「国宝曜変天目と破草鞋」in MIHO MUSEUM

0

    長いお休みでしたので

    仕事が始まり なんだか とってもバタバタとしております。

     

    ところで、

    大徳寺さんのお隣で働いていますが
    龍光院さんの曜変天目は見たことがありません。
    2年前の東京国立博物館「茶の湯」へ行けなかった私ですが
    今回のMIHOミュージアム「国宝曜変天目と破草鞋」には行っとかねばと思っていました。
    ゴールデンウィーク中に行けました。

     

    朝1番に行った方が

    2時間待ちやったわ・・・ と言われてました。

    信楽の方に午後3時過ぎが空いてるみたいよと教えていただいたので

    3時ごろに着くように車で出掛けました。

     

    ところが、なんと

    名神高速上りが草津ジャンクションから京都南まで渋滞中です。

    仕方ないので下の道から伺いました。

    山中越えから湖岸道路、そして瀬田から県道16号から12号を抜けました。

    スムーズに行けて良かったです。





    【MIHO MUSEUM】

    住所  : 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300

    開館時間: 10:00〜17:00

    休館日 : 開館期間中の月曜日(祝日の場合は翌平日)

    http://www.miho.or.jp/

     

     

    「大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋」

    2019年3月21日〜5月19日

     

    「破草鞋」とは破れた草鞋(わらじ)を表わす言葉で

    転じて、自ら学んだ法や修めた道をちらつかせることなく

    人知れず平凡に生きていく禅の教えだそうです。



     

     

    教えていただいた午後3時は うまい具合に空いていました。

    ほぼ、待ち時間ゼロで10人で1分間「曜変天目」を観ることが出来ました。

    国宝の「曜変天目」はもちろん

    龍光院さんのものは滅多とお目にかかれないのですから

    ゆっくりと観せていただきました。

     

     

     

    また、南館で催されているMIHOコレクション「永遠の至福を求めて」のほうに

    ミホミュージアムが所蔵されている曜変天目が展示されています。

    これも観ておくのを忘れないようにです。

     

     

    駐車場から美術館までは徒歩になりました。

    もちろん、桜は散った後でしたが

    石楠花が咲いていました。


     

     

    帰り際、九州からの観光バスが5台も入って来ました。

    渋滞で到着が遅くなったのかも知れません。

    開館時間も18時までと1時間延長されてました。

     

     

    私達は帰りには渋滞もなくスムーズに帰れました。

    ほっ。


    コメント
    おはようございます😃
    ミホミュージアムに行かれたのですね。
    いろいろ悩んだ結果やっぱり断念しました。
    ブルータスを買いまして三碗眺めています。
    いつかご縁があったらお目にかかれるかしら
    • かれん
    • 2019/05/10 6:05 AM
    かれんさん、私は稲葉天目を拝見したことがないので観たいと思っております。なるほど、ブルータスなら三碗同時に眺められますね。さっそく、本屋さんへGOです。
    • すずき
    • 2019/05/10 1:41 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode