雨上がりの 「彦根城」  

0
    京都駅から 新快速に乗って

    RIMG1195.JPG








    出掛けたのは こちらです。

     RIMG1196.JPG


    「彦根城」 です。


    琵琶湖八景では
    「月明 彦根の古城」  
    月明かりに浮かびあがる 彦根城  が美しいと八景に選ばれています。




    「彦根城」
    滋賀県彦根市金亀町1-1
    営業時間 : 8:30〜17:00
    入場料金 : 彦根城と玄宮園セット 大人600円小中学生200円
             玄宮園のみ       大人200円小中学生100円
       




    「表門橋」から 山道を通って
    本丸 「天守閣」 を目指しました。

    RIMG1199.JPG




    「彦根城」 は緑が多く
    雨上がりの 緑は活き活きとしていました。

    水はけが良いようで
    足下には水たまりなど ほとんどなく歩きやすかったです。







    天守閣までの途中で、
    「天秤櫓(てんびんやぐら)」 が公開されていました。

    RIMG1203.JPG





    「櫓」の窓からは
    天守閣への道をあがって来る人達が
    良く見えます。

    RIMG1204.JPG









    しばらく歩いていると、
    大きく響く  ゴ〜〜ン という音が 鳴り始めました。
    なかなか迫力のある素敵な響き。


    「時報鐘(じほうしょう)」 です。

    RIMG1213.JPG



    ちょうど正午の 鐘がつかれ始めたのでした。
    鐘をつきながら
    「正午なら 12回つかれるんですか。」  
    「毎時、つかれるんですか。」 などの質問に
    丁寧に答え、説明してくださいました。

    12代藩主井伊直亮の時代に時を知らせるために鋳造されたもので、
    現在でも 午前6時 9時 正午 午後3時 6時の5回 
    3時間おきに つかれているそうです。


    鐘の音を聞きたい方は
    これら時間に「天守閣」へ向かわれると聞けますよ。




    そうこうしていると 「天守閣」に着きました。

    RIMG1214.JPG







    「天守閣」の中に入り 3階を目指します。

    結構、急な階段なので
    気をつけながら 登ります。


    天井の梁も なかなか見応えありです。

    RIMG1219.JPG




    3階からは 琵琶湖が見えました。

    「天守閣」の中に 居られる職員の方は
    何か質問すると 「時報鐘」の方と同じで 説明してくださいました。


    RIMG1217.JPG



    「天守閣」からは
    「黒門山道」を降りて  「黒門橋」から 「玄宮園」を目指しました。


    RIMG1221.JPG



    「黒門山道」は 急勾配です。
    ハイヒールの方、 足を痛めている方には きついのでお気をつけください。





    「黒門橋」から右に歩いて行くと
    「玄宮園」に着きます。


    RIMG1268.JPG



    「玄宮園」は 
    中国湖南省の洞庭湖にある離宮庭園を参考に作庭さたそうです。
    天守を借景にして中心の入り組んだ池には4つの島と9つの橋が架かり、
    畔には臨池閣、鳳翔台、八景亭などの建物が配されています。

    RIMG1231.JPG

    RIMG1229.JPG



    お茶室の「鳳翔台(ほうしょうだい)」では
    お抹茶もいただけるそうです。


    話が長くなりますので、
    「彦根城」午前の部は この辺で…、 
    午後の部は 次回にさせていただきます。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 彼岸の入り 大徳寺僧堂 2020 秋
      かれん
    • 「法螺貝餅」
      すずき
    • 「法螺貝餅」
      篠崎正太
    • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
      すずき
    • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
      かれん
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      すずき
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      Kazumi Zura
    • 2020 「祇園祭」
      すずき
    • 2020 「祇園祭」
      かれん
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      すずき

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode