彼岸の入り 大徳寺僧堂 2020 秋

0

    4連休の最初の日が彼岸の入りでした。

     

    大徳寺さんの僧堂へ出掛けて来ました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    秋晴れ、日陰は爽やかな風が吹いていました。

     

     


     

     

     

    秋は表千家さんのお手伝いで僧堂のお茶席でお茶がいただけます。

    コロナ禍で月釜などが中止になっておりますので

    久しぶりのお茶席です。
    いつもなら、障子が閉まっていてお席は薄暗いのですが

    換気のために開け放たれて

    明るいお席です。


     

    入口の戸は開いておりましたが

    換気のためですから

    前席の方が出て来られるまで待合で待ちます。

     

     

    待合のお軸

    「火裡汲清泉」

     

    禅語

    雨中看杲日(うちゅうにこうじつをみる)
    火裏酌清泉(かりにせいせんをくむ)

     

    雨の中に太陽をみる 燃える火の中に清らかな水をくむ

     

     

    コロナ禍の中、清い爽やかな心で過ごせればなぁと
    お軸を観ながら いろいろと思いがめぐりました。

     

     

     

     

     

    待合には消毒液、マスク着用でお席入、
    一畳に2人で、お菓子はそれぞれ銘々皿で、お茶は点て出しでと

    配慮のされたお席でした。


    お点前でお茶のいただけるお席に戻るのはいつになるんでしょう。

     

     

     


    関連する記事
    コメント
    連休は京都も賑わっていたようですね。
    まだお茶会お茶事は普通通りに開催出来ないと
    思いますがやっと来月名残のお茶事に行くことが
    出来そうです。
    • かれん
    • 2020/09/25 8:16 PM
    かれんさん、コロナウイルスは確かに怖いですが気を付けてお茶を楽しめると良いですね。
    朝晩涼しくなってきまして、マスクを着用でも暑くなくなってきて嬉しいです。
    • すずき
    • 2020/09/28 3:47 PM
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode