井上雄彦氏作 屏風 「親鸞」

0
    今年は
    「親鸞聖人750回御遠忌」です。



    東本願寺 
    西本願寺  どちらへも
    多くの方がお参りされています。



    東本願寺さんでは御遠忌を記念して
    漫画家の井上雄彦さんに 
    屏風 「親鸞」を依頼されました。




    井上雄彦さんと言えば、

    バスケット部のバイブル  「スラムダンク」。

    RIMG0604.JPG

    累計発行部数 1億1700万部を越える
    ジャンプ黄金期を築いた作品です。


    そして現在連載中の
    武蔵を主人公にした     「バガボンド」(漂白者)
    車椅子バスケの       「リアル」       があります。



    「親鸞」を描くことになったのは
    「バガボンド」が評価されてのことでしょう。




    東本願寺のHPで
    屏風の一般公開の情報を確認して出掛けました。



    RIMG0579.JPG




    東本願寺
    京都市下京区烏丸通七条上る


    屏風「親鸞」第2次一般公開
    4月29日〜5月18日
    9:00〜16:00(整理券配布 8:50〜15:45)
    入場無料





    こちら 御影堂門(みかげどうもん)の下で
    整理券をいただきます。

    11時ごろに着きましたが、
    どなたも並ばれていませんでした。
    「今なら、空いていますよ。」と受付の方が言われてました。


    RIMG0578.JPG






    こちらが 屏風が公開されている 「大寝殿(おおしんでん)」です。



    RIMG0572.JPG



    入ってすぐの部屋で
    メイキングのDVDが流れていました。


    RIMG0574.JPG







    ここから先は撮影禁止です。



    拝観料も払わず
    門徒でもない私が
    大寝殿の中を見る事ができるとはラッキーです。


    大寝殿上段の間には
    竹内栖鳳の障壁画「古柳眠鷺図」「薯色群雀図」があり
    見に来て良かったと思わせます。



    そして
    井上雄彦氏作 屏風「親鸞」です。
    六曲一双
    縦2.1メートル横5.8メートル。






    こちらは記念に買った絵葉書の中央を撮ったものです。
    ちなみに
    収益金は全て被災者支援のため寄付されます。




    右隻
    RIMG0609.JPG



    左隻
    RIMG0611.JPG




    とにかく 実際に見に行ってみて欲しいです。
    良く描かれています。


    ただやはり
    漫画的なので好き嫌いがあると思います。


    50年後 100年後に
    この屏風は どのような評価をされているのか知りたいなと思いました。






    このあと
    瓦の葺き替えが終わって
    屋根の美しい「御影堂」を参拝しました。


    RIMG0577.JPG


    RIMG0576.JPG






    門徒の方 観光客の方 井上雄彦さんのファンだなという方 など
    多くの方が 参拝されていました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode