「夏の数奇屋袋」 いろいろ

0
    京都は
    昨日も今日も 夏日です。
    ついこの間まで、寒かったように思うのに
    今度は暑さの心配をしているなんて、不思議ですね。



    このごろでは、
    着物も 5月になると お単衣を着られる方が多くなりました。

    見た目で涼しさを演出するのも 和服の楽しみの一つですね。




    昨年の7月に 袋物のお稽古で作った

    「紗の数奇屋袋」が 涼しげで好評でしたので、



    単用の帯地を利用して

    「夏用の数奇屋袋」を作ってみました。





    シャリ感のある 水衣地の生地です。




    笹蔓文様。
    ピンク、ブルー、グリーン。

    RIMG2207.JPG






    こちらも 笹蔓文様ですが、
    文様の大きさを 大きくしました。

    ずいぶん雰囲気が 違いますよね。

    RIMG2209.JPG





    市松牡丹唐草。
    シックな感じになりました。

    RIMG2210.JPG







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode