初!! 「嵐山 吉兆」

0

    毎月、少しづつ積み立てて

    普通は行けそうもないお店に行こうよ貯金が続いておりました。

    昨年は、すっぽんの「大市」さんに行こうよ貯金で

    今年は!なんと!!

     

    「嵐山 吉兆」びっくり

     

    行きたいような、行きたくないような お店です。

    でも、積立貯金を続けていたので

    お誘いいただき

    畏れながら アセアセ 先週の金曜の夜に

    「嵐山 吉兆」さんへ足を踏み入れることに!!

     

    何を着て行けば良いのかも よくわからない。

    まぁ、着物を着て行きましょう〜ってことで、

    朝のうちにすぐに着られるように用意を済ませ、

    仕事を終えて、

    ダッシュで着物に着替えて出掛けました。

     

     

    北野白梅町から嵐電に乗って 嵐山を目指します。
    京福電鉄は 210円 均一料金です。

     

    ローカルな ええ感じの電車です。

    電車の中で

    今日ご一緒の方たち4名と一緒になりました。

     

    帷子ノ辻で嵐山線に乗り換え、



    30分ほどで嵐山に到着です。




    渡月橋の方へ歩いて「嵐山 吉兆」さんへ

    紅葉の季節ですが、暗くて景色を楽しむことは出来ませんでした。



     

     

    【嵐山 吉兆 本店】

    住所  : 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町58

    営業時間: 昼 11:30〜15:00 夜 17:00〜22:00

    定休日 : 水曜日・年末年始(12/26〜12/31、 1/3〜1/9)

    http://kyoto-kitcho.com/shoplist/arashiyama/

     

     

    店の前で

    たくさんの方が記念写真を撮られていました。

    中へ入って行きましたが

    中でも記念写真を撮られていて びっくりしました。



     

     

    しかも、店の方は 誰も居られないので

    どちらへ行けばよいやら・・・

     

    玄関らしき方から 法被をきた男性が1人、

    声を掛けようとすると

    反対を向かれました。

    暗いので、着物を着た おばちゃん やのに

    庭に写真を撮りに入った観光客と間違われたのでしょうか・・・

     

     

    大きな声で呼び止めると振り返られました。

    そして、案内していただけることに。

     

     

    お部屋は離れの建物でした。

    ここでも、中居さんは どなたも応対に出られず

    玄関で立ち往生、どうすれば良いのやら。

     

    そうこうしていると、中居さんが登場!

    お部屋へ案内していただけました。

    素敵なお部屋です。

    お部屋には香が焚き染められていました。

     


     



     



     

     

    さて、いただいたお料理は こちら。



    向付
    唐墨と鏑・柿膾

     

    椀物
    鮋(かさご)

     

    最初は そのまま お出しを味わい、

    次に、糊を入れて海の香りでいただきました。

     


    造里 

    九絵(くえ)

     

    醤油かポン酢でいただきます。



    大間の鮪トロのお鮨

     

    すでに、醤油は刷毛で鮪に塗られています。




    蟹盛り込み


     

     

    そのまま でも

    少し、炭火で 炙っていただく のも有りです。

    蟹を食べた後に

    添えてある橙で指先を揉むと手から蟹の匂いが消えました。

    蟹の匂いの消し方、知りませんでした。手

     

     

    次のお料理は何かしらと話していると
    何の前触れもなく、部屋が暗くなり

    大根の かつら剥きで作られた灯がともった、大皿が運ばれてきました。

    4人分の八寸が盛られています。


     

     

    八寸

    季節の物 鮴・トンブリ・車海老・牛タン・穴子など




    八寸に使われた
    海老の頭の揚げたん と 玉葱の酢漬け

     

     

    焼物
    真魚鰹・栗・銀杏

     

    iPhoneImage.png



    炊合せ

     

    飛龍頭・南瓜・里芋




    御飯

    九条葱ご飯に地鶏の塩焼き添え
    香の物



     

     

    お釜で炊かれたご飯です。

    お替りをどうぞ!と 釜ごとご飯をサービスしてくださいます。

     

    それが、私のすぐ横でしたので

    炊き加減のお話を聞かせていただきました。


    白いご飯も炊いてますよってことで
    お替りは 白ご飯

     

    吉兆さんでは

    ふんわり柔らかめに炊きあげられるので

    お焦げは出来にくいとか、

     

     そこを無理言って、ちょっとお焦げをお替り。



    果物
    メロン・梨・ゴールドキウイ・柿



    菓子

    亥の子餅

    お餅が搗きたてなんでしょうか 温かくって柔らかいです。




    続いて、抹茶をいただきました。

    満足です。

    ご馳走さんでした。

     

     

     


    お土産に

     

     

    松栄堂さんのお香の栞。

    記念にコースターも もらって来ました。

     

     

    コースターには

    「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」と

    書かれています。

    「長き夜の 遠のねむりの 皆目醒めざめ 波乗り船の 音の良きかな」

    上から読んでも、下から読んでも、同じ音になる回文で16世紀ごろの和歌です。

     

    「調子良く進む船が海を蹴立てゆく波の音は、

    夜が永遠に続いてしまうのではと思うほど心地よいので、思わず眠りも覚めてしまう。」

     

    宝船の絵に、この和歌を添え書きして

    1月2日に枕の下に入れて眠ると良い初夢を見ることが出来るといわれています。

    今度のお正月には

    コースターを枕の下に入れて眠ることにしましょう。

     

     


    コメント
    友人に嵐山吉兆に行った方がいてお話を聞いたことがありますがお料理もさることながら出てきた器も素晴らしかったとのことでした。
    一度はと願いますが叶わね夢になりそうです。
    • かれん
    • 2016/11/25 4:39 PM
    かれんさん、一度くらいは行ってみたいかも…と思ってました。話の種というか、ブログのネタになりました。
    初夢に良い夢が見られたら嬉しいです。
    • すずき
    • 2016/11/27 7:51 PM
    ちょっとご無沙汰させていただいてた間に、あらまあ、去年の大市さんの次は、嵐山の吉兆さん!行ったことないです。お料理、凄い綺麗で美味しそうで、さすが料亭のお料理と生唾ごっくんで見ています。白ご飯のおこげをお替りというのが好きやわぁ。でも九条ネギご飯と鴨というのも美味しそうですね。いつか行ってみたいです。
    • kazumizura
    • 2016/12/03 5:37 PM
    zuraさん、もちろん、私も行ったことありませんでした。前は何度か通ったことはありましたが、入ったのは始めてです。鴨が葱しょってやって来たら良かったのですが、残念ながら、地鶏の焼いたんでした。地鶏も美味しかったけど、そう言われると鴨にして欲しかったかも…。
    • すずき
    • 2016/12/03 9:04 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      すずき
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      Kazumi Zura
    • 2020 「祇園祭」
      すずき
    • 2020 「祇園祭」
      かれん
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      すずき
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      かれん
    • フクナガさんの工場直売所
      すずき
    • フクナガさんの工場直売所
      かれん
    • 散歩と「おやつ」
      すずき
    • 散歩と「おやつ」
      すずき

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode