袋物のお稽古 「大の大津袋」

0

    アップするのが遅くなりましたが、
    3月の袋物のお稽古に行ってきました。
    今月は 「大の大津袋」を作りました。


    普通の「大津袋」は お棗を入れてお濃茶のお点前で使います。
    以前に作っていて、
    ブログはこちら


    「大の大津袋」というのは、
    「御所籠」に茶道具をしくんで「色紙点」というお点前をするときに
    お茶碗を入れるのに使います。





    紫色の縮緬で作りました。
    生地のバイアスに型紙をとります。


    RIMG1301.JPG





    表分2枚 裏分2枚とります。
    この形Docomo108
    普通の「大津袋」と違います。
    あやしい…



    そうです。
    底を縫い付けるんです。
    ひと手間、よけいにかかります。
    大きいだけに、縫う道中が長いのに底も付けるんです。
    時間がかかりそうです。







    まずは、ダーツを縫います。


    RIMG1302.JPG





    ダーツを縫ったら、
    縫代を割って
    しつけ糸で止めておきます。


    RIMG1303.JPG




    ここまでは、表も裏も同じように出来あがり線で縫ってあります。
    きれいに縫えている方を表にします。
    表裏を決めたら、
    脇を縫いましょう。
    表は底は出来あがり線から始めて、
    出来あがり線より1ミリ外側を、
    開きどまりは 出来上がり線よりも3ミリ上まで縫います。


    表も裏も良く似ていて、縫いあがると
    どちらがどちらか わからなくなるので
    しつけ糸で印をつけておきましょう。




    RIMG1304.JPG




    底には
    生地と台紙を用意します。
    縫代は2ミリ、
    台紙に生地を貼っておきます。


    RIMG1306.JPG



    底を2本どり、返し縫で
    しっかりと縫いつけていきます。
    縮緬で生地が伸縮性があるので、
    切り込みを入れなくても 縫いやすいです。

    ただ あんまり、引っ張り過ぎると出来上がりが
    不細工になるので要注意です。

    RIMG1307.JPG



    底がついたら、
    一回り小さい台紙を挟んで、底どうしを貼り付けます。
    左側の結び手の部分に
    しつけ糸の印がついている方が表です。


    RIMG1308.JPG


    あとは、中表に縫って、ひっくり返すだけです。
    縮緬は生地が分厚いので
    結ぶ手の部分が、ごろんとなりやすいので気をつけねばなりません。


    と…
    ここまでしたら、
    終了時間となりました。
    続きは、来月です。

     


    コメント
    初めてお邪魔します。
    ひょんなことから、大の大津袋を作ることになりました。色々と試行錯誤しながら作っていたのですが、どうしてもわからず、探していたらこちらにたどり着きました。
    こちらのブログを拝見したのですが、どうしてもわからない部分がありますので、どうぞ教えてください。

    最後から2枚目の画像の部分、どのようにして底に張り付けているのでしょうか。
    この部分がわからないので、最後の画像の部分もわかりません。
    まことに勝手で不躾な質問で申し訳ないのですが、よろしくお願いします。
    • 一春
    • 2014/10/12 11:40 PM
    始めまして、一春さん。大津袋を作られているんですね。なかなか、作り方を文章で説明するのは難しいですが書いてみますね。

    お棗の寸法を測って、底と胴の型紙を作られていると思います。胴部分はダーツと脇を縫います。底は和紙に貼り付けて、縫い代分を2于辰┐得擇辰討きます。そして胴の下の部分を底に2本取りでしっかりと返し縫で縫い付けます。
    底付けの途中を写真に撮ってアップしてあるので「建水のお仕覆」http://kyoto-suzuki.jugem.jp/?eid=339を参考にして下さい。
    表と裏、どちらも底を縫い付けてから、実寸より少し小さめの和紙を間に挟み込んで、表と裏の底を貼り付けます。底同士を貼り付けた写真が、最後の画像です。
    そして、中側を表にして、ひっくり返す部分を残して、口部分を縫い合わせます。あとは、ひっくり返して、返し口を縫って出来上がりです。

    さて、こんな説明で作り方をわかっていただけたでしょうか…。いつも、底付けには手こずります。
    上手く出来上がると良いですね。
    • すずき
    • 2014/10/13 9:27 PM
    ご回答、ありがとうございました。
    孤軍奮闘の結果、何とか出来上がりました。
    まずは試作ということで、木綿生地で作ったのですが、縫ったり解いたり、何度も繰り返しながら、形になりました。次は、ちりめんで縫ってみます。ありがとうございました。
    • 一春
    • 2014/10/14 6:51 AM
    試作品完成、おめでとうございます。
    こんな説明でも、少しはお役にたてたでしょうか。試行錯誤しながら作ると、大変ですが、じぶんの身に付きまよね。
    縮緬の生地は縫いにくいですが、頑張って下さいませ。
    • すずき
    • 2014/10/14 8:30 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode