夏用  「紗の数奇屋袋」

0
    今月の袋物のお稽古は
    夏にぴったり

    「紗の数奇屋袋」を作りました。



    「紗」
    生糸を絡み織りにした織物。
    軽くて薄いので、夏物に仕立てる。
    うすぎぬ。うすもの。紗織り。






    まず型紙を作って
    表地に芯を貼って 縫い代1.5cm付けて切る、

    裏地には和紙を貼って 2mm控えて
    縫い代は1cm付けて切ります。

    RIMG1458.JPG






    表地
    裏地 
    マグネットボタン
    スライサー0.6で蓋裏の芯地用と
    マグネットボタンの力布用に切って用意する。



    RIMG1459.JPG







    表と裏を
    それぞれ縫って仕上げる。


    RIMG1518.JPG






    表をひっくり返して
    表の中に裏を入れて しっかり張り合わせると


    出来上がりです。

    RIMG1520.JPG






    「紗」は
    しゃり感があって
    見た目も 涼しそうです。


    これからの7、8月に持つと いいですね。



    残りの裂地で
    古服紗も作ってみました。


    RIMG1521.JPG




    今日は 7月7日
    七夕さんですが
    一日中 雨です。

    厚い雨雲のその上で
    織姫と彦星が 会っているんでしょうね。

    コメント
    とても素敵な数奇屋袋ですね。
    探しているところで目に止まりました。
    譲って頂けませんか?
    • 畠 ひとみ
    • 2013/06/27 5:38 PM
    お目に留まったとは!!大変、嬉しいです。
    • すずき
    • 2013/06/27 7:33 PM
    メールにて、ご相談にのりたいと思います。
    • すずき
    • 2013/06/27 7:55 PM
    ありがとうございます。
    是非頂きたいですね。
    画像で頂けたらどれにするか決めます。
    グリーンのもいいですね。
    • 畠 ひとみ
    • 2013/06/27 8:04 PM
    わかりました。明日にでも、画像を添付してメールさせていただきます。
    • すずき
    • 2013/06/27 8:25 PM
    昨年より茶道に通い始めました。
    ゆくゆくは正絹で道具入れを作りたいと思っています。
    今は、練習で色々なサイトを参考に
    使いやすい形を勉強しています。
    検索していてこちらに辿りつきました。

    とっても夏らしい色合いでいいですね。
    勉強になります。

    過去記事へのコメント、失礼しました。
    つむぎさん、コメント ありがとうございます。コメントをいただくとブログを書く励みになり嬉しいです。
    この記事で作っているのはオーソドックスな数寄屋袋ですが、最近はいろいろな形があり楽しいです。素敵な袋物が出来ると良いですね。
    • すずき
    • 2018/02/19 11:27 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode