袋物のお稽古「茱萸袋と扇袋」

0

    「茱萸袋」を仕上げました。

    セットでいただいた紐は朱色1本でしたが

    ちょっと、裂地が地味だったので

    袋を結ぶ紐に黄色をプラスして2本にしてみました。

     

     

     

     

    こうして、袋物お稽古には仕上げして先生に見ていただきました。

     

     

    今月は「扇袋」が作ってみたくて材料を用意して伺いました。

    実は先日、

    舞扇の袋を作ってられますかと店にお電話がありました。

    ちなみに作って売ったりしてません。

    でも、この言葉が気になりまして作りたくなってしまいました。

     

    以前、

    お稽古では茶扇子の袋を作りました。

    その後に扇ぐのに使う扇子の袋は幾つか作りました。

    でも、舞扇となると1尺扇子もございます。

    ずいぶんと大きいので型紙を大きくするだけで良いのか心配なので

    先生に聞いてみたかったんです。

     

     

    でも、日本舞踊などには縁がありませんから

    家にあった大きめの白扇の袋を作ってみることにしました。

     

    iPhoneImage.png

     

     

    要の大きさも随分と違ってきます。

     

     

    iPhoneImage.png

     

     

    白扇の寸法を測って型紙を作りましたが

    型紙を大きくするだけでは心配です。

     

     

    iPhoneImage.png

     

    先生に相談すると

    私に聞いたら ええのんと違うて、自分でやってみるのが ええ勉強になるえと

     

     


     

     

    綿の生地を2色下さいました。

    綿の生地で仮縫いして確かめるってことです。

    で、チクチク縫ってみたらピッタリに出来上がりました。

    仮縫いのつもりでしたが上手に縫えたので

    家でポールスミスさんのリボンと爪をプラスして仕上げました。

     

    iPhoneImage.png

     

    左は以前作った扇子の袋です。

    綿の薄い生地で作った袋が白扇を入れてみてピッタリということは

    西陣織の厚めの裂などで作るときは

    要が入る部分を5ミリづつほど出して型紙を作らないといけません。

     

     

    やっぱり、実際に縫って確かめるって重要です。


    袋物のお稽古 「茶杓筒の仕覆」と「茱萸袋」

    0

      本日、快晴の京都です。

      東海・関東甲信・北陸・東北南部まで梅雨入りしましたが

      関西は梅雨入りしておりません。

      雨が続くのも嫌ですが

      空梅雨で水不足になるのは心配ですね。

       


       

       

      さて、久しぶりに「袋物のお稽古」の記事UPです。

      まずは5月に作った「茶杓筒の仕覆」です。

       

       

      お稽古日がゴールデンウィーク中でして

      参加の方が少なく寂しかったんですよ。

      でも、縫う距離も短く午前中に出来上がりました。

      復習に、もう1つ縫ってブログにUPしようと思っていたのに・・・

      恥ずかしながら、作らずじまいで 6月に一緒にUPしております。

       

       

       

      そして、6月は「茱萸袋」を縫ってきました。
      ダーツを縫って表と裏を縫い合わせて、ひっくり返しました。

       

       

      後は、脇の始末をして飾り縫いをすれば出来上がりです。

      2013年の5月にも「茱萸袋」を作っています。

       

      RIMG0091.JPG

       

      前回は朱色の裂地でしたので

      今回は 地色を違う感じにしてみました。

      お稽古でセットされているのは朱色1色の紐ですが前回みたいに2色にするのも有ですね。

       

      仕上げをして7月のお稽古に持って行く予定です。

      2か月で「茱萸袋」を作ることになっているので

      先生が〜何か作るもん持って来たら ええよ って言うて下さってます。

      「茶杓筒の仕覆」と同じ作り方で作れるんですから「扇袋」を作ろうかなぁと思っているところです。

       

       

       


      4月の袋物のお稽古 「大の大津袋」と「蛤のお雛様」

      0

        さて、4月の袋物のお稽古は「大の大津袋」を仕上げました。

         

         

         

        口開きからひっくり返すところまで家で縫っておいたので
        すぐに出来ます。

        手先の縫い代を切って、畳んで、

        一目縫い留めておいて引っくり返します。

        そして、返し口を まつり縫いして

        閂とめして出来上がりです。

         

        紫色の縮緬地では分かりにくいので紙で説明します。

         

         

         

        出来上がり線に沿って縫い代を切り落とし、

        先も切り落とします。

        右の出来あがり線に沿って縫い代を倒す。

         

        上の縫い代を倒した縫い代が

        左側の出来あがり線と同じになるように倒す。



        最後に左の出来あがり線に沿って倒して1目縫いとめておく。

         

         

        先が尖るように引っくり返して出来上がりです。

         


         

         

         

         

         

        さて、2か月かかて作ることになっている「大の大津袋」が出来上がったので、

        「蛤のお雛様」を作りましょう。

        「蛤」の御物袋を作って「お雛様」見立てます。

        蛤、縮緬の生地、緒、つがり糸を用意しておきました。

        もちろん、色を考えて 緒を組んで

        つがり糸も 自分で撚りました。

        真綿は今まで作ったお仕覆の残りです。

         

        iPhoneImage.png

         

        最近、「御物袋」を作ってなかったので勉強になりました。

         

         

        「蛤」は形が歪なので型紙がとりにくいです。

        でも、縮緬の生地は伸縮性があるので「蛤」でも上手く包み込んでくれます。

        「蛤」の縦・横・斜めの寸法を計って

        空き口分(1センチ)をマイナスして二分の一して型紙を作ります。

        縫い代は1センチ。



        iPhoneImage.png

         

         

        表も裏も同寸で裁ちます。

        裏地は出来上がり線より、1ミリ内側になるように 折り込んで仕付け糸でとめておきます。

        表地には綿をのせて出来上がり線のすぐ内側で星止め、

        出来上がり線になるように縫い代を折り込んで仕付け糸でとめておきます。

         

        縫い方は以前に作った「御物袋」を参考に。

         

         

        裏地と表地を重ねて まつり縫いで縫います。

        小さな座布団みたいになります。

        これに、緒を つがります。

         

         

        iPhoneImage.png

         

        二つ並べたら、「お雛様」に見えますよね。

        (ほぼ、強制です。)






        来年のお雛様まで時間があるので

        何個か作ってみたいと思います。

        蛤、食べなくっちゃ。


        袋物のお稽古 「大の大津袋」

        0

          4月だというのに、3月の袋物のお稽古をUP出来てなかった私です。

          3月の袋物のお稽古は「大の大津袋」を作りました。
          「大の大津袋」は「相生袋」とも呼ばれます。

          茶碗を入れる袋で、

          2014年のお稽古でも1回 作っています。


          縮緬の裂地に きっちりと型紙を並べて裂地を裁ちました。

          茶碗が入る大きさですから

          縫う距離が長〜くて大変。

          みなさん、無言でチクチクと縫いました。

          ということで写真はありません。

          お稽古中に底を付けるところまで出来ましたので

          手の所を縫って引っくり返すのは 宿題となりました。

          さて、家で縫う作業です。

          中表にして縫いますが裏と表の底が引っ付いているので

          中表にしにくいので気をつけて待ち針を打ちます。

          iPhoneImage.png

          そして、裏から表に引っくり返せるように口を開けておきます。

          底が大きいので大きめに口を開けておくのを忘れないようにします。

          縫えれば

          手の先は尖っていますので縫い代を切って

          iPhoneImage.png

          手先の縫い代を1回、2回と少しづつ畳んで気をつけて引っくり返します。

          最後の仕上げは

          先生に見てもらいながらにしたいと思います。

          この宿題を期日が近づいて来ないと取り掛かれませんでした。

          困ったもんです。

          実は、この「大の大津袋」は3月4月の2か月で縫うことになっています。

          でも、先生が 

          「蛤を御物袋 に入れて2つ並べると お雛様になるんよ。

          来月までに仕上げといて縫うてみたら、来月は材料揃えてきよしや。」と声をかけてくれはりました。

          う〜ん、縫えるかなぁ・・・。

          材料が揃えられるかなぁ・・・。

          せっせと、緒を組んで

          つがり糸を撚って準備しております。


          そうそう、蛤を食べて貝殻の準備もしとかねば。

          ちょうど ええくらいの大きさの蛤がみつからなくって困っております。

          <


          袋物のお稽古「志野袋」 2019

          0

            風邪から復帰して

            元気に働いております。

            おかげ様でお休みの日に2月の「袋物のお稽古」で作りかけだった

            「志野袋」を仕上げることが出来ました。

             

             

            お稽古の時は緒をつがるところまで 出来上がってました。

             

             

            「志野袋」は左右13目でつがります。

            待ち針を両端と中央に打って、その間に打って

            それを三つに分けながら つがっていくと ちょうど13目になりますよ。

             

            iPhoneImage.png

             

            緒が付いたら

            ギャザーが均等に入るように綺麗に寄せながら緒を締めます。

             

            しつけ糸でギャザーを縫いとめて

            しばらく置いておくと良いです。

            こうして、ギャザーの癖を付けておくと何度締めても上手に締められます。

             

            iPhoneImage.png

             

            出来上がり!

            まだ、しつけ糸が付いていますが1週間くらい ほっておきます。

            忘れないように1週間後に しつけ糸を外しましょう。

             


            こうして「志野袋」をお稽古で作るのも3度目、(以前のはこちら

            3度目の正直と言いますが

            なかなか難しいもんです。

             

             

             


            袋物のお稽古「干支の香袋」

            0

              先週の袋物のお稽古は今年最後のお稽古でした。

              12月は「干支の香袋」です。

              なんだか、来年の「亥」の香袋を作ると気忙しいです。

              ちょっと急ぎの仕事もありまして

              どうしても早く作って帰りたかったので頑張りました。

               

               

              「亥」は目、耳、牙を作らないといけないので

              けっこう時間がかかります。

              特に耳が難しい・・・、耳の感じで豚さんになってしまうんです。

              出来上がりは こちら。

               

               


                

               

              「亥」に見えますかどうか。

              豚にならないように気をつけていましたが牙が長すぎかも知れません。



              iPhoneImage.png

               

              ひっくり返すと

              お香を入れられるようになっています。

               

               

               

              目、耳、牙など各自に任せられたので

              目の色や形はいろいろ、耳も丸い方もおられ、牙の長さもいろいろでした。

               

               

              さっさと仕上げて

              先生と みなさんに〜良いお年を   などと挨拶しまして帰ったのでした。

              はんまに、12月は忙しない です。

               

               

               


              袋物のお稽古「大海茶入の仕覆」

              0

                賀茂川の桜の葉が紅葉してきました。

                落ち葉も増えてきましたよ。





                西岸は少し黄色に





                さて、袋物のお稽古は10・11月の2回で
                「大海茶入の仕覆」を仕上げました。

                10月は裏地を仮縫いして先生にチェックしていただき
                型紙を直すところまででした。

                 

                そのあと、お菓子作りへと抜けまして

                残りは宿題に。
                家で裏地も表地も縫って底付けもして
                綿入れ出来るようにして11月のお稽古に。



                綿入れして、太めの綿糸で仮に絞って
                茶入に着せて確認です。



                 

                残念ながら ちょっと弾けて茶入が見えてます。

                がっかり。

                気を取り直して
                少しづつ裂地を出して調節しました。


                出来上がりは こちらです。






                先生に 誤魔化すの上手くなったねとお褒めの言葉をいただきました。
                一度で ぴったり合えば上達を感じるのですが
                誤魔化すのが上手くなるのでは
                あかん のでは・・・。

                 

                でも、誤魔化すのでも褒めてもらうと嬉しいもんです。

                 

                 


                「袋物のお稽古」からの「和菓子作り」

                0
                  毎週、台風がやって来て
                  天気予報が気になる今日この頃です。

                  「水まんじゅう」に続き

                  「袋物のお稽古」を抜け出しましてお菓子教室へ。

                  「栗蒸しようかん」と「黄身時雨」を作りました。





                  まずは、お菓子のお話しと作り方の説明です。
                  「黄身時雨」は
                  白餡に黄身を入れて黄身餡を作り、
                  そこに新粉などを入れて時雨生地を作ります。
                  ふんわり蒸しあげたときに 生地にひび割れが入り、
                  その ひび が雨の後の雲間から差し込む光や地面を流れた雨の通り路に見えることから時雨生地と言うそうです。
                  中も餡子、外の生地も ほぼ餡子で出来てます。

                  「蒸し羊羹」は 中国から伝わった精進料理だそうで
                  鎌倉時代には日本に伝わっていたそうです。
                  「羊羹」は羊の肉のトロミのあるスープのことでしたが
                  お坊さんは羊の肉が食べられないので
                  小豆を代用していたそうです。
                  その代用品の精進料理が蒸し羊羹になっていったそうです。


                  手を洗って作り始めますから、
                  作っている最中は写真が撮れません。


                  蒸しあがった「黄身時雨」に小豆を一粒トッピングしました。
                  ふんわり膨らんで美味しそう。

                  iPhoneImage.png


                  形の悪そうなのを選んで試食です。

                  まだ、温かくってフワフワ なんて美味しい〜

                  自分で作っておいてなんですが

                  ほんまに美味しい!!こんな「黄身時雨」が自分で作れるなんてびっくりです。

                  一口食べてたら

                  お薄を点てて下さいました。






                  1つ食べたので、お持ち帰りは 3個になりました。

                  iPhoneImage.png


                  こちらも、蒸しあがって、栗と艶寒天で化粧した「栗蒸しようかん」

                  切り分けるのは家の冷蔵庫で1日寝かせてからです。





                  けっこうボリュームあります。
                  もう半分に切っても良いくらいでした。
                  どうせ家で作るなら贅沢に
                  餡子の量を少なめ栗多い目にして
                  中にも栗入れるくらいが食べる方は嬉しいですよね。


                  甘さ控えめでもっちり
                  こちらも美味しく出来ました。

                  ご馳走さんでした。


                  袋物のお稽古「足袋入れ」

                  0

                    UP遅くなってしまいましたが

                    9月第1木曜の袋物のお稽古で「足袋入れ」を作りました。



                    型紙は こんな感じです。

                    左が後胴、右が前胴、それと かぶせ口になる冠部分です。

                    それぞれ、

                    表地と裏地、それに和紙か接着心を用意します。

                    iPhoneImage.png

                    冠部分、かぶせ口の型紙に合わせて

                    厚紙を切っておきます。

                    裏用は2ミリ控えてあります。

                    iPhoneImage.png

                    接着心か和紙を貼り、

                    縫い代を1センチ付けて布を断ちます。


                    まず、前銅の表地と裏地

                    冠部分(かぶせ口)を開けた お数珠を出し入れする口部分を縫います。

                    おっと、

                    縫う前に前胴部分に

                    マグネット釦の受けを付けておかねばなりませんでした。

                    縫う前につけるほうが

                    もちろん、付けやすいです。

                    このときに、冠部分の裏地にもマグネット釦の片割れをつけておきましょう。


                    前胴の口部分の縫ったところを表に返し

                    裏地を控えてアイロンをかけておきます。

                    (下の画像の右端)

                    前胴部分の裏地表地と後胴部分の表地裏地を

                    4枚重ね返し縫で縫います。



                    iPhoneImage.png

                    この4枚重ねるときに

                    重ねる順番を間違いそうになります。

                    まず、表地同士を合わせます。



                    その上に、後胴の裏地を重ねて下部の袋状になる部分を縫います。


                    生地が重なっていて縫うのが固いめなので気をつけて縫いましょう。

                    袋部分を表にひっくり返して、

                    冠部分(かぶせ口)は

                    少しづつギャザーを寄せて糊で仕上げます。






                    出来上がり!

                    ちょっと下のほうが 歪んでいますがお許しください。



                    袋部分を浅くすれば数珠入れもできるよっと

                    先生が教えてくれはりました。

                    なるほど、同じ作り方でいろいろ応用可能ですね。


                    「三品仕覆」出来てます。

                    0
                      9月に入りました。
                      今週の木曜日は袋物のお稽古です。
                      おかげさまで宿題の「三品仕覆」出来上がってます。







                      茶杓の仕覆を縫うのも久しぶりでした。


                      ところで、
                      非常に強い台風21号が近づいています。

                      風速60メートルが吹くところもあるとか、
                      明日は いったい どんなことになるのでしょう。
                      どんな進路をとるのでしょう。


                      簾を下ろし、物干し竿も下ろしました。
                      どうか、無事に台風が通過しますように。


                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      27282930   
                      << September 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 彼岸の入り 大徳寺僧堂 2020 秋
                        かれん
                      • 「法螺貝餅」
                        すずき
                      • 「法螺貝餅」
                        篠崎正太
                      • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
                        すずき
                      • 「天笑 ラー麺」  in 西賀茂
                        かれん
                      • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
                        すずき
                      • 「鶏に謝れ」って、なんでしょう。
                        Kazumi Zura
                      • 2020 「祇園祭」
                        すずき
                      • 2020 「祇園祭」
                        かれん
                      • 袋物のお稽古「水指の仕覆」2回目 2020.6
                        すずき

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode