある

        ダークとピスタチオの2種類

        ただ それだけ

        工房直売感たっぷりです。

        10時〜18時 ただし、完売次第終了だそうです。

        ピスタチオを1袋 買うことに、

        トーゴ産カカオ使用のダークチョコレートに、砕いたピスタチオがトッピングされてます。

        カカオ含有率70%。

        ミルクチョコレートは美味しいですがカカオポリフェノールやカカオプロテインが

        身体に良いそうですからカカオ含有率高くダークなチョコは嬉しいです。

        ちなみに、正規のピスタチオの板チョコは

        78g 1,728円です。

        割れチョコ ピスタチオ

        80g 1,000円と お得です!!

        iPhoneImage.png

        ここで、販売されてましたっけと尋ねたら、

        月の最終金曜日に工房で

        割れチョコセールをされているそうです。

        ただ、チョコレートは

        高温多湿を避け28℃以下の冷暗所で保存して欲しいとのことで

        来月からは しばらく割れチョコセールをお休みされるそうです。

        涼しくなったら再開されるそうです。

        Facebookにてお知らせがあるそうな。

        次に買えるのは秋なのかなぁ・・・

        楽しみです。

        冷蔵庫の野菜室に保管しながら

        ちょびっとづつ 食します。

        ご馳走さんでした。


        「水無月」 2019

        0

          京都も やっと梅雨に入りました。

          湿度が高くジメジメしております。

          それでも、朝の散歩の時間には雨が上がっていることが多く助かっています。

          賀茂川の槿(むくげ)が咲き始めています。

          雨が降り緑が濃くなってきたようです。

           


          iPhoneImage.png


          さて、明日は6月30日、「夏越の祓」。

          1年の折り返しですから

          無病息災を願い邪気を払う小豆をのせて

          「水無月」を食べないといけません。

          こちらは、今年いただいた「水無月」達です。



          「紫野 源水」(北区小山西大野町)

          1個 480円

          本葛製で透明感があり ぷるっとしてます。





          「聚光」(上京区大宮寺之内)

          1個  400円

          こちらも本葛が使われてます。

          小豆もたっぷりのっていますが甘さ控えめな感じです。

          1月前くらいから予約を受け付けられています。

           




          「俵屋吉富」

          1個 302円

          こちらは、外郎製なので もっちりです。

          小豆は小粒ですが ぎっしりと のっています。

           

           

           

          家で「水無月」を作るときは

          本葛・白玉粉・小麦粉を合わせて作ります。

          菓子屋さんごとに配分も ずいぶんと違います。

          お好みも それぞれと思います。

          でも、どれも美味しかったです。

          ご馳走さんでした。

           

           

           


          「tubara cafe」で 一休み

          0

            久しぶりの投稿です。
            なんだか忙しくって ブログが ほったらかしになってました。
            ぼちぼち 投稿しはじめねば と思う今日この頃です。

            昨日は朝の出勤の時に大徳寺さんの東側で
            沢口靖子さんが白衣を着てドラマの撮影されてました。
            自転車で通り過ぎながら
            綺麗やわー、細そいなぁーと思い

            そうそう、ブログ書こうってなった訳です。




            久しぶりの投稿は美味しい話です。
            さて、鶴屋吉信本店さんの東側に「tubara cafe」が2月にオープンしました。

             

            【tubara cafe】

            住所  : 京都市上京区今出川堀川

            定休日 : 水曜日

            営業時間: 10:30〜17:30

            https://www.instagram.com/tubaracafe/

             

            なかなか伺えませんでした。

            こちらでは、鶴屋吉信さんの定番商品「つばらつばら」の 工場直送もっちりした焼き皮に

            ゆず・抹茶・ラムレーズンの三種類のフレーバーに分けた

            マスカルポーネあんを挟んだ洋菓子ぽっい「つばらつばら」が食べられます。

             

            持ち帰りも出来ますから

            頂戴したりして、じつは、すでに三種類とも食べてます。

             



             

            「つばらつばら」を2個と飲み物で 1,000円(税別)

             



             

             

            2つ選んだのはのは 3種類の中で一番好きなラムレーズンと抹茶です。

            暑い日でしたので 飲み物はアイスティーです。




             

            これを2つ食べると

            けっこう満足します。

            2人でセットと単品で飲み物を頼んで1つづつも有りです。

            いえいえ、私は3つ食べたいという方はセットに「つばらつばら」を1個250円で追加することも出来ます。

            ただ、カフェでは「つばらつばら」単品の注文は出来ないそうです。

             

             

            シフォンケーキや おまんじゅう(巣ごもり)、クッキーなどもあり

            珈琲、紅茶に柚子茶、ゼリーの入った飲み物の「ちゅるり」なんかもあります。

            お店の北側には駐車場もありますし
            使い勝手の良いカフェになりそうです。

             


            吉祥菓寮 四条店 パフェ

            0

              祇園に本店のある「吉祥菓寮」さんは

              「煎り大豆」(きな粉)を使ったスイーツのお店です。

              昨年12月に

              四条店がオープンしました。

              パフェのスペシャルチケットをいただいてましたので期限一歩手前の土曜日に伺って来ました。


              【吉祥菓寮 四条店】

              住所  : 京都市中京区柳馬場通四条上る瀬戸屋町471

                    ピアヌーラ柳馬場1階

              営業時間: 8:00〜19:00

              https://kisshokaryo.jp/c/shop_kyotoshijo.php


              土曜日のお昼から伺いましたから覚悟はしてましたが

              12名6組の方が並ばれていました。

              待っている間にメニューを見たり

              パフェを作られているのを眺めて時間を過ごします。

              作られていたのは、ほぼ全て「春摘み苺パフェ」でした。

              伺った時には「抹茶パフェ」30食限定は売り切れでしたが

              季節限定の苺のパフェに人気集中してましたね。

              意外と早く15分くらいでお席に案内してもらえました。

              テーブルには「きな粉」の容器が置いてあり

              パフェには「きな粉」がかけ放題です。






              私が注文した

              期間限定「春摘み苺パフェ」 1,404円
              苺とバニラアイスに甘酸っぱい苺のソース、

              それにサクサクした歯ごたえのクランチチョコとメレンゲがアクセントになってます。

              かけ放題なので「春摘み苺パフェ」にも きな粉を掛けてみました。

              苺味でも「きな粉」合います。

              たっぷり掛けても美味しいです!

              iPhoneImage.png

              こちらは、連れが頼んだ

              「焦がしきな粉パフェ」 1,188円

              「きな粉」とバニラアイスの間に豆乳ブランマンジュとほうじ茶ゼリーが入ってます。

              黒みつが添えてあり、こちらもクランチとメレンゲのサクサク食感も楽しめます。



              一口、味見させていただきましたが

              きな粉が芳ばしくって

              ほうじ茶ゼリーがあっさりと美味しかったです。

              次は、こちらをいただこうかなぁ・・・。


              お店を出る時には

              「春摘み苺パフェ」も完売しておりました。

              ご馳走さんでした。


              「ふかひれあんぱん」って!

              0

                二条城の前にある全日空クラウンプラザホテルで

                お昼に集まりがありまして伺いました。

                その後に、1階のレストランでお茶をして

                会計をして帰ろうとしていると

                こんなん見つけました。



                「チャーシュー入りメロンパン」 120円

                「マーボー入りメロンパン」   120円

                 

                 

                「チャーシューあんパン」  120円

                「ふかひれあんパン」    278円




                面白そう(美味しそう)なので2つ買ってみました。

                iPhoneImage.png


                切って納得、

                「ふかひれあんぱん」って「ふかひれ・あんぱん」じゃなくって

                「ふかひれあん・ぱん」でした。

                小豆の餡と ふかひれ の合体かと勝手に早とちりしていた私でした。

                あー、粒餡とふかひれの合体が食べてみたかったなぁ。

                 

                 

                iPhoneImage.png

                 

                「チャーシュー入りメロンパン」は

                甘いめのメロンパンにチャーシューを刻んであん にしたものが入ってます。

                「ふかひれあんぱん」

                いわゆる中華のふかひれあん がパンの中にはいってます。

                 

                少しトースターで温めていただきました。

                ご馳走さんでした。

                 


                どら焼き 「亥のメ」さん

                0

                  日曜日、秋晴れのお天気

                  自転車に乗って 出掛け

                  いただいて美味しいかった 「どらやき」屋さんへ。

                  途中で通り過ぎた平野神社さん、

                  南東の角の桜の木咲いてました。


                  掛かってる札を見ると「十月桜」とありました。

                  秋晴れに桜も良いもんですね。



                  さて、今出川通を天神さんから白梅町へと西に向かい

                  ちょっと入った所に

                  今年の9月19日にオープンしたお店があります。



                  【どらやき 亥ノメ】
                  住所  : 京都市上京区紙屋川町1038-22

                  営業時間:9:00〜17:00(喫茶・11:00〜16:00)
                  定休日 :水曜日・第2、4木曜日、26日(25日は営業)

                  残念ながら、どらやき は並んでません。

                  作るのが間に合ってないらしく

                  お時間いただければ あんこ を挟みますとのことでした。

                  作っていただいてる間に休憩してカウンターで

                  どらやきセッットをいただきましょう。

                  これまた、店内で食べられる ちょっと大きめな どらやき(260円) も売り切れて

                  皮が焼けてないそうです。

                  もちろん、小さめな どらやき(170円) でOKです。

                  飲み物には おうす をチョイスしました。

                  iPhoneImage.png


                  ほっと暖かい あんこ!

                  まずは、そのまま いただきました。

                  美味しい〜幸せです。

                  そして、

                  トッピングに選んだラムレーズンをのせて いただきました。

                  え!!

                  このラムレーズン、ほんもんのですやん(ラム酒が) と聞いてしまいました。

                  ラム酒の香りが高くって大人の どらやき って感じです。

                  〜そうなんです。

                   ちょっと、アルコール強いのが気になりますか。〜

                  いえ ほんま、合います。

                  お酒は弱いですが、どらやき って お酒とあうやん と思いました。

                  これは、他のトッピングにも挑戦せねば。


                  持ち帰りを挟んでもらいながら

                  お話ししていると、かぼちゃあん ありますよ!とのこと

                  かぼちゃあん の どらやき も買うことにしましょう。

                  小豆あんと かぼちゃあん に かぼちゃの種も入ってます。
                  シールがハロウィンバージョンです。

                  1個 210円

                  iPhoneImage.png

                  持ち帰り用の袋のイラストも可愛いー

                  イノシシとヤギ(メー)で「亥のメ」さんです。

                  店主が亥年生まれで 奥さまが羊年生まれで

                  お店の名前を「亥ノメ」にされたそうです。

                  メ〜

                  iPhoneImage.png




                  賞味期限は2日、美味しいものは すぐ 食べなくっちゃです。

                  ご馳走さんでした。


                  京菓子展「手のひら自然ー源氏物語」

                  0

                    このあいだの日曜日、

                    自転車で走り回りながら用事をすませておりました。

                    1つ用事をすませまして

                    有斐斎弘道館に寄りました。


                    《京菓子展 手のひらの自然ー源氏物語》

                    京菓子のデザイン公募展です。

                    2018年10月21日〜11月4日

                    本会場は有斐斎弘道館、特別会場の旧三井家下鴨別邸でも行われています。

                    私が伺ったのは本会場です。

                    本会場:有斐斎弘道館(京都市上京区上長者町通新町東入る元土御門町524−1)

                    時間 :10:00〜17:00(最終入館は閉館の30分前)

                    詳しいことはHPでどうぞ。https://kodo-kan.com/kyogashi/
                    入館料 500円
                    呈茶 1,000円(数量限定)


                    年齢、国籍、プロ、アマ問わず公募され

                    選りすぐりの52点が会場に展示されています。

                    今年のテーマは「源氏物語を通して表現される小さな芸術」

                    募集には、京菓子デザイン部門・茶席菓子実作部門・工芸菓子部門があります。

                    デザイン部門ならデザイン画で応募して選ばれれば菓子職人の方が実際に製作して下さるそうです。


                    前は何度も通ったことあったのですが

                    有斐斎弘道館に伺ったの始めてでした。

                    こちらは元々、

                    江戸中期の京都を代表する儒者・皆川淇園が1806年に創設した学問所です。

                    2009年にマンションへの建て替えが計画されましたが

                    研究者や企業人らの有志による活動で保存されることになりました。





                    座敷や


                    縁側に御菓子が展示されています。

                    iPhoneImage.png

                    たくさんの綺麗なお菓子を拝見して

                    食べたら どんなお味なのかなぁと楽しく想像しました。

                    素敵だなぁと思ったのは

                    茶席菓子実作部門

                    蒼い錦玉羹と白い淡雪羹

                    光源氏と桐壺の「愛執」をお菓子にされた小林優子さんの作品です。





                    そして、同じく菓子実作部門

                    キラキラと輝く

                    「静火」と名付けられた JANICE TAY さんの作品も気に入りました。


                    どちらも、ぜひ 食べてみたいものです。

                    こちらでは、

                    数量限定で入賞されたお菓子などがお抹茶と一緒に味わえます。

                    私が伺った3時半くらいには4種類のお菓子の内3種類は品切れとなっていました。

                    あと、残り3つという 滑り込みセーフで お呈茶券をゲットしました。



                    私が頂いた「式部」です。


                    お抹茶を頂いた茶碗は

                    外側に北風と太陽の北風さんのような絵が描かれていまして

                    内側には雷と雲が描かれていました。

                    お運びの方に〜このお茶碗は と尋ねると・・・

                    〜このお茶碗は あのフェデラーが

                    え!!フェデラーってテニスのですか

                    〜そうです。テニスのフェデラーが

                    え!!フェデラーが!

                    〜2日前にこちらでお抹茶を飲まれたんですよ〜と興奮気味に話されました。

                    なるほど、飲まれたんですね。

                    ところで こちらのお茶碗はと聞くと

                    知りませんとの ことでした。

                    あー、私なんかフェデラーさんが創られたのかと驚いてしまいました。

                    お部屋に中置の設えがありまして

                    水指が・・・イノシシ・・・ブタなのか


                    尻尾がクルリって ブタですね。


                    同席の方が、これって海外のものですかと尋ねられてると

                    有職菓子老松店主の太田さんが通り過ぎながら

                    一言 〜ジョーク!   ですって。

                    京菓子展、11月4日までされています。

                    ご馳走さんでした。


                    すぐ近くにケーキ屋さん 「MIAGOLA」

                    0

                      10月1日に出勤しまして
                      お使いに行って車で店に戻るとき
                      OPENらしきお店が近所にありました。

                       

                       


                       


                      パティスリーって書いてある
                      ケーキが並んでるのが チラッと見えました。

                       

                       

                      【Patisserie Miagola(パティスリー ミャーゴラ)】

                      住所  : 京都市北区紫野上門前町105-2

                       


                      すぐに伺いたかったのですが
                      ばたばた、してまして
                      3日の仕事終わりに寄りました。

                       

                      残念ながら、ショーケースが がらん としていました。

                      〜ほぼ売れてしまいました〜と店主さん。

                       

                       

                       






                      この中で お薦めはと尋ねると
                      即答
                      〜マスカットのタルトです!
                       あと、米粉のロールケーキ!
                       クリームも米粉を使ってます。〜


                      なので、マスカットのタルト・米粉のロールケーキ・シュークリームを1つづつ注文しました。

                      包装してもらっていると
                      〜あっ!!レモンケーキ
                       これが、看板にも使ってるくらいでお薦めです 〜 とのこと・・・



                      食べたいけど
                      そんなには・・・食べ過ぎ厳禁。



                      「マスカットのタルト」 480円




                      確かに美味しかったです。

                      のっているのがシャインマスカットなので皮のまま食べられます。
                      タルト生地が厚みがあるけど しっとり柔らか。






                      米粉のロールケーキ 「ルレ・ジャポネ 」 350円
                      写真撮る前に半分に切ってしまいました。

                      ふんわりー





                      「シュークリーム」 300円

                       

                      iPhoneImage.png



                      どれも、なかなか美味しかったです。
                      絶対にお薦めやのに言い忘れてはった
                      レモンケーキを次は試してみるとしましょう。

                       

                      ご馳走さんでした。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << August 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
                        すずき
                      • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
                        Kazumi Zura
                      • 2020 「祇園祭」
                        すずき
                      • 2020 「祇園祭」
                        かれん
                      • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
                        すずき
                      • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
                        かれん
                      • フクナガさんの工場直売所
                        すずき
                      • フクナガさんの工場直売所
                        かれん
                      • 散歩と「おやつ」
                        すずき
                      • 散歩と「おやつ」
                        すずき

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode