なるほど、 「パールトン加工」。

0

    「前掛け」のご紹介に続いては 商品の お話です。
    以前に、
    ご紹介していました 帯地で作ったバッグ関連です。



    着物に持っていただきたいと バッグを作り、
    実際にスタッフで 使い心地を確かめたりしています。



    雨が降ったら
    着物や帯には雨コートを着ますし、
    草履には 雨用草履や草履カバーを使います。
    でも、バッグって そのまま使いますよね。


    こちらの 薄い色のバッグなど
    着物には合わせやすそうですが、汚れが気になりそうですよね。


    RIMG0333.JPG





    という訳で、
    「パールトン加工」をすることに。
    出来上がってから、バッグごと「パールトン加工」してもらいました。
    生地でなく、立体的なものでも加工することができるんですね。

    RIMG0332.JPG


    加工のあとも、見た目は同じです。
    「パールトン加工」のタグが付いている違いだけです。



    繊維1本1本の深部まで加工を浸透させることで
    高い撥水効果が発揮されるのだとか。
    水を弾く写真を見たことはありますが、実際に本当なのか



    疑り深い私たちは実験してみることにしました。
    水を ぽっとと落としてみると…

    RIMG0323.JPG




    水を弾いています!!
    水滴が丸く生地の上にのって 転がっていきます。
    浸み込んでいくことはありませんでした。



    しかも、年数回の使用であれば
    その効果は半永久的だそうです。
    恐るべし 「パールトン加工」、当たり前とはいえ感心しました。








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode