「萩まつり」 茶席 in 梨木神社

0

    梨木神社さんの「萩まつり」に行って来ました。




    【梨木神社】

    住所  : 京都市上京区寺町通広小路上る

    http://nashinoki.jp/

    紅い萩の花に

    白い萩の花 たくさん咲いています。

    iPhoneImage.png

    本殿をお参りしてお目当てのお茶席へ。

    拝服券 800円

    今年、お茶席が設けられたのは9月17、22、23、24日の4日間です。

    私は最後の日、24日のチャネル宗榮先生のお席に伺いました。

    着いたのが10時30分ごろ

    15分ほど待ってお席に入れました。






    亭主のランディー チャネル 宗榮先生はカナダ人で茶道裏千家の先生です。

    三条商店街に「らん布袋」というカフェをされていて、

    世界中に茶の湯の魅力を発信されています。

    参道から見たお茶室です。

    外国の方お2人を含む9名でお席入りしました。

    こちらの「萩まつり」のお席はお茶のことを知らなくても楽しめるなお席で

    懐紙も用意されていて、観光客の方や何方でも気軽に参加できる雰囲気が大好きです。

    それでいてお道具も素敵なものが多くって ええですよ。

    ランディー先生はお稽古になるからと半東さんも若い方に任されていました。

    そして、最後には自分でお道具の説明などをされました。

    外国の方には英語で説明されてまして、

    お席入りの時も障子を少し開けて英語で

    〜リラックスして、正座じゃなくって大丈夫ですよ〜と声を掛けてられました。

    軸   雲無心 坐忘斎

    花入  黒竹四方籠 宗全籠

    花  秋の七草

    香合  布袋蒔絵

    秋の七草の覚え方を教えていただきました。

    「お好きな服は」

    お 女郎花

    す 芒

    き 桔梗

    な 撫子

    ふ 藤袴

    く 葛

    は 萩

    iPhoneImage.png

    主茶碗は黄交趾 秋草の茶碗。

    次客に座った私のお茶碗はなんと!奥田木白作 赤膚焼で布袋さんの絵が描いてありました。

    とても渋くって ええ色です。

    チャネル宗榮先生が私の宝物ですとおっしゃっててラッキーでした。

    建水  七宝焼き

    棗  布袋蒔絵の大平棗

    茶杓 坐忘斎家元作 銘は露

    「萩まつり」のお席では 萩の露 と言わせてもらっていますとのことでした。

    菓子  観世井(かんぜい)

    薄茶  詰め らん布袋 銘 来福

    以前の先生は大変恰幅が良く「布袋」さんに似ていると言われてはったそうで

    お道具も自然と「布袋」さんのものが増えたそうです。

    カフェの名前にも「布袋」と付けられてます。

    でも、今は減量されたので

    もう「布袋」さんには見えへんでしょと言われてました。

    いや、今も「布袋」さんっていうイメージ

    親しみ深い感じがありますね。


    コメント
    おはようございます。
    裏千家では有名な先生ですね。
    梨木神社は萩の宮といわれるほどの名所と
    聞いています^_^
    伺ってみたいです。
    • かれん
    • 2018/09/28 7:51 AM
    かれんさん、ランディー先生は梨木神社でもお稽古されています。テレビなどに出演されてるので有名ですよね。「萩まつり」の期間は何人かの先生が釜を掛けてらっしゃるので機会があれば ぜひ、お出掛けください。
    • すずき
    • 2018/09/28 2:17 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode