初!! すっぽんの「大市」

0
    京都で「すっぽん」といえば
    「大市」といわれる有名な老舗です。



    美味しいとも聞いていましたが
    なかなか、敷居が高くって行けないお店です。
    得意先の会で

    「大市」さんに行ってみたいなぁ とのお話が出て
    大市さんに行こうよ貯金金を積み立てることになったのです。

    毎月、積み立てまして・・・

    無事に満期を迎え
    「大市」さんへ行って参りました。

    創業が江戸時代、元禄年間という
    歴史を感じさせる素敵な店構えです。





    【大市】
    住所  : 京都市上京区下長者町通千本西入六番町371
    入店時間: 12:00〜13:00 17:00〜19:30
    定休日 : 火曜日
    http://www.suppon-daiichi.com/


    お店のホームページに書いてありますが
    伺うには 予約 が必要です。







    趣のある建物は天井が低く、靴を脱いでお部屋へ。
    絶対にお座敷で座布団と思ってましたら、
    意外や
    テーブルに椅子でした。

    お部屋に掛っていたお軸には 「文麿」とあります。
    近衛文麿筆「慶有」



    もう一つのお軸には「景文」とあります。
    松村景文は江戸時代後期に活躍した絵師です。

    iPhoneImage.png


    この、景文のお軸の向かいの壁には扇面の絵が掛かっています。
    扇の絵には「景祥」とあり
    今尾景年の養嗣子の今尾景祥の絵のようです。

    景年という号は
    入門した師である絵師の鈴木百年の「年」と
    敬愛した松村景文の「文」からとったものだそうから
    向かい合わせに飾られている絵が景年の養嗣子・景祥ものだったことは、偶然とは思えません。
    深いなぁ。






    こちらは、坪庭。



    そして、井戸。
    iPhoneImage.png


    思いは江戸時代にまで飛び、
    お料理を待つ間も楽しませていただきました。




    さて、本題のお料理です。


    「大市」さんのお料理は ○鍋コースのみ。
    料金は お1人 税・サービス料込 24,000円きなり。






    テーブルに「大市」さんのお名前が入ったタオルがかかっておりました。
    お膝に掛けて使ったあとは
    お持ち帰りできます。





    メニューは ○鍋コースのみですが
    もちろん、お飲み物は 日本酒、ビールなど取り揃えてられます。




    まず、先付が運ばれてきました。
    「すっぽんの肉のしぐれ煮」

    とろっとした部位、
    ぷりぷりとした部位、
    癖もなくて美味しいです。
    鶏のようで鶏でなく美味しい。
    生姜がきいています。




    1回目の ○鍋
    ぐらぐらと煮たっています。

    信楽焼の特別注文の土鍋で
    コークスを使って 約2000度という高温で調理されます。
    お鍋の具は すっぽん だけです。
    お野菜などは なんにも無し。



    中居さんが
    最初にスープを取り分けて下さいます。
    熱々。

    なんだか、とっても美味しい〜



    中居さんが肉も取り分けて下さいます。

    とにかく、肉も美味しい。




    5人のテーブルでいただきましたが
    なんと!!

    鍋に 3切残ってます。

    中居さんが「残りはご自由にお分けくださいませ。」ですって
    え〜、どうしよう。
    お隣のテーブルでは人数分を きっちりと分けられて
    お鍋は空っぽです。

    5人で3切れを自由に分けろと言われても困ります。
    お1人が、じゃんけんで決めましょうとの声に
    大人が5人で真剣に じゃんけん勝負です。
    最初はぐ〜
    やりました!!勝ちました。




    などと、盛り上がって食べていると
    2回目の ○鍋が運ばれてきました。




    いや〜、ほんまに美味しいです。


    ここで、追加を聞かれました。
    積立た満期の予算もございますし
    お料理の追加 お1人分 9,720円はお断りしました。


    そして、雑炊が運ばれてきました。
    すっぽんのスープに負けないように地鶏の卵を使われているそうです。
    黄味が濃い色しています。

    卵を潰すか、そのまま、にするか聞かれます。
    全員一致で かき混ぜていただきました。




    雑炊と香の物(千枚漬け、水菜)






    雑炊の中には丸餅が1つ入ってました。
    濃厚な感じで 雑炊というよりは おじや のような感じもします。
    スープが美味しいんですから
    この雑炊も絶品です。






    お鍋が空っぽになるまで
    食べつくしました。



    デザートは
    でっかい 紅マドンナ。
    ほんまに、大きいです。3Lとかいうサイズでしょうね。

    ジューシーでトロリとした食感。
    この、切り落とさはった端っこは
    どうしはったんでしょう。
    端っこも食べたくなる美味しいさでした。

    iPhoneImage.png



    「大市」さんに行こうよ貯金に誘っていただき ありがとうございました。
    積立たかいありましたよ。
    ご馳走さんでした。



     

    コメント
    あの「美味しんぼ」にも出てきた大一さんに行かれたんですか~羨ましいかぎりです。スッポン料理もさることながら、超高温に耐え、更に鍋にスッポンが染み込んでるとも紹介されてました。写真見て○鍋を食べた気分で、千枚切り漬け丼の夕飯を頂きます(笑)
    • エアロ
    • 2015/12/12 6:47 PM
    食べずらい?癖がある?といろいろ考えていましたが、この記事を見たら早速食べたくなりました。
    絵画にも造詣があり、食べ残りをも勝ち取り、そしてデザートの切れ端まで気が走る鈴木さんは、やはり、究極の食いしん坊でした。
    • 山口
    • 2015/12/12 8:10 PM
    エアロさん、ほんとうに、火から下ろしているのに ぐらぐらと煮立ったままの鍋が運ばれてきました。店構えだけでなく、このお値段なので敷居が高くなっちゃいます。
    コストパフォーマンスとお味では千枚漬の切り漬けも負けてはいないと思うのです。
    • すずき
    • 2015/12/13 12:01 AM
    山口さん、たいがい好嫌いのない私ですから何でも食べちゃいます。でも、他所でいただいた ○鍋は ちょっと癖があったかもです。
    江戸時代の絵師というと凄いなぁと思いますが、松村景文が生まれる前から大市さんはあったんですよね。
    • すずき
    • 2015/12/13 12:12 AM
    おお、大市さん!大昔、すっぽんよりもすき焼きの方がええなあ〜という年頃、お金持ちのお友達に連れて行ってもらいました。多分バブルの終わり頃・・・・。
    すっぽん鍋は潔くすっぽんしか入っていませんでした。
    お味はもう覚えていませんが、翌日スキーに行って疲れ知らずでガンガン滑ったので、すっぽんの力は偉大やなあ、と思ったのを覚えています。
    食べた当時は、お料理よりも家屋に興味津々でした。
    味のわかる(?)オトナになった今、行って見たいですが、お高いですね!!
    • kazumizura
    • 2015/12/13 5:10 PM
    さすが、zuraさん!すでに大市を経験済みですね。
    バブルの頃…、若い頃なら、すっぽん効果が すぐに表れたんでしょうね。すっぽんは美味しかったですが、特に何も効果は感じられませんでした。残念。
    • すずき
    • 2015/12/14 7:43 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      すずき
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      Kazumi Zura
    • 2020 「祇園祭」
      すずき
    • 2020 「祇園祭」
      かれん
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      すずき
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      かれん
    • フクナガさんの工場直売所
      すずき
    • フクナガさんの工場直売所
      かれん
    • 散歩と「おやつ」
      すずき
    • 散歩と「おやつ」
      すずき

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode