袋物のお稽古 「大の大津袋」

0

    4月だというのに、3月の袋物のお稽古をUP出来てなかった私です。

    3月の袋物のお稽古は「大の大津袋」を作りました。
    「大の大津袋」は「相生袋」とも呼ばれます。

    茶碗を入れる袋で、

    2014年のお稽古でも1回 作っています。


    縮緬の裂地に きっちりと型紙を並べて裂地を裁ちました。

    茶碗が入る大きさですから

    縫う距離が長〜くて大変。

    みなさん、無言でチクチクと縫いました。

    ということで写真はありません。

    お稽古中に底を付けるところまで出来ましたので

    手の所を縫って引っくり返すのは 宿題となりました。

    さて、家で縫う作業です。

    中表にして縫いますが裏と表の底が引っ付いているので

    中表にしにくいので気をつけて待ち針を打ちます。

    iPhoneImage.png

    そして、裏から表に引っくり返せるように口を開けておきます。

    底が大きいので大きめに口を開けておくのを忘れないようにします。

    縫えれば

    手の先は尖っていますので縫い代を切って

    iPhoneImage.png

    手先の縫い代を1回、2回と少しづつ畳んで気をつけて引っくり返します。

    最後の仕上げは

    先生に見てもらいながらにしたいと思います。

    この宿題を期日が近づいて来ないと取り掛かれませんでした。

    困ったもんです。

    実は、この「大の大津袋」は3月4月の2か月で縫うことになっています。

    でも、先生が 

    「蛤を御物袋 に入れて2つ並べると お雛様になるんよ。

    来月までに仕上げといて縫うてみたら、来月は材料揃えてきよしや。」と声をかけてくれはりました。

    う〜ん、縫えるかなぁ・・・。

    材料が揃えられるかなぁ・・・。

    せっせと、緒を組んで

    つがり糸を撚って準備しております。


    そうそう、蛤を食べて貝殻の準備もしとかねば。

    ちょうど ええくらいの大きさの蛤がみつからなくって困っております。

    <


    コメント
    御物袋のお雛様楽しみですね&#128149;
    • かれん
    • 2019/04/04 9:38 PM
    かれんさん、いびつな蛤ですが出来上がると可愛いもんです。何とかお雛様に見えるように出来たかなぁ。
    • すずき
    • 2019/04/09 11:02 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 彼岸の入り 大徳寺僧堂 2020 秋
      かれん
    • 「法螺貝餅」
      すずき
    • 「法螺貝餅」
      篠崎正太
    • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
      すずき
    • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
      かれん
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      すずき
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      Kazumi Zura
    • 2020 「祇園祭」
      すずき
    • 2020 「祇園祭」
      かれん
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      すずき

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode