「くるみボタン」を作ってみました。

0

    「トートバッグ」につけるボタンをどうしようかと
    袋物教室で話していると

    『100円ショップダイソーに 「くるみボタンキット」が売ってるんやけど、
     とっても上手に作れるんよ!!』と一緒に習っている方が教えてくれはりました。


    先生も、『105円で上手に出来るって良いね。』と言われてました。
    そんなに上手に作れるなら、
    ダイソーに行ってみるしかありません。





    ってことで、
    ダイソーに出掛けると売っていました。
    「くるみボタンキット」と「くるみボタン補充用」があり、
    大きさも何種類かあるようです。
    一番大きな 38ミリが気になりましたが
    店頭にあったのは補充用だけでしたので、
    27ミリのキットを購入しました。


    こちらが購入したキットです。

    RIMG0017.JPG




    105円で ボタンが12個作れるなんて!!
    お安いじゃないですか。



    中に入っていたのは
    ボタンのキットパーツ2種類、型紙、打ち具台、打ち具です。
    型紙は厚紙でできているので
    生地にのせて くるっと鉛筆を走らせると簡単に型がとれました。


    RIMG0019.JPG



    打ち台に生地をのせて、
    その上に ボタンキットのパーツをのせます。

    RIMG0020.JPG





    打ち具台を反対から見たら、 こんな感じです。
    模様の出具合も わかりますね。


    RIMG0021.JPG




    生地の端をボタンの中央に寄せて
    糸を通す穴のあるほうのパーツをのせます。
    模様と糸を通す穴の角度も考えると、模様が上手く出ます。


    これがちょっと、難しかったです。



    RIMG0023.JPG




    角度の調節が出来れば
    打ち具で しっかりと打ち込みます。


    RIMG0022.JPG




    ボタンが出来ました!!


    RIMG0024.JPG







    なるほど、簡単に出来ますね。
    さあ、
    「トートバッグ」に取り付けましょう。



    RIMG0025.JPG



    けっこう、 ええ感じです。
    自己満足かな…。


    RIMG0026.JPG





    先生の助言では
    汚れ防止のためにも、防水スプレーをかけておくと良いよとのことでした。

    雨が降っても安心やし、しっかりと広い面に かけておきますと言ったら、
    汚れ防止という点では
    持ち手にしっかりとスプレーするのが大切だと教えていただきました。
    確かに!!
    人の手って汚れてますもんね。

    ひとつ 賢くなりました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode