祇園町南側  「豆すし」のランチ

0
    昨日は
    朝から
    雨が降ったりやんだりしていました。

    今日はしっかり雨が降っています。



    昨日の
    11時20分ごろの
    四条大橋から北の空です。


    RIMG0737.JPG 



    厚い雲におおわれてしましたが
    雨は降っていませんでした。




    四条大橋を渡って
    祇園町南側の  「汁る椀 豆寅」さんへ
    お昼を食べに行ってきました。




    「汁る椀 豆寅」
    京都市東山区祇園町南側570-127
    年中無休
    営業時間   11:30〜14:00    17:00〜21:00





    四条通りから
    花見小路を南に下がります。
    東側の4本目の道、
    わらび餅の「ぎおん徳屋」さんの角を左に曲がったお店です。



    RIMG0749.JPG





    石畳の花見小路といい
    この辺は なんといっても 京都らしい ところですね。




    「豆すし膳」 3,800円をいただきました。





    【緑の胡麻豆腐】

    RIMG0739.JPG



    【鯛の薄造り】

    薄造りでお皿の柄が見えているのが綺麗でした。

    RIMG0740.JPG






    【筍のつけ焼き】

    甘辛いお味で
    歯ごたえが 良かったです。

    RIMG0741.JPG




    そして 箱になった器が運ばれてきました。



    お店の方が
    「まだ蓋を開けないでください。
     みなさん 揃ってから 一緒に蓋をお開けください。」って言われました。



    RIMG0742.JPG









    蓋を開けてみると



    こちらの名物 【豆すし】 が入っていました。




    RIMG0743.JPG





    小さく可愛いい です。
    確かにインパクトありました。




    上の段  左から     鯛           鯖寿司   筍    鮪          菜の花 
    中の段  左から  稲荷寿司    海老    蕗     卵           烏賊
    下の段  左から     昆布      鰻    茗荷  粽寿司(鱒)


    全部で13種類 です。
    昆布って言うのは お寿司ではなく 昆布の佃煮です。


    ネタに 味が付いているということで
    それぞれ そのまま いただくスタイルです。






    「豆すし」には
    赤出汁が付いています。


    RIMG0744.JPG








    そして、デザートです。


    【抹茶のわらび餅】

    こし餡が入っていました。
    冷たくて つるっと食べられました。

    RIMG0745.JPG






    美味しくいただきました。





    「汁る椀 豆寅」さんは
    東京に本社がある KIWAコーポレーションさん のお店です。
    日本全国でお店を展開されています。

    京都では
    町屋を 上手く利用して 何軒もの食べ物屋さんや旅館もされていますね。





    「汁る椀 豆寅」さんは
    がっつり食べたい人には向きません。

    京都らしい雰囲気の味わいたい
    女性の方にお薦めですね。





    ご馳走様でした。

    松ヶ崎  三宅久右衛門さんの 「花漬」

    0
      今年も 頂きました。


      この時期になると
      松ヶ崎 三宅久右衛門さんの 「花漬」を
      届けてくださる方がいらっしゃいます。




       RIMG0614.JPG





      三宅久右衛門
      京都市左京区松ヶ崎東町4番地



      松ヶ崎は 五山の送り火 「妙法」の麓にあります。


      松ヶ崎で作られる
      菜の花のお漬物は 「花漬」と言って
      良く お漬物屋さんで見かける
      緑色の綺麗な 菜の花漬とは 違ったものです。

      作られている お宅では
      それぞれに 室(むろ)があり塩漬けした菜の花を
      そこで発酵させて独特の味を作られているそうです。



      三宅久右衛門さんは「花漬」の時分だけ販売をされているので
      普通のお宅で
      いや…

      たいへん立派なお宅ですが。



      看板などは一切ありません。

      RIMG0666.JPG







      「松ヶ崎 大黒天」 さんのお近くです。


      RIMG0667.JPG





      妙法の 「法」 の字と
      「大黒天」さんの 奥の鳥居が小さく右下に写っているのがわかりますか

      まさに「妙法」の麓です。

      RIMG0673.JPG





      坂を少し上がっていくと 
      「大黒天」さんがあります。


      RIMG0670.JPG


      RIMG0672.JPG


      RIMG0671.JPG








      さて、
      話が 「花漬」から それてしまいました。



      普通のお宅で
      この時期だけ 「花漬」を売られているわけです。



      今年の販売は
      4月23日からだったそうです。


      それが

      今日、5月7日には
      「1つなら お分けできますけど…
      ばたばたっと 売れてしもたんですよ。」と言う状態です。



      恐るべし 「花漬」!!


      RIMG0617.JPG




      この時期にしか 売られていないと言うわりに
      なかなか
      包装紙に このラベル どちらもお洒落です。





      こんな 感じで袋に 200グラム入って 700円です。

      RIMG0618.JPG






      発酵させてあるので 独特の酸味があります。

      また
      臭いも ちょっとクサイっていうか


      間違いなく
      大好きな人と 嫌いな人
      好みが分かれるところです。


      上賀茂の「すぐき」 や 古漬けのとも似てるけどまた違う
      この独特の味






      はまったら抜け出せません。


      RIMG0620.JPG



      細かく刻んで
      白ご飯と一緒にどうぞ!!










      烏丸高辻  イタリアンのランチ

      0
        お休みのお昼に

        烏丸高辻を下がった1本目を東に入った

        「 Lattonzolo D'oro (ラットンゾーロ ドーロ)」
        京都府京都市下京区因幡堂町717
        定休日 水曜


        に行って来ました。


        RIMG0600.JPG




        お店の前から
        西を向くと  因幡薬師さんの灯篭の間から
        烏丸通り と 京都銀行本店が見えます。






        お店の前

        RIMG0601.JPG







        お昼を がっつり食べたい時に
        お薦めと聞いていますが
        どんな ランチなんでしょう。



        車で行ったので
        お隣の駐車場に預けました。
        周りにはコインパークもあります。





        12時40分くらいに入ったので
        店内は ほぼ満席で
        カウンターに座りました。




        入店から明るく大きな声で
        店の方が応対してくださり いい感じです。




        メニューは
        パスタに   小さな前菜の付いた デザートか飲み物を選べる パスタランチ  1,000円
        パスタに たくさんの前菜の付いた デザートと飲み物が付いた    ランチA  1,400円 
        ランチAに 本日のメインが付いた                      ランチB  2,800円
        シェフとっておきの料理が食べられる               スペシャルランチ  5,000円 


        本日のパスタ3種類から パスタを選びます。




        カウンターに前菜が並んでいて
        美味しそうなので
        ランチA を注文することに。


        RIMG0594.JPG




        オーダーを受けた店員さんが
        「大盛りですよ。」

        「前菜が大盛りなん 美味しそうなので Aで。」

        「いえ、 うちのパスタは大盛りです。よろしいですか。」


        確かに、周りはどちらかと言うと
        小さな前菜のパスタランチの方が多いみたいです。


        そして、お隣の席のパスタが大盛りです。
        食べ切れますかって 意味で 聞かれてるようです。



        「うーん。 お願いします。」




        すぐに
        前菜が出てきました。


        RIMG0591.JPG



        長いインゲンの胡麻和え   シシャモ   イタリアンオムレツ  
        ポテトサラダ かぼちゃ トマト(プチトマト と言えない2〜3cmはある)
        ブロッコリー などなど

        10種類くらいがのっていました。
        今日は 30品目をクリアできると感じさします。







        次に 暖かいパンが 1人 5種類 とたっぷり。
        前菜とパンで
        お腹がいっぱいになりそうです。


        フォカッチャ を一切れ食べましたが
        美味しい!!
        RIMG0593.JPG






        周りの席で お店の方が
        「残されましたパンは
        良ければ、お持ち帰りになられますか。」と言われ、
        みなさん 持ち帰られているようです。

        パンをもう一切れ食べたいところですが、
        パスタが大盛りなので
        様子を見る事に。






        そして、
        運ばれてきました。




        「ベーコンとキャベツのトマトソース」  です。

        チーズがたっぷり!!
        美味しい  大盛り 

        RIMG0595.JPG








        こちらは
        「ツナとシメジの アンチョビソース」です。

        こちらも大盛り!

        RIMG0596.JPG




        お腹がいっぱいになりました。

        やっぱり、
        パンはお持ち帰りにしてもらいました。



        RIMG0598.JPG








        しかし、
        デザートは 別腹 ですね。

        「濃いジェラード とパンナコッタ」

        RIMG0597.JPG




        それに
        飲み物です。

        左は アイスコーヒー
        右は 暖かい紅茶。
        紅茶のアイスは出来ないそうです。


        RIMG0599.JPG




        いやー、
        がっつりと食べました。


        平日限定 1,000円で たくさんの前菜 パン スープ デザートか飲み物
        っていうのも メニューに載っていました。
        前菜は野菜たっぷりで 
        オーダーから すぐに お料理が出るので忙しい時に良さそうです。





        実は オーダーを間違えて
        アンチョビではなく クリームパスタを作られました。
        「本当に申し訳ありません。
         すぐに作り直すのでお待ちください。」と謝られ、
        確かに すぐに作り直されました。

        前菜がたっぷりとあったせいも ありますが 
        きっちり謝られた 姿勢に 悪い気はしませんでした。


        食事中も お水が減ると 
        すぐに 注いでくださるし

        帰るときも サービス担当の方が お店の外まで見送ってくださいましたし、
        パスタのオーダーを間違えられた方も
        外まで見送って もう一度謝ってくださいました。

        気持ちよく ランチできました。




        ご馳走さんでした。



        三友居さんの 「 塵外室 」

        0
          朝から
          天気予報が気になります。


          上空の寒気の影響で大気の不安定な状態が続くとか…。




          実は お茶会があるのです。
          着物で出掛ける日は 雨が降らぬようにと願います。 







          本日、
          お席が設けられるのは

          出張茶懐石の専門店 「三友居 (さんゆうきょ)」さんの
          お茶室 「塵外室 (じんがいしつ)」です。

          京都市左京区銀閣寺前町53


          銀閣寺の近く
          哲学の道のほとりにあります。

          今出川通りは銀閣寺への観光客が多くても
          哲学の道から疎水を渡って北へ進むと
          閑静なたたずまいになります。






          東山も 塵外室のお庭も
          この時期 
          新緑で美しかったです。

          IMG_1132.JPG






          お席では 写真を撮ったり出来ません。

          それに、茶道は奥が深いですので
          とりあえず
          お席のあとに頂いた
          「三友居」さんの 点心をご紹介します。



          お盆が運ばれてきました。
          とりどりの八寸に向こう付です。



          お酒は 佐々木酒造さんのだそうです。
          お茶席は
          点心席にしても
          茶事にしても
          お料理には お酒がつきものです。


          RIMG0474.JPG








          だし巻き 生麩の田楽 蕗の薹の天麩羅。
          飯蛸と海老と筍などの炊き合わせ。
          焼き物 器の中は胡麻和え …。


          RIMG0476.JPG











          手前の桜餅のようなものは
          葉っぱをめくると


          RIMG0477.JPG



          鯛のお寿司がでてきました。









          向こう付も 鯛です。
          わらび が春らしさを添えます。


          IMG_1136.JPG






          煮物椀は
          鱧と花山椒 です。



          お椀の身にも蓋にも
          瓢箪が描かれていました。

          RIMG0478.JPG








          お汁替え のように
          お椀に取り分ける
          真ん丸の 物体が…。


          RIMG0479.JPG



          なんと言ったらいいのか
          上品な明石焼きの具が増えた感じでしょうか。
          蛸 海老 穴子 百合根 が入ったものを
          お出汁で頂きました。







          そして
          ご飯物 と お茶です。

          RIMG0482.JPG







          ご飯は 空豆の飯蒸しです。
          飯蒸しに 緑のお豆さんが映えます。

          上に乗っている 佃煮も美味しかったです。

          RIMG0481.JPG



          椀物のお替りがあったせいか
          お腹がいっぱいになりました。





          ご馳走さんでした。











          点心席に入ったときは
          空は明るかったのですが


          RIMG0475.JPG








          ご馳走をいただいていると
          真っ暗になって
          風が吹き
          雨が 音を立てて降り始めました。

          大気が不安定な状態ってこのことですね。





          写真でも雨がわかるくらい降りました。

          RIMG0484.JPG



          「こんな春嵐も 風情があるわ。」などと言ってはりましたが

          雷も バリバリと幾つも落ちて
          皆さん
          着物をお召しなので 気が気ではなかったと思います。






          でも、
          どなたの行いが良かったのか
          帰る時分には
          雨もほとんど止んでました。



          本当に良かったです。

          春ご飯 癸押 帚 ご飯」

          0
            初物 
            いただきました。


            本日の朝、掘りたての「 筍 」 です。



            RIMG0456.JPG


            京都の 「 筍 」は
            手間隙かけて作られています。

            収穫が終わると すぐに肥料を施し、
            夏には草を取り、
            秋にはまた肥料、そして藁(わら)敷き詰めます。
            冬には藁(わら)の上から 
            山から掘ってきた土をふんわりとかけます。

            春には
            ふかふかの土から柔らかく白い筍が採れるんだそうです。




            今年は雨が少なく
            寒い日が多いので筍の成長が遅く
            収穫量が少ないそうです。




            と言うことは
            今年の「 筍 」は値段が高そうですね。








            鍋に水とヌカを入れて「 筍 」を茹でます。
            朝掘りなんでヌカ無くても大丈夫なんですが
            一緒に貰ったので 念のため…。



            RIMG0458.JPG



            ぐつぐつ。



            RIMG0459.JPG




            30分も茹でれば OK です。




            ここで登場は
            以前も
            ご紹介しました  「京豆腐 小川」さんの
            お揚げさん です。



            お揚げさん は重宝します。
            京都の食卓に欠かせませんね。


            RIMG0461.JPG







            お揚げさんを細かく刻んで
            筍の元の硬そうな部分を刻んで
            一緒に 炊飯器へ



            RIMG0462.JPG




            鰹だし・お酒・薄口醤油で炊き上げます。







            出来上がりはこんな感じ。



            RIMG0464.JPG



            しゃきしゃきした 「 筍 」の歯ざわりが絶妙です。
            春ですね。





            あとの「 筍 」は
            ひろうす と 若芽 と炊き合わせました。







            「 筍 」炊くのに忘れてはいけないのは



            RIMG0463.JPG




            こちら  スルメ です。


            20年前に
            長岡京市で 「 筍 」を出荷されてる方にお聞きしました。



            『筍を炊くときの隠し味を教えてあげよか。
             鰹だしで炊いて
             最後に追い鰹する時に 
             安もんでもいいから スルメを一緒に入れるんやで。
             スルメのだし と筍はよう合うねん。』


            これを今も守っています。
            だって美味しいですもん!!!


            一度、
            お試しください。




            炊き合わせ、
            出来上がりは こんな感じ。



            RIMG0465.JPG




            「 筍 」の歯ごたえと
            若芽の とろとろ で味がしみた
            このハーモニー。
            出会いもん です。




            京都の 「 筍 」
            ご馳走さん でした。

            寺町通二条下る  で 晩ご飯

            0

              このところ、
              日中は暖かいのですが
              朝晩は冷えます。



              そんな時に お薦めしたいのは
              こちらのお店。


              北山通り堀川にお店があった時から
              お世話になっています。



              「 饂飩・旬食酒家  えいじ 」  さんです。
              京都市中京区寺町通二条下る 榎木町98−9
              定休日:火曜日
              11:30〜14:30  17:30〜23:30


              北山のお店が
              突然閉店になった時はショックでした。

              なんと お店を閉めて
              南極大陸へ
              観測隊の調理人として行かれていたそうです。



              帰国後は
              現在の  寺町へお店を出されました。
              市役所前から歩いてすぐです。


              RIMG0314.JPG





              冷える日に
              おうどん は 体を芯から温めます。

              居酒屋使いの できる
              「 えいじ 」さんは 一品が充実しています。
              刺身 揚げ物 煮物 焼き物 などなど。



              先日、
              いただいてきたものを 紹介します。




              「春 山菜の天麩羅」


              RIMG0308.JPG




              こごみ 筍 蕗の薹 などを
              サックと塩で食べました。





              「カマンベールチーズ フライ」


              RIMG0311.JPG





              中は チーズがトローリです。

              RIMG0312.JPG







              「豚キムチ」


              RIMG0307.JPG





              そして、忘れてはいけない
              つるつるの お饂飩 です。






              「 牡蠣うどん 」
              980円

              RIMG0309.JPG




              牡蠣のお出汁が
              ちょっぴり甘くて いい感じです。








              「 鴨なん うどん 」
              980円

              RIMG0310.JPG




              こちらも 鴨のお出汁に 
              山椒が香り いいお味です。



              もっと温まりたい時は
              「カレーうどん」がいいですね。
              「カレー うどん おばけ」 と 「カレーうどん おばQ]があります。
              お試しください。





              ランチ営業は 定食があります。
              豚肉のしょうが焼定食がお薦めで、
              饂飩とミニ丼のセットも人気です。





              温まりました。
              ご馳走さんでした。


              蛸薬師通烏丸 で ランチ 

              0
                春爛漫の京都です。



                先週の土日は
                他府県 ナンバーの車が多かったです。

                観光客の方は やはり
                精進料理、京料理、湯豆腐…をチョイスされるでしょうか。






                それなら、
                こんな時の お薦めランチは
                あえてスペイン料理 です。





                「Figueras (フィゲラス) 烏丸店」
                住所 : 京都市中京区蛸薬師通烏丸東入る一蓮社町300番地
                     パームビル 地下1階
                定休日:月曜日(祝日は営業)

                RIMG0154.JPG





                蛸薬師通を東へ、
                北側にあります。

                階段を下りていくと
                だんだんと スペインの雰囲気になっていきます。




                RIMG0152.JPG


                RIMG0153.JPG







                パエリアランチを 1250円 注文しました。






                スープ

                RIMG0148.JPG







                タパスの盛り合わせ

                RIMG0149.JPG



                オムレツ、人参のサラダ、野菜のグラタン、ポテトサラダ。
                いろいろとお皿にのっていて 楽しめます。


                私のお気に入りは
                野菜のグラタンです!
                ほんのり甘くて、もっと食べたくなりました。





                そして、魚介のパエリア



                RIMG0150.JPG





                いい香りです。


                RIMG0151.JPG




                熱々のパエリアは
                魚介のスープをしっかり吸った 
                ちょっと固めの ご飯が美味しいです。





                他にも
                「魚のランチ」「お肉のランチ」 
                平日限定で「タパスランチ」なんかあります。



                祇園の本店は ランチ営業はされてないので
                お昼を食べるなら 
                烏丸店ですね。



                ご馳走さん でした。



                錦小路烏丸 西入で 晩ご飯

                0
                  先日は、
                  ホームページとブログ開設で大変お世話になりました

                  株式会社リーフ・パブリケーションズの担当の方と一緒に

                  晩ご飯を食べに行ってきました。



                  場所は
                  錦小路通を烏丸から西に入ったら 
                  南側にある路地のつきあたり
                  向かって左側のお店 



                  「串 たなか」さんです。


                  京都市中京区錦小路通烏丸西入ル下ル占出山町310-10
                  月曜定休


                  お品書きには 「串揚げ 一方通行」とありました。

                  食べていて
                  「お腹いっぱい、 ストップ!」というまで
                  全20種類の串揚げを出してくださいます。




                  あつあつの 串揚げがでてきました。
                  串揚げはあつあつを
                  ふうふう して 食べるのが 美味しいですよね。

                  という事で
                  でてきた 串揚げを パクパクと食べてしまって

                  なんと 少ししか 写真がありません 



                  ブログ初心者は これだから困ります。



                  そうそう 写真を撮らないと
                  見てくださる方に伝わらないと
                  思い出し  

                  撮りました。




                  こちらは 「 豚バラ(左) と パン(右) 」です。

                  RIMG0095.JPG



                  「パン」  って 
                  パンにパン粉をつけて揚げて あるん ?
                  いや、
                  確かにパンって 言わはったはず…。


                  口もとに 
                  運んだら      

                  ガーリックの良い香り
                  チーズをガーリックトーストで巻いてある感じでしょうか。

                  旨い !!






                  こちらは 「舞茸とベーコン 」です。
                  ポン酢を付けて 
                  食べるところです。

                  RIMG0096.JPG




                  こちらは 「 タラの芽の天ぷら と 鯵(右) 」。


                  RIMG0097.JPG








                  こちらは 「豆腐 と アスパラ 」

                  RIMG0099.JPG








                  そして お替り OKの
                  生野菜が こちら。


                  RIMG0098.JPG






                  どんな 20種類か食べたくって
                  頑張って 20本 食べてしまいました。


                  写真も撮らずに
                  パクパク食べた 20本を 思い出すのは
                  難しいものです。
                  記憶力のテストのようです。



                  7本は 写真でご紹介しました。
                  さて残りは13本。



                  お餅 (塩でいただきました)
                  牛肉
                  水菜を鯛で巻いたもの
                  ネギと豚
                  おでん (味のしみたコンニャクと大根に辛子を付けて)
                  海老
                  マッシュルーム
                  チーズ
                  かぼちゃ
                  ウズラの卵 (中は半熟)
                  プチトマト
                  貝柱
                  りんご (シナモン香る)





                  お腹がいっぱい ストップ !!



                  って …、
                  しっかり 全種類 制覇しました。



                  デザートは柚のシャーベット。



                  まだまだ 食べられる方は
                  串揚げを追加するも良し、
                  お茶漬けやご飯を頼むも良しという事で





                  ご馳走さん でした。



                  北大路 堀川で お蕎麦のランチ

                  0

                    今日は曇り。
                    それも 雨が降り出しそうな 曇りです。

                    でも、
                    自転車で ランチに出掛けました。

                    北大路 堀川 の北側の歩道を東へ。



                    お店のありそうな 西へは行かず、
                    あえて 店がなさそうな 東へ 行くのがポイントです。



                    お店なことに 気付かずに
                    通り過ぎてしまいそうな 店構え。




                    RIMG0073.JPG




                    こちら、「 うるめ 」さんはお蕎麦屋さんです。



                    京都市北区小山西大野町51
                    定休日:火曜日





                    小さなメニューがなければ
                    お店とわかりません。

                    靴を脱いで お家に上がる
                    そんなお店の造りです。





                    お部屋に通って
                    まず 目がいったのは

                    「桜」。

                    桜の花が 生けてありました。




                    RIMG0077.JPG



                    梅とは違う
                    確かに 「桜」。

                    「うるめ」さんのお店は 
                    しっかりと 春でした。





                    お品書きの表紙にはお店の こだわりが 書いてます。



                    RIMG0076.JPG


                    あと お品書きには
                    材料について、
                    一度にたくさんの ご注文があると
                    時間がかかってしまいます  とのお断りも…。

                    時間がない 
                    急いでる
                    時のご飯には 残念ながら 向きません。





                    お昼ごはんに注文したのは

                    「出し巻」       630円

                    かぼちゃの炊いたん が付いてきました。



                    RIMG0080.JPG






                    「おろし蕎麦」     890円

                    こんがり焼いた お揚げさんものってます。

                    RIMG0083.JPG






                    「精進蕎麦」      890円

                    椎茸、お揚げさんの焼いたん、梅の天麩羅、ワカメなど 具だくさん。


                    RIMG0084.JPG



                    こだわりの お出汁 も美味しい。
                    お蕎麦がつるっとして こしがあります。


                    そして お蕎麦の量もたっぷりです。





                    ありますよね。
                    美味しいけれど
                    値段が高くて量が少な!!って 思う お蕎麦屋さん。

                    いやいや、
                    こちらは食べ応えありです。

                    しっかり食べる男性には
                    天丼や 白ご飯、天麩羅盛り合わせ など サイドメニューも。

                    もちろん 出し巻きも ほかほかで美味しいですよ。






                    店構えは ひっそり ですが、
                    お料理は しっかり自己主張してます。

                    ご馳走さん でした






                    ほんまに 寒い いち日でした。

                    0
                      今日の 京都は

                      雪が 降ったり
                          やんだり
                      また、降ったりする 



                      ほんまに寒い 
                      底冷えのする日でした。



                      車で移動中、
                      前が見えへん くらい 雪が 降ってきました。


                      RIMG0062.JPG





                      昼間も 
                      お日さんが 射してる と思ったら、
                      また雪が降ってくるのでした。



                      RIMG0063.JPG





                      こんな 寒い日は
                      暖かいもん が食べたくなります。


                      こちら
                      「大徳寺 京豆腐 小川」さん


                      京都市北区旧大宮通り今宮下ル
                      定休日:日曜・祝日







                      「織文意匠 鈴木」からすぐ。

                      ゆっくり歩いても 2分で着きます。




                      昨年、公開された映画「 マザーウォーター 」の ロケ地です。

                      京都を舞台に 
                      水をテーマにした 
                      映画の中で ハツミさんが 営む 豆腐屋さん。
                      それが「 京豆腐 小川 」さんです。




                      いやいや、そんな事よりも
                      こちらの お豆腐 美味しいんです。

                      そして こんなに 冷える日は
                      小川さんの 「ひろうす」 大 1個 150円 を炊きましょう。



                      鰹のお出汁で炊いて、
                      葛でとろみをつけて、
                      出来上がりの熱々に おネギ と 生姜をのせて




                      ふうふう して 食べたい一品です。


                      RIMG0065.JPG


                      「ひろうす」は 小さいのんも ありますが、
                      大きいのん には 具がいっぱい入っていて 嬉しくなります。



                      きくらげ
                      銀杏
                      ゆりね
                      黒ゴマ
                      人参




                      身も心も 暖まりました。

                      ご馳走さん。







                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode