袋物のお稽古「大海茶入の仕覆」

0

    賀茂川の桜の葉が紅葉してきました。

    落ち葉も増えてきましたよ。





    西岸は少し黄色に





    さて、袋物のお稽古は10・11月の2回で
    「大海茶入の仕覆」を仕上げました。

    10月は裏地を仮縫いして先生にチェックしていただき
    型紙を直すところまででした。

     

    そのあと、お菓子作りへと抜けまして

    残りは宿題に。
    家で裏地も表地も縫って底付けもして
    綿入れ出来るようにして11月のお稽古に。



    綿入れして、太めの綿糸で仮に絞って
    茶入に着せて確認です。



     

    残念ながら ちょっと弾けて茶入が見えてます。

    がっかり。

    気を取り直して
    少しづつ裂地を出して調節しました。


    出来上がりは こちらです。






    先生に 誤魔化すの上手くなったねとお褒めの言葉をいただきました。
    一度で ぴったり合えば上達を感じるのですが
    誤魔化すのが上手くなるのでは
    あかん のでは・・・。

     

    でも、誤魔化すのでも褒めてもらうと嬉しいもんです。

     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 彼岸の入り 大徳寺僧堂 2020 秋
      かれん
    • 「法螺貝餅」
      すずき
    • 「法螺貝餅」
      篠崎正太
    • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
      すずき
    • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
      かれん
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      すずき
    • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
      Kazumi Zura
    • 2020 「祇園祭」
      すずき
    • 2020 「祇園祭」
      かれん
    • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
      すずき

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode