黒豆で「水無月」

0

    本日は6月30日、夏越大祓です。
    半年間、無事に過ごせたことに感謝します。
    また、残りの半年も
    どうか元気に過ごせますように。



    ということで、「水無月」を食べる日ですよ。
    久しぶりに作ってみようかなぁ・・・
    台所を見てみると
    小豆と思っていた袋が黒豆でした。





    う〜ん、どうしましょうか。
    買うのもなんだし、黒豆で「水無月」を作ってみましょう。




    1日前から、圧力鍋で黒豆を炊いておきました。






    本日の朝、蒸し器を出して作りました。

    本葛、白玉粉、薄力粉、三温糖 をボールに入れて混ぜます。

    もちろん、上白糖でもOKです。

    iPhoneImage.png



    材料が混ざったら
    少しづつ、水と混ぜて



    濾し器を通して型に流します。
    このとき、濾した液体を大匙2杯くらい他の容器に取っておきましょう。
    蒸し器で10分蒸します。




    10分たったら、黒豆の炊いたんを
    上に並べて
    先ほど、取っておいた液体大匙2杯をに水大匙1杯を加えたものを
    黒豆の上からまわしかけます。




    この後、さらに15分蒸しましょう。

    外野より
    〜黒豆のせ過ぎちゃうのん!〜との声が・・・
    そうなんです。

    「水無月」は いっぱい豆がのってたら ええなぁという願望がありまして
    自分で作るなら、下の水無月生地が見えないくらいに
    豆をのせてしまいたくなるんです。
    切る時に上手に切れずに困るんですけどね。

    粗熱をとってから、切り分けます。
    食べる前に、少し冷やしても美味しく食べられます。

    出来上がりは、こちら。
    「黒豆水無月」

    iPhoneImage.png

     

     

     

    ご馳走さんでした。

     

     

     


    袋物のお稽古「天目茶碗の仕覆」

    0
      6月の袋物のお稽古は7月と2回で
      「天目茶碗の仕覆」を作ります。


      2012年の4月にもお稽古で縫っています。
      その時のブログはこちら
      ちょっと、底付けが四角かったので
      今回こそは丸く仕上げたいと心に誓いお稽古を始めました。


      茶碗の寸法を測って
      型紙を作っていきます。
      これが基本になるので、きっちりと。
      先生がダーツは4つでも、6つでも・・・
      4つで大丈夫よと言われたので 
      4つで型紙をおこしました。





      まずは、裏地で。
      型紙通りに仕付け糸で印を付けて







      裏地を裁って縫い始めます。



      縫い始めると
      一生懸命になってしまうんです。
      ということで、写真を撮ってません。

      裏地が縫えたら、茶碗に着せて、合わせてみます。
      先生にOKもらって
      ホッと一息。

      底を付けて、表地も型紙で印を付けていきました。
      裏地の底を付けてから
      表地も縫っていきたい ところでしたが
      何だか底付けが四角になってるような 下げ

      心に誓ったのに どうしましょう。
      ダーツが4つの せいでしょうか。
      ダーツを6つにしたら、ちょっとでも円形に近づくのでしょうか。


      う〜ん、悩みます。
      夕方4時まで、一生懸命に縫ってまいりましたが
      悩んだまま来月へと持ち越しです。

      ダーツ6つで縫いなおしましょうか・・・。
      悩んでいたら、
      木曜日のお稽古から、ブログにあげるのが遅くなってしまいました。


      いちおう、今のところは 時間を作って
      型紙を作り直し 底を丸く付けて 7月に仕上げたいと思っています。

       

      ビーズの 「帯留」  sakura.cs*さん

      0
        ゴールデンウィーク中の手作りを
        もう一つ。
        ビーズで「帯留」を作りました。



        前から、作り方を教えて欲しいと頼まれていたので
        自分も作って、見てもらいながら
        一緒に作りました。



        以前のブログにあげています。
        材料は「sakura.cs*さん」で
        あれやこれやと悩みながら買いました。


        参考までに、1個作るのに かかった材料費は ざっと3,000円。
        それに、準備したビーズは けっこう余りました。


        iPhoneImage.png




        ビーズは転がってしまうので
        箱の蓋などを使って、転がらないようにします。
        Tピンや針金を捻じるのに 小さなペンチ、
        Tピンと針金を切るのに 切れ味の悪くなったハサミを用意しました。
        このハサミは針金専用にしています。



        台座にTピンか針金でビーズを留ていきます。


        iPhoneImage.png



        二本を台座の後ろで
        ねじねじと捻じって留めるんです。








        試行錯誤の末、完成。


        iPhoneImage.png



        教えてあげたスタッフが作ったのは
        こちら。


        iPhoneImage.png

        それぞれ、個性が出ますよね。


        単衣に合わせるなら
        夏の帯締で爽やかにでしょうかね。
        楽しみ。onpu03




        いつも、楽しくビーズの相談にのって下さる sakura.cs*さん
        ありがとうございます。
        材料を買ってから、作るのんが とっても遅くなっちゃいました。


        また、作りたいと思いますから
        よろしくお願いします。
         

        袋物のお稽古 「数寄屋袋」 2016

        0
          みなさん、ゴールデンウィークは
          いかがお過ごしですか。
          本日、お仕事の方も
          お休みの方もいらっしゃるでしょう。
          今年は  8日(日)までが ゴールデンウィーク だそうです。
          残りあと 2日、楽しんでくださいませ。

          袋物のお稽古はカレンダー通りでして
          昨日、「こどもの日」に行って来ました。

          作るのは「数寄屋袋」です。
          おかげさまで、いくつも作っておりますので
          作り方は 手が覚えておりました。
          型紙を写し取って
          順番に縫っていきました。

          順調に裏地も表地も縫えて、午前中で仕上がりそうと思ったら・・・Docomo108
          表裏を合わせて貼り合すだけなのに
          全く、二つが合いません。

          なんで!!

          先生に
          〜 これは中心が歪んでるねん。
            型紙を写す時に動いてしもたんちゃう。〜と言われてしまいました。

          先生、助けて!!

          ということで、先生と二人で
          誤魔化し方を検討中に
          恐ろしいことが発覚しました。
          なんと!!
          型紙が左右対称になっていません。
          そう、型紙が歪んでいたんです。

          〜 鈴木さんに濡れ衣着せてしもたなぁ。ごめんな。
            もっと、早よ気づかな あかんかったなぁ〜と言われました。


          お稽古で用意してあった 型紙10枚のうち
          3枚の型紙が歪んでいました。
          同じようにコピーして、3枚が歪んでいるってどうゆう現象なんでしょう。
          不思議です。
          しかも、歪んでる型紙に当たるなんて・・・

          大当たり!!


          左右対称でないので、悪戦苦闘の末
          貼りあわせてみました。
          出来上がりは、こちら。

          iPhoneImage.png

          やっぱり、歪んでますが自分で使うなら 許容範囲の上と
          お許しください。


          でも、
          誤魔化し方を教えてもらえるって
          ある意味、ラッキーでした。
          そして、これからは
          まず最初に型紙を確認するようにします。
           

          袋物のお稽古 「志野袋」 2016

          0
            本日、雨が降る中
            袋物のお稽古に行って来ました。


            「志野袋」を作ります。
            表地と裏地の あいだに綿は入れませんが、
            ほとんど、お仕覆と同じ工程なので難しいのです。
            型紙は決まっているので
            そこは楽ちん。



            出来上がりは こんな感じ。
            桜の季節なので緒は「桜結び」にしてみました。


            iPhoneImage.png


            基本の「梅結び」をマスターすると
            「さくら結び」も「桔梗結び」も簡単です。
            こうして、飾って置いても素敵です。


            お稽古では以前にも作っています。
            以前の記事はこちら。




            4年前に作った「志野袋」よりも
            底が上手く付いてるねと先生からお褒めの言葉をいただきました。
            ちょっとづつ、でも、進歩してるって
            嬉しいことです。

            これからも、頑張ります。



             

            袋物のお稽古「帛紗入れ」

            0
              3月の第1木曜日でしたので
              袋物のお稽古に出掛けて来ました。


              今月、作りますのは「帛紗入れ」です。
              古帛紗や点前袱紗を小さくたたまずに収納できます。



              まず、表地と裏地を同寸用意します。
              縦 19cm 横 33cm
              (縫い代1cmを含む)

              型紙



              表地が薄いようなら、芯を貼ります。



              ポケット口から縫い始めましょう。









              ひっくり返して
              裏地を控えて、縫い押さえます。









              表地が赤で裏地が薄いたまご色なので
              裏地側で縫い目が目立ちます。
              う〜ん、緊張します。










              帛紗を挟み込むポケット部分を中表側に挟み込みます。
              ポケットは7cmにしました。








              その続きで、
              端まで裏地を控えて マチバリで止めて









              端から端まで縫います。
              ポケットを挟み込んだ部分は ぶ厚いので気をつけましょう。









              ひっくり返しました。







              角をきっちりと出して、裏地を上下均等に控えてアイロンで押さえました。








              ひっくり返し口は、
              くけても良し、 ステッチを効かせて縫い止めるも良し。
              赤い縫い目が可愛く思えてきたので
              ステッチを効かせて縫い止めました。



              帛紗を入れて、折り返す位置で
              アイロンかければ



              出来上がり!!







              開けると、右端にステッチ効いてます。







              先月は、材料だけを持って帰って
              お家で縫ってきました。
              出来上がった「干支の古帛紗」を先生に見てもらって
              「帛紗入れ」に入れてみました。
              ええ感じです。




              お稽古中に 〜もう少し、しっかりしているとバッグに入れても安心やね。〜と
              話していました。
              先生が、厚紙入れると ええよ って教えて下さったので
              本日、家で ほどいて
              厚紙を入れました。

              ちょうど良い厚さの紙箱の蓋があったので
              切り抜いて、差し込み
              もう一度
              縫いました。







              画像だけでは 分かりませんが
              厚紙が入っています。
              お運びのお手伝いに入るときは
              綺麗な点前袱紗も これに入れて行くことにしましょう。

               

              袋物のお稽古 「干支の古帛紗」

              0
                もうすぐ、2月も終わろうとしているのに
                袋物のお稽古の記事がないなと思っている方がおられるかも知れません。



                そうなんです。
                第1週の木曜日に お稽古をお休みしてしまいました。
                今月、作るのは「干支の古帛紗」です。
                20日土曜日にもお稽古がありましたので
                材料だけをいただきに参りました。



                先生に次のお稽古までに家で縫ってきますねと言いますと
                〜今月は古帛紗なので
                 お家で縫っても大丈夫やね
                 あなたは出来る子やから・・・ と笑顔でおっしゃいました。

                こんなお褒めの言葉を
                先生にいただいたら、かえって 緊張します。
                無理やりでも、作り上げねばなりません。


                さっそく、縫いにかかりました。
                古帛紗は仕上がり線がひっくり返した時にも
                分かるように しつけ糸を きっちりと印を付けて おかねばなりません。


                ピンク色の仕付け糸で印を付けましたが
                写真に撮ったら見えにくかったです。

                iPhoneImage.png



                この印が きっちりと付いていれば
                あとは なんとかなるでしょう。



                わ を右にして、
                下の部分 3分の1を縫って、返し針で止めます。
                長めの糸で 反対から、ぐるっと続けて縫いましょう。
                最後の1辺の中央3分の1の手前で1針返して
                残りも縫います。
                仕上がり線に、わ を右にした状態で上・左・下の順に折りくせをつけておきます。

                返し口の糸を緩めて、表に返して、糸を始末します。
                角を きっちりと出して、整えたら出来上がりです。

                iPhoneImage.png


                残った裂地は少しでしたが
                無理やり、菓子切入も作ってみました。
                ちょっと入れる部分が浅いめでした。反省。

                出来上がりはこちら。

                iPhoneImage.png




                最後に裂地の説明を
                「猿花文(えんかもん)」

                iPhoneImage.png
                17世紀後半から18世紀に南アンデス地域で織られたタペストリーの文様
                蔓のリズミカルな動きを基調とし、
                背中合わせに配した猿を構成して織り上げてあります。
                〜龍村美術織物〜

                鏡開き 大福餅作り

                0
                  お正月に供えられていた鏡餅。
                  1月11日には
                  鏡餅を下げて鏡開きをします。







                  食べやすいように切り分けて
                  感謝し、無病息災を お願いして お下がりをいただきます。




                  iPhoneImage.png



                  いつも、お善哉を炊いて焼餅を入れるのですが
                  今年は
                  大福餅にしてみました。


                  とりあえず、粒あんを丸めておきます。

                  iPhoneImage.png


                  思いっきり、目分量ですが
                  12個の粒あんを包めるように、お餅を6切れほど
                  湯せんしてから、様子を見ながら 電子レンジでチンしました。
                  柔らかくなったら
                  砂糖を加えながらボールの中で綿棒で つきました。






                  お餅が冷めてくると包みにくいので
                  ちょっと、チンして柔らかくして包むと上手くいきます。

                  黒豆を一粒、粒あんの上にのせてみました。
                  出来上がりは こちら。

                  iPhoneImage.png


                  半分に切ると、こんな感じです。






                  朝に作って
                  昼にお店の おやつにいただきました。

                  お餅にお砂糖を入れると柔らかく保てるのですが、
                  あまり甘いのは好きでないので
                  ちょっとお砂糖を控えめに作ったので・・・

                  夜には固くなっちゃいます。
                  大福餅を オーブントースターで
                  ほんのり焼いて食べるのも香ばしくって いけます。
                  ご馳走さんでした。

                  袋物のお稽古 「干支の香袋 さるの三番叟」

                  0
                    ニュースでは賀茂川にユリカモメがやって来たと聞いてました。
                    2日前には
                    実際にユリカモメを見かけ、
                    今朝は写真におさめることが出来ました。

                    冬の顔がやって来ましたね。




                    さて、
                    早くも今年最後の袋物のお稽古となりました 木曜日、
                    12月は干支の香袋を作りました。


                    来年の干支は「申(さる)」なので
                    庚申さんの「くくりさる」、飛騨の「さるぼぼの 」の様な香袋かなぁなどと思いめぐらしておりました。



                    これが、なかなか縫うところの多い
                    「おさるの三番叟」だったのです。



                    まずは、烏帽子を縫います。
                    黒糸で千鳥にひっかけながら亀甲に刺繍して
                    それらしくなりました。

                    そして、赤い布で頭を縫います。

                    iPhoneImage.png


                    お香を入れるのは胴部分です。
                    紐を通す部分を付けて、白い裏地をまつりました。



                    こちらは、おさる に着せる衣装です。
                    縫ったあとに
                    朱色の飾り糸で文様を刺しました。




                    各部分が縫いあがりました。
                    (この写真で衣装が裏向けに写っています。残念アセアセ




                    それぞれを、合体!!
                    綿も入れて完成です。




                    お香も入れて
                    良い香りがしてきます。


                    干支の香袋を縫っていると
                    もうお正月がやって来そうな・・・
                    気忙しい季節になりましたね。





                     

                    袋物のお稽古「大海茶入お仕覆」仕上げ 2015

                    0
                      木曜日に袋物のお稽古に行って来ました。
                      先月に綿を留めるところまでできていました。


                      星留で裏地と表地を合わせて
                      木綿の糸で口を絞って茶入に着せてみました。
                      先生に確認していただくと
                      「ちょっと、2个らい縦が長いから やり直してね。」と言われました。

                      たしかに、口を絞ったら
                      口の直径が1僂らいになってます。
                      口の直径が1.5僂理想なんです。
                      で・・・
                      やり直しました。



                      出来上がりは こちら。


                      正面






                      反対側





                      始めて公開します 底。
                      今回は雲の文様が真ん中に来るようになっています。




                      4年前より ずいぶん上手く出来てるねと
                      先生からお褒めの言葉をいただきました。
                      ほんまに、嬉しいです。

                       


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode