袋物のお稽古「帛紗入れ」

0
    3月の第1木曜日でしたので
    袋物のお稽古に出掛けて来ました。


    今月、作りますのは「帛紗入れ」です。
    古帛紗や点前袱紗を小さくたたまずに収納できます。



    まず、表地と裏地を同寸用意します。
    縦 19cm 横 33cm
    (縫い代1cmを含む)

    型紙



    表地が薄いようなら、芯を貼ります。



    ポケット口から縫い始めましょう。









    ひっくり返して
    裏地を控えて、縫い押さえます。









    表地が赤で裏地が薄いたまご色なので
    裏地側で縫い目が目立ちます。
    う〜ん、緊張します。










    帛紗を挟み込むポケット部分を中表側に挟み込みます。
    ポケットは7cmにしました。








    その続きで、
    端まで裏地を控えて マチバリで止めて









    端から端まで縫います。
    ポケットを挟み込んだ部分は ぶ厚いので気をつけましょう。









    ひっくり返しました。







    角をきっちりと出して、裏地を上下均等に控えてアイロンで押さえました。








    ひっくり返し口は、
    くけても良し、 ステッチを効かせて縫い止めるも良し。
    赤い縫い目が可愛く思えてきたので
    ステッチを効かせて縫い止めました。



    帛紗を入れて、折り返す位置で
    アイロンかければ



    出来上がり!!







    開けると、右端にステッチ効いてます。







    先月は、材料だけを持って帰って
    お家で縫ってきました。
    出来上がった「干支の古帛紗」を先生に見てもらって
    「帛紗入れ」に入れてみました。
    ええ感じです。




    お稽古中に 〜もう少し、しっかりしているとバッグに入れても安心やね。〜と
    話していました。
    先生が、厚紙入れると ええよ って教えて下さったので
    本日、家で ほどいて
    厚紙を入れました。

    ちょうど良い厚さの紙箱の蓋があったので
    切り抜いて、差し込み
    もう一度
    縫いました。







    画像だけでは 分かりませんが
    厚紙が入っています。
    お運びのお手伝いに入るときは
    綺麗な点前袱紗も これに入れて行くことにしましょう。

     

    コメント
    良い物を作るためには手間を惜しまないという姿勢は見習うべきものです。厚紙が入ってしっかりしましたね。
    縫い目に緊張ぶりが見えて、かわいいです。
    作ってみようと思う人には、たくさんの貴重なアドバイスが書いてあって有難いですね。
    • 山口
    • 2016/03/07 11:00 AM
    山口さん、実際のところこうして、写真を撮ってブログにしておくと自分の忘備録になるので、自分の為に書いているようなものですね。(笑)
    • すずき
    • 2016/03/07 11:45 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode