帯地で 「利休バッグ」

0

    鈴木さんのブログは
    美味しいもんの話題が多いし楽しいわ ♪ などと声を掛けていただきます。


    本当にありがとうございます。







    でも、職文意匠鈴木の 宣伝もかねてブログを書いているのに
    美味しいもんが多くって 良いんでしょうか…。

    だって、食いしん坊なんですから 仕方ないです。




    では、久しぶりに商品をご紹介しましょう。


    きもの姿で 出掛ける時に
    どんなバッグを 持とうかなっと悩むときがありますね。



    ホテルでのパーティなどなら クロークに預けることが出来ますが、
    お茶会、観劇など
    けっこう荷物が多くって困るときがあります。



    少し大きめの 「利休バッグ」はどうでしょう。
    左右の持ち手の部分に アオリポケットがあって便利です。





    織文意匠鈴木の 帯地を使って
    「利休バッグ」 
    横幅31.5センチ 高さ 17.0センチ(持ち手は含まない) 厚さ 10.5センチを お誂えしました。

    「有職七宝文」の薄すみ色です。
    華やかな雰囲気に仕上がりました。

    RIMG2737.JPG





    ファスナーが付いているので、中身は見えません。

    RIMG2739.JPG




    「松菱花文」の 濃い小豆色です。

    RIMG2741.JPG



    濃い小豆色が シックな感じです。


    RIMG2742.JPG



    アオリポケット以外に
    内側にも ポケットが付いています。

    RIMG2740.JPG





    どちらも、素敵に仕上がりました。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode