駅弁「かしわめし」東筑軒

0

    「芦屋釜の里」に行くのに降りた駅「折尾」には名物が!!
    「東筑軒」さんの「かしわめし」です。
    これは食べないわけにはいきません。
    (もちろん、小倉駅や博多駅でも売ってはいますが・・・

    もともと折尾駅の駅弁です。)

     

     

    【東築軒】

    住所  : 北九州市八幡西区堀川町4-1(本社売店)

    http://tochikuken.co.jp/

     

    特急ソニックで折尾駅に着いたら

    肩から駅弁の入った木製の箱を掛けて帽子をかぶった おじさんが

    ホームで立ち売りされてました。

    ええ雰囲気です。

    残念ながら、

    乗り換えるバスの時間もあり急いでいたので写真が撮れませんでした。

    でも、「かしわめし」はゲットです。


     

     

    「かしわめし」(小) 670円(税込)


     

     

    あっさりしてますが

    上にのっている鶏のそぼろ・玉子・海苔もいけますが

    鶏のスープで炊きこまれたご飯が美味しいです。

    奈良漬と紅生姜も合いますね。

     

    「かしわめし」のサイズを小にしましたが大にすれば良かっなぁ。

    ご馳走さんでした。


    太宰府 「御菓子而 藤丸」さん  2019.1

    0

      週末に福岡県に出掛けたので

      時間をみつけて

      「大宰府天満宮」さんへお参り伺いました。

       


       

       

      参道も境内も多くのお参りの方で にぎわってました。

      海外の方も多いですね。

       

      【太宰府天満宮】

      住所  : 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号

      http://www.dazaifutenmangu.or.jp/






      梅がけっこう咲いてました。

      紅梅

       

      白梅





      そのあとは「藤丸」さんへ。

      実は2015年4月に伺いブログにあげた ところ

      大変多くのアクセスをいただきました。

      http://kyoto-suzuki.jugem.jp/?eid=726

      http://kyoto-suzuki.jugem.jp/?eid=723

      http://kyoto-suzuki.jugem.jp/?eid=724

      ということで、

      参道から少し離れて

      再訪でも やっぱり静かな 佇まいのお店に。

       

       

      【御菓子而 藤丸】

      住所  : 福岡県太宰府市宰府三丁目4−33







      注文を詰めていただいてる間に
      煎茶とお菓子を出していただきました。

      店内での撮影は出来ないので
      お菓子だけ持ち帰って撮影しました。

       

      iPhoneImage.png

       

       

      今回、私が買ったお菓子は

      生菓子 瓜坊 430円

      真ん中の餡子は山椒の香りがして美味しかったです。

       

      iPhoneImage.png



      紅白梅 1,150円

      こちらで有名な千利休400年忌茶会で使われた「清香殿」と同じように

      卵白を使ったお菓子です。
      以前に「さくら」をいただきました。
      季節に合わせて、今は「梅」なんですね。



      そして、
      千歳 1,080円 (12個)

      中の黒っぽいのが餡子かと思いましたら
      黒糖味の飴です。



      ゆっくり口に含んでいると
      ふわっとほどけて
      飴だけになります。

       

      前回もお話をして、21日の月釜にも伺ってみたいと思いましたが

      21日に福岡へ出掛けることは難しいもんです。

      いつかは伺ってみたいです。

      ご馳走さんでした。


      「みたらしとろとろ」 エキマルシェ

      0

        お休みの日に大阪へ行きました。
        用事が済んで帰りに
        大阪駅のエキマルシェで何か買って帰りましょう。


        「黒みつだんご」の余韻のせいか

        「だんご」繋がりで
        「みたらしとろとろ」が買いたくなりました。

         

        ここで、どなたかから

        〜 それやったら、「炙りみたらし」やろ!!

        と突っ込みが入りそうですが

        しっかりと包装されていて

        焼きたて食べられないんで持ち帰るならと こちらを選択です。

         

         

        お店に向かうと

        うんびっくり

        なぜか、「浪芳庵」さんの前だけ人だかりが

         

         

        〜エキマルシェ オープン2周年セール〜

        なんと!!

        「みたらしとろとろ」10個入り が半額じゃないですか!!

        しかも、この土日2日間だけって

        もちろん、他にもお得な商品はありましたが

        私のためのような企画です。onpu03




         

         

        「だんご」つながりで食べたくなりましたが

        ラッキーです。

        しかも、買ったら

        小粒ですがイチゴ1パックもプレゼントして下さいました。

        ほんまに、お得でした。手


        iPhoneImage.png

         

         

        こちらが「みたらしとろとろ」10個入

        通常  10個入  897円

        セール特価で    448円


        iPhoneImage.png
         

         

        樽を開けると

        こんがり焼き色の付いた お団子が並んでます。


        iPhoneImage.png

         

        中には

        昆布だしと湯浅醤油を煮詰めて作った みたらし団子の タレが 入ってます。

         

        iPhoneImage.png

         

         

        フライパンで こんがりと両面焼いて食べるのも好きです。

        ご馳走さんでした。

         

         


        ちょっと 新幹線で九州へ

        0

          21日のお休みは用事がありまして

          九州方面へ出掛けました。

          JR西日本さんのお安い切符がお得です。

          ただ、いつも申しますが

          新大阪より東の新幹線はJR東海さんの管轄ですから

          京都で新幹線に乗るとお安いチケットを利用できないことになります。

           

          でっ、新大阪までは新快速でまいります。

          せっかくですから

          新大阪駅構内のエキマルシェで乗り換えの短い時間を

          楽しみましょう。

           


          立ち食い蕎麦・うどんが味わえる「浪花そば」さん。

          有名なのは浪花スペシャル 580円、牛肉、天かす、生卵が入ったやつです。

          でも、私が好きなのは 浪花デラックス 550円

          海老天、甘きつね、鶏肉、生卵が入って

          ほんまにデラックス!

           

           

          立ち食いスペース以外に椅子席もあります。

          注文するとすぐに出来上がりレジの横のカウンターで受け取ります。

          ほんと素早い!



          エキマルシェのショップへ行って
          うちの店の看板おばあちゃん キクさんが好きなんで

          小粒の「うぐいすボール」を買いたくなります。

          昔は普通サイズが好きやったんですが

          近頃は小粒が歯に合うそうです。

           

          iPhoneImage.png


          新大阪駅から新幹線で博多へ
          「さくらN700系」

           

          ※もとい、こちらの写真は帰りに博多まで乗った「800系つばめ」でした。

           サイドに つばめ が飛んでいるのも写ってます。

           訂正させていただきます。

           ご指摘くださったエアロさん、ありがとうございます。(2018.3.24)

           

           

           

           

          車内販売でで おやつ

          「桔梗 信玄餅アイス」 350円


          iPhoneImage.png

           

          きな粉味のアイス に ぺったんこになったお餅が1つ

           

           

          そして、中央 中ほどに 黒蜜が入ってます。



           

          画像は ありませんが

          黒蜜を混ぜて ぐちゃぐちゃにして食べるのが好きです。

           

          博多に着いたら

          「筑紫もち」が売っていますが

          新幹線の車内販売は「信玄餅アイス」です。

          「筑紫もち」と「信玄餅」は良く似ています。

           

           

          手軽な美味しいもん、

          これは旅の楽しみでもありますね。

          ご馳走さんでした。

           

           

           


          サロン・デュ・ショコラ2018 in 京都伊勢丹

          0

            バレンタイン デーが近づいてまいりました。
            最近は自分のご褒美にチョコレートを買う方が増えているそうです。
            やっぱり、美味しいもんは自分で食べたいですよね。


            チョコレートの祭典
            「サロン・デュ・ショコラ2018 」が京都伊勢丹さんでおこなわれています。


            水曜日、仕事を終えて 駆け足で伊勢丹さんへ。

            滋賀県守山市にある 「ドゥブルベ・ボレロ」の渡邊雄二氏のセミナーに参加して来ました。
            そう!
            17時からのセミナーに当たったんです。






            平日だというのに売り場には人がいっぱい!

            この方が渡邊さんです。




            ボンボンショコラを試食しながら

            素材や産地のこと、

            「サロン・デュ・ショコラ」がショコラティエの情報交換の場になっていることなど

            いろいろと話してくださいました。





            セミナーが終わったら
            やっぱり、買っちゃいますよね。
            渡邊さんのブースへ直行です。

            ボンボンショコラ 4個入り 1,296円

            iPhoneImage.png

            何か
            イートインしたくって選んだには

            日本人で唯一cccで7年連続最高位を連続受賞されてる

            サダハル アオキさんのマカロンアイス。





            マカロン アイス ショコラ 1個391円

            ショコラ生地のマカロンにショコラのアイスが挟んであります。




            あと、ベルナシオンの板チョコ買いました。
            ベルナシオンは”美食の町”フランスのリヨンで1953年にオープンした老舗のショコラトリーです。

            2代目のジャン・ジャック・ベルナシオンはフレンチの重鎮ポール・ボキューズ氏の娘と結婚されてます。
            現在の3代目フィリップ・ベルナシオンは

            祖父にポール・ボキューズとモーリス・ベルナシオンという偉大な2人を持っているということになります。


            タブレット マンディアン 1枚 3,456円

            iPhoneImage.png


            そして、もう一つ
            大阪 江戸堀に『ショコラトリ・パティスリ ソリリテ』さんが

            祇園 原了郭の黒七味・ゆず辛・粉山椒を使われたショコラ。

            山椒好きなので!


            ショコラ・アソート雅(3個入)1,296円

            iPhoneImage.png



            バレンタインのプレゼント用って訳じゃなく、もちろん、全部 自分でも食べる気満々なんです。
            ぼちぼち味わいたいと思います。
            ご馳走さんでした。


            金沢でお寿司 「小松弥助」

            0

              今年最初の三連休、インフルエンザで静養中で
              どこにも出掛けられません。
              やっぱり 熱が出ると しんどい です。

              お陰様で

              私は元気になりましたが、

              京都は もちろん

              各地でインフルエンザ警報がでております。
              みなさん、うがいに手洗いを忘れず
              お気をつけください。


              今年末年始忙しく記事がUPできてなかった金沢のお話です。

              知り合いから、
              年末に金沢の「小松弥助」さんの予約が取れたけど行かあらへん と誘っていただき
              金沢に出掛けました。

              「西の小松弥助」と呼ばれ、一見さんお断りで

              簡単には予約の取れないお店です。


              とその前に

              せっかく金沢まで来たので
              「石川県立美術館」へ足を伸ばしました。

               

               

              2017年12月23日〜2018年2月5日

              「コレクション展 新春優品選」が行われていました。

              入場料は大人1名 360円と お安いです。

              しかも、空いてます。

              入ってから出るまで 10名の方に出会ったかどうか。

               

               

              最初のお部屋は なんと撮影可!

              野々村仁清作

              国宝 色絵雉香炉 と 重要文化財 色絵雌雉香炉


               

               

              前田家が所有されている能装束の数々に

              横山大観や橋本関雪の絵などを

              こんなに ゆったりと観られるなんて素晴らしいです。



              そして、駅前の「金沢茶屋」さんへ。

               

               

               

               


              【小松 弥助】
              住所   : 金沢市本町2-17-21 金沢茶屋新館1階
              営業時間 : お昼のみ(三交代制)、完全予約制
              定休日  : 水曜、木曜

               

               

               

               

               

               

              「金沢茶屋」さんの玄関を入りまして奥の扉から

               

               

              一旦、外へ出て新館へと参ります。

              新館へ入ると 「小松 弥助」と小さな表札が上がっていました。





               

               

              私の予約は 14時30分、着いたのが15分ほど前でした。
              お店の中へ声を掛けると

              まだ、先のお客様がいらっしゃるとのことで

              お店の前の腰掛で待たせていただきました。

              食べ終えて、満足そうに帰られるお客様を眺めながら

              待つこと45分余り

              15時過ぎに14時30分に予約していたお客様たちとお店へと入りました。

              お店は カウンター席が10席、2名掛けのテーブルが2つ、4名掛けのテーブルが1つ。

               

               

               

              カウンターの中で忙しそうに作業されてる寿司職人の森田一夫さん。

               

               

              「小松弥助」に行くならカウンターがお薦めと聞いてましたが

              あいにく、

              私のお席は窓側のテーブル席。

               

               

               

              1品目 白子のすり流し

              長い間待ってましたし

              温かい一品で ほっと一息。


              iPhoneImage.png

               

               

              おつまみ として別で注文した「蒸し鮑」

              お出汁に入ってました。

              ええお味のお出汁です。


              iPhoneImage.png

               

               

              テーブル席だったので森田さんの手渡しは体験できません。

              お皿にのって出てきた 5貫です。

              甲烏賊、炙り鮪、甘えび、蛤、こっぺ蟹

               

              甘えびだけ醤油を付けます。

              あとの4品は お味が付いて

              さすが、江戸前って感じです。

              iPhoneImage.png

               

               

              これも、お寿司です。

              雲丹と山掛けに鮪の下には寿司飯が隠れています。





              平目のお吸物は上品なお味。

              iPhoneImage.png

               


              鮪の漬け

              雲丹のソースが掛かってます。

               



              鰻胡巻
              炙りたて、

              香ばしい鰻と冷たい胡瓜に海苔の香ばしさがプラスされてます。





              ここで、コースはお終いでした。


              追加に穴子

              1つのしゃりに ダブルで穴子がのってます。

               




              平目も1つのシャリにネタがダブルです。

               

               

              弥助さんでのイチ押し「ネギトロ巻」

              さすがに美味しい!

               

               

              お腹もいっぱになりました。

              ちなみに、お支払いは1人 16,000円

              高額ランチとなりました。

               

               


              お土産の弥次喜多という 寿司の おにぎり をお願いしたら
              シャリ切れでご注文をお受けしかねますと断られてしまいました。
              残念。
              予約も3月末まで いっぱいだそう。
              しかも、4月以降の予約は まだ受付していませんたの ことでした。

               

               

               

               

               

               

               

              外に出たら雪がしっかりと降ってました。
              雪の中、京都へと帰りました

              ご馳走さんでした。

               

               


              初ではないけど 「菊乃井」さん

              0

                お金を毎月積み立てて

                行けそうもないお店に行こうよ貯金金

                今年は「菊乃井」さんです。

                (2015年は大市さん、2016年は吉兆さん

                 

                私は何度か寄せていただいておりまして

                「初」という訳ではありませんが 楽しみです。

                金曜の夜ということで仕事を終えて

                サッと着物に着替えてタクシーで「菊乃井」さんへ。

                 

                 

                タクシー予約時に

                紅葉シーズンで車が混みますから

                7時集合なら6時にはお迎えに行かないとお時間に間に合いますかどうか・・・

                と言われました。

                でも、とっても道が空いてまして

                6時20分に着いてしまいました。

                 

                早すぎる!どうしましょう!などと思ってましたら

                下足番のおじさんが

                〜お待ちしておりました。どうぞ。〜

                と笑顔で迎えて下さいました。

                中居さんも玄関で迎えて下さりお部屋へと案内くださいます。

                外はずいぶんと冷えておりましたが

                お部屋は ぬくぬくで ほっこり。

                 

                 

                 

                 

                 

                ほんまに、「菊乃井」さんは

                 

                 

                いつも対応が素晴らしくって 見習いたいなぁと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                真っ暗で 上手く撮れませんが

                外には菊が飾られてました。


                 

                 

                【菊乃井 本店】

                住所  : 京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町459

                http://kikunoi.jp/kikunoiweb/top

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                玄関


                 

                 

                 

                 

                案内していただいたのは 11部屋ある内の 一番古いお部屋だとか

                庭には池がありまして

                山側から水が落ちてきてました。


                 

                 

                瓢の盃には

                芭蕉の句「夕顔や秋はいろいろ瓢哉」

                 

                 

                京都は条例で乾杯は日本酒でということで

                瓢の盃に 柚子の日本酒。

                 

                今年の亥の月の最初の亥の日が11月20日になるそうで

                八寸は奉書に包まれ銀杏をのせた「玄猪(げんちょ)包み」になっておりました。


                 

                八寸

                 

                菊の器に 鮟肝

                カラスミ、慈姑煎餅、鴨肝松風、昆布籠、紅葉烏賊、銀杏

                 

                松葉は抹茶素麺と海苔で出来てます。

                ほんまもん みたいです。


                 

                猪口

                柚子釜豆腐


                 

                一つめ 向付

                明石鯛は山葵で、まながつお昆布〆はぽん酢ジュレで


                iPhoneImage.png


                二つめ 向付

                小鮪、黄味醤油

                まったりした黄味醤油をたっぷりと付けて辛子でいただきました。

                 

                 

                蓋物

                ふかひれ鍋 すっぽん、胡麻豆腐、焼き葱



                口直し

                柚子山葵ソルベ

                 

                有賀山葵園さんの山葵が きいてます。

                 

                 

                ふかひれ鍋が たっぷりだったので

                早くもお腹がいっぱいになってきました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                焼物

                かます杉板焼き、椎茸、鴨山椒焼き、胡桃飴煮


                 

                椎茸食べちゃいましたが

                かます をパチリ。


                 

                 

                酢の物

                松葉蟹、若布

                 


                強肴

                甘鯛粟蒸し、結び人参、松葉柚子、菊菜餡

                 

                 

                御飯  いくら御飯、三つ葉

                止碗  白菜すり流し、黒胡椒

                香物  山牛蒡、柴漬け、壬生菜千枚蕪巻き

                 

                iPhoneImage.png

                 

                 

                水物

                代白柿、ブランデー

                 

                柿の色とグリーンのお皿のコントラストが美しい!

                iPhoneImage.png

                 

                 

                栗餡と粒餡のお菓子とお抹茶


                iPhoneImage.png

                 

                 

                 

                 

                あ〜〜

                美味しいと食べ過ぎちゃいますね。

                ご馳走さんでした。

                 

                 


                丹波篠山 「和みぱん みのりや」

                0

                  実は、丹波チキンのお店に行くときに

                  でかんしょ街道を曲がってから

                  少し道に迷いました。アセアセ

                   

                   

                  で、何台も車が出入りする小さなお店を発見!!

                  お昼ごはんを食べた後に寄ってみることにしました。

                   

                   

                  【和みぱん みのりや】

                  住所  : 篠山市今田町辰己226

                  営業時間: 11:00〜18:00(売切れ次第終了)

                  定休日 : 木曜日、第1・3水曜日

                  http://blog.livedoor.jp/ontheroad43/

                   

                   

                   

                  山あいの民家という感じでパン屋さんとは 分かりにくいです。

                   

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  お店に入るとショーケースには パンは5個だけ!!

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  え!! 5個だけしかないんや・・・と思っていると

                   

                  焼けた!と声がして 焼きたての「明太子ふらんす」が登場しました。

                  予約分と前の方が買われて分がなくなり、ドキドキしましたが2個あります。

                   

                   

                  即、買いました。

                   

                   

                  即、焼きたて熱々を食す、美味!

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  家に持って帰って写真を撮りました。

                   

                  ちょっと ひしゃげましたが

                  右上から時計回りに 

                  ほうれん草たまご210円、明太子ふらんす215円、きいろのかれーぱん200円、オニオンブレッド300円。

                  オニオンブレッドにはベーコン・たまねぎ・チーズがたっぷり入ってます。

                   

                   

                  iPhoneImage.png

                   

                   

                  ぱん が あんまり なくって残念でした。

                  なんでも、「あん食ぱん」が美味しいらしいそうで

                  食べたかったなぁ。

                  予約出来るそうなので、次回、篠山方面に行く時に試したみたいです。

                   

                   

                  ご馳走さんでした。

                   


                  丹波篠山  「Pesapallo」さん

                  0

                    台風21号が近づいていた土曜日に「丹波焼き陶器まつり」へ

                    雨の中、出掛けました。

                    信水窯さんに伺いましたが

                    陶器まつりを散策するには雨が激しかったので

                    陶器を探すことから、美味しいもんを探すことに変更!

                     

                     

                     

                    でかんしょ街道沿いの看板が気になっていた 丹波チキンの「Pesapallo」さんへ。

                     

                    【Pesapallo(ぺサパロ)】

                    住所  : 篠山市今田町辰巳177

                    営業時間: ランチ 11:00〜14:30(L.O.)ランチは無休
                          ディナー 17:00〜19:00(L.O.)

                    定休日 : ディナー木曜定休

                    http://pesapallo.web.fc2.com/index.html

                     

                     


                     

                     

                     

                    駐車場が満員で停めるところがありませんでした。

                    すると、お店の中から女性が出てきて

                    スムーズに誘導して車の後ろへ駐車できました。

                    前の車が出はるときは動かさねばなりませんがお店の中はお席は空いているようです。

                     


                    テラス席へ案内していただきました。


                     

                    「丹波焼き陶器まつり」期間中はメニューは限定で4種類のみでした。

                    注文したのは 丹波チキンAセット1800円(税込) と チキンライスセット(税込) です。

                     

                     

                    お店が混んでいたので心配していましたが

                    すぐに セット どちらにもついている 唐揚げ と スープ が出てきました。

                    熱々!!美味しい。

                    セットには、これと つくね団子串 がついてます。


                    iPhoneImage.png

                     

                     


                    つくね団子も含んだ Aセット。

                    丹波あじわい鶏の梅肉ポン酢に鶏飯とお漬物です。

                     

                    この、つくね団子

                    周りがカリッと 中はふわっと柔らかっくって美味しかったです。


                    iPhoneImage.png

                     

                     

                    こちらは、チキンライス。

                    器も熱々で冷めにくいです。

                    チキンライスが出来てきたところで、車の移動を頼まれましたが

                    戻って来ても熱々でした。

                     

                     

                    iPhoneImage.png

                     

                    お店の方の対応も良くって気持ち良かったです。

                    ご馳走さんでした。
                     

                     


                    「アル マーレ」 で ランチ in 鳥取県岩美郡

                    0

                      スーパーはくとで倉吉に着き
                      次の日は倉吉在住の友人の車で鳥取方面へ

                      砂丘



                      砂の美術館








                      ランチは 6月17日にデビューした「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」

                      山陽・山陰コースの乗客が

                      東浜駅で下車して お昼を食べはる



                      レストラン
                      「アル マーレ」さんです。



                      【アル マーレ】
                      住所  : 岩美郡岩美町陸上34

                      営業時間: 11:30〜17:00

                      定休日 : 水曜日

                      https://higashihama-al-mare.jimdo.com/

                       

                       

                       

                      東浜駅の真ん前、道路を挟んで海側にあります。

                      どのお席からでも海が見える素敵なイタリアンのお店です。

                       

                       

                       

                      ちょっと、デッキに出てみました。

                      あいにく、曇りでしたが

                      いいお天気なら青い海が素敵そうです。



                       

                       

                      お昼にいただいたのは

                      メディテラニアンコース 2,800円

                       

                       

                      ・アミューズ

                       パン、燻製バター

                       

                       

                      ・アンティパスト

                       イカの中のイカ

                       

                      握り鮨に見立てた一品。

                      イカとトマトをじっくりと煮たのが しゃり

                      白イカの生をサッと炙ったのが   ネタ になっています。

                      イカスミソースでいただきました。

                      ほんとうに、イカの中のイカというお味でした。





                      ・プリモピアット

                      魚介と岩美町産白ネギのタリオリーニ

                       

                      低温調理された本日のお魚は鯒(こち)。

                      白ネギをアンチョビで炒めたものが上にのっています。




                      ・セコンドピアット

                      私が頼んだのは お魚料理
                      魚と泡
                      本日のお魚は地元で捕れた真鯛とインゲン豆
                      魚の出汁と白身で作った泡のソースで

                       

                       




                      友達が頼んだ お肉
                      鳥取和牛のタリアテータ
                      イチボの部位をほうれん草のソースで
                      つけあわせは 赤キャベツ





                      ・ドルチェ

                       海藻と土


                      上に立てかけてあるのが紫蘇風味のメレンゲ
                      その下に ワカメのジェラード
                      ジェラードの下に蕗とミョウガのシロップ漬け
                      そして、土に見立てた ココアのクッキー

                      クッキーの ごつごつ とした食感がジェラードと相性最高!
                      蕗とミョウガも合います!







                      ドルチェと一緒に 珈琲か紅茶を
                      アイスとホットを選んで頼めます。

                       

                      山陽・山陰コース2泊3日は50万円〜
                      「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に乗るのは無理でも

                      ランチをいただいて贅沢な気分を味わえました。

                      ご馳走さんでした。



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode