祇園祭限定 プチグルメ  2013 「出し巻」

0

    今年も祇園祭の 
    宵々々山(14日)・宵々山(15日)・宵山(16日) と屋台が出て盛り上がる日になりました。



    連休と重なって
    ものすごい人出が予想されています。


    しかも、13日と14日は 夕立が降って気温は下がるものの
    雨に降られる人が続出です。
    昔から
    夕立三日と言いますから、本日もお天気のほうが心配です。





    昨夜の宵々々山に 少し歩きに行ってきました。


    お目当ては
    錦通を西洞院通を少し東に入った
    「井傳」さんという 料理屋さんの前です。



    P7140285.JPG




    こちらでは
    京都の料理屋の 若旦那さんの会である「京都料理芽生会」さんが
    「鰻丼」「出し巻」「焼き鳥」などを提供してくださいます。
    もちろん、
    京料理屋さんの若旦那さんが作るんですから お味は間違いないです!!



    赤い提灯に それぞれのお店のお名前が入っています。
    もちろん「井傳」さんの提灯もありますね。


    P7140291.JPG



    手つきも鮮やかです。



    P7140289.JPG




    ただ…
    毎年、長い行列ができるので
    並ぶ覚悟でないと食べられません。


    P7140287.JPG





    順番が、後2組となった時に
    「申し訳ありません。 卵がなくなりました。
     こちらに卵が到着するまで 10分くらいお待ちくださいませ。」とアナウンスが。




    ちょっと余計に並ぶことになりましたが、
    25分並んだくらいに 出来立てを頂戴しました。




    「焼き鳥」 1本 300円

    かしわのお肉もしっかり噛みごたえあります。
    お葱も美味しい!

    P7140294.JPG




    「出し巻」
    一つ 500円



    さすが!!
    お料理屋さんのお味! 形も綺麗!! しかも熱々!!

    P7140295.JPG





    「鰻丼 小」  700円に
    「出し巻」   500円をのせてもらって  1200円



    焼きたての香ばしい鰻と お出汁のきいた卵が
    絶妙のバランスです。
    この鰻高騰のおり、 1200円はお得感あります。

    P7140296.JPG




    ぜひ、お料理屋さんの美味しさを味わってみてください。


    ご馳走さんでした。


    コメント
    15日に京都に入って、うなぎも頭にあったはずなのに、八坂神社から鍵善で甘露竹を買い、四条烏丸迄来て、黒主山の食べる粽を買った時点で、疲れと人の多さで、諦めて帰りました。来年こそは食べたいものです。長刀鉾の授与品も売り切れで、ダブルショック。時間は18時過ぎでしたけど。

    • エアロ
    • 2013/07/18 5:25 PM
    青竹に入った水羊羹、美味しいですね。私のお気に入りは二條若狭屋さんのです。甘くないものでは、鰻と出し巻の他に近くには 「しみだれ豚まん」なんかもあるので、ぜひ、お試しくださいませ。
    • すずき
    • 2013/07/18 8:07 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode