台風過ぎて、「こぼれ萩」。

0

    台風17号が日本列島を
    南から北へと北上して行きました。


    京都では30日の午前中から風が強くなり、
    昼から夜にかけて雨が降っていました。

    「中秋の名月」だった昨夜は
    京都の彼方此方で 観月の催しが予定されていましたが、
    お月さんを見ることは出来ませんでしたよね。




    名月についてUPしたかったのに…。




    ということで、
    今朝は台風が過ぎた後で 落ち葉が多かったご報告しか出来ません。


    RIMG2681.JPG



    皆さん、早起きして落ち葉の掃除をされていました。




    近くの公園に咲いていた萩も
    ずいぶんと散ってしまいました。


    地面に花びらがこぼれています。



    草冠に秋と書いて 「萩」。
    萩の花が散るときには 「こぼれる」と使います。




    「萩の花が咲きこぼれる」と書いてあれば、満開の様子を表し。
    「萩の花がこぼれる」なら、散る様子を表すなんて、日本語は難しいです。




    RIMG2683.JPG






    そして、自宅の玄関に落ちていた1枚の葉っぱをご紹介しましょう。
    枯れた部分、
    紅葉した部分、
    緑の部分のある 美しい葉っぱです。




    RIMG2679.JPG




    自然って不思議で美しいです。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode