井上雄彦氏作 屏風 「親鸞」

0
    今年は
    「親鸞聖人750回御遠忌」です。



    東本願寺 
    西本願寺  どちらへも
    多くの方がお参りされています。



    東本願寺さんでは御遠忌を記念して
    漫画家の井上雄彦さんに 
    屏風 「親鸞」を依頼されました。




    井上雄彦さんと言えば、

    バスケット部のバイブル  「スラムダンク」。

    RIMG0604.JPG

    累計発行部数 1億1700万部を越える
    ジャンプ黄金期を築いた作品です。


    そして現在連載中の
    武蔵を主人公にした     「バガボンド」(漂白者)
    車椅子バスケの       「リアル」       があります。



    「親鸞」を描くことになったのは
    「バガボンド」が評価されてのことでしょう。




    東本願寺のHPで
    屏風の一般公開の情報を確認して出掛けました。



    RIMG0579.JPG




    東本願寺
    京都市下京区烏丸通七条上る


    屏風「親鸞」第2次一般公開
    4月29日〜5月18日
    9:00〜16:00(整理券配布 8:50〜15:45)
    入場無料





    こちら 御影堂門(みかげどうもん)の下で
    整理券をいただきます。

    11時ごろに着きましたが、
    どなたも並ばれていませんでした。
    「今なら、空いていますよ。」と受付の方が言われてました。


    RIMG0578.JPG






    こちらが 屏風が公開されている 「大寝殿(おおしんでん)」です。



    RIMG0572.JPG



    入ってすぐの部屋で
    メイキングのDVDが流れていました。


    RIMG0574.JPG







    ここから先は撮影禁止です。



    拝観料も払わず
    門徒でもない私が
    大寝殿の中を見る事ができるとはラッキーです。


    大寝殿上段の間には
    竹内栖鳳の障壁画「古柳眠鷺図」「薯色群雀図」があり
    見に来て良かったと思わせます。



    そして
    井上雄彦氏作 屏風「親鸞」です。
    六曲一双
    縦2.1メートル横5.8メートル。






    こちらは記念に買った絵葉書の中央を撮ったものです。
    ちなみに
    収益金は全て被災者支援のため寄付されます。




    右隻
    RIMG0609.JPG



    左隻
    RIMG0611.JPG




    とにかく 実際に見に行ってみて欲しいです。
    良く描かれています。


    ただやはり
    漫画的なので好き嫌いがあると思います。


    50年後 100年後に
    この屏風は どのような評価をされているのか知りたいなと思いました。






    このあと
    瓦の葺き替えが終わって
    屋根の美しい「御影堂」を参拝しました。


    RIMG0577.JPG


    RIMG0576.JPG






    門徒の方 観光客の方 井上雄彦さんのファンだなという方 など
    多くの方が 参拝されていました。

    鳥羽浄水場の「藤」公開

    0

      鳥羽浄水場の 「藤』 公開に行ってきました。

      今年は4月28日から5月1日までの公開です。

      鳥羽水環境保全センター
      京都市南区上鳥羽塔ノ森梅ノ木1
      午前10時〜午後4時(入場は午後3時30分まで)



      車で行きました。
      国道1号線を 南へ



      久世橋通りを過ぎ  2つ目の信号を右折です。
      しばらく走ると
      浄水場が見えてきます。





      西の端に
      車を止める 駐車場がありました。

      RIMG0528.JPG






      そこからは
      市バスで 「藤」が咲いてる 
      浄水場の南側まで送迎があります。




      バスを降りて
      しばらく歩いて 「藤」を目指します。



      まず、その間に咲いていた 花たち です。





      馬酔木(あせび)
      ツツジ科アセビ属

      木葉にアセボチンという有毒成分を含んでいて
      馬が食べると酔ったように千鳥足になるため漢字で馬酔木となったらしい。

      RIMG0529.JPG











      木瓜(ぼけ)
      バラ科ボケ属


      もう終わりに近い感じでした。

      RIMG0534.JPG






      いろはもみじ
      カエデ科カエデ属



      RIMG0537.JPG








      葉っぱの下にあるのは
      花です。
      アップで見ると こんな感じ。


      RIMG0536.JPG










      満天星躑躅(どうだんつつじ)
      ツツジ科ドウダンツツジ属


      まさか満天の星と書いて
      どうだんつつじ  と読むとは知りませんでした。


      RIMG0548.JPG






      なんか
      花の図鑑のようになってきました
      最近のブログが…。





      そして
      「藤」が見えてきました。



      まず白い 「藤」



      ヤマフジ
      マメ科フジ属

      RIMG0545.JPG


      良く咲いています。
      満開に近い感じでした。


      RIMG0543.JPG









      そして
      長い120メートルの 紫の「藤棚」 と桜草です。

      ノダフジ
      マメ科フジ属



      RIMG0552.JPG




      まだ、
      3分咲き と言うところでしょうか。


      こちらはもう一つ奥の
      大きな 411平方メートルの「藤棚」


      RIMG0565.JPG






      さっきよりは
      もう少し咲いていて 4分咲きという感じです。


      RIMG0562.JPG








      皆さん
      カメラで 「藤」を撮るのに夢中です。



      RIMG0564.JPG







      公開最終日の5月1日くらいが
      満開なのかも知れませんが




      天気予報は 雨なんですよね。






      お土産に
      団扇 と 水切りネット を貰って帰りました。


      RIMG0571.JPG


      連休初日 太田神社の杜若は?

      0
        雨が降ったり止んだりの
        変な天気が続いていましたが


        今日は朝から
        良いお天気です。



        気持ちよく散歩に出掛けました。
        近くの
        杜若(かきつばた)が群生している「大田神社」までです。

        京都市北区上賀茂本山340






        散歩はちょっと遠回りして
        明神川を通って行きました。



        RIMG0512.JPG







        「大田神社」に着きました。


        RIMG0513.JPG




        人が居はりそうな気配がありません。



        案の定
        鳥居の右手に広がる
        「大田の沢」は

        RIMG0520.JPG




        日差しの中
        青々として綺麗…  としか言えない感じです。

        杜若の花は
        全く見当たりません。








        よーく見ても
        ツボミも見つかりません。


        RIMG0521.JPG



        国の天然記念物にも指定されてる群生地ですが
        残念でした。




        見頃は
        5月中頃と聞いていましたから仕方ありませんね。








        本殿をお参りしました。




        RIMG0515.JPG




        うっそうとした木々の中




        RIMG0516.JPG




        水が流れる音だけがして
        厳かな雰囲気でした。







        境内には杜若ではなく



        石楠花(しゃくなげ)
        ツツジ科ツツジ属無鱗片シャクナゲ亜属


        RIMG0517.JPG








        著莪(しゃが)
        アヤメ科アヤメ属


        RIMG0519.JPG



        が咲いていました。

         



        また
        出直してきましょう。

        近所の お花たち

        0
          桜が散っても
          この季節は 次々に 花が咲く時期です。



          花の名所 とはいきませんが
          お店の近所を少し歩くだけで
          花を楽しめます。

          それぞれのお家の方がお手入れされた花です。






          チューリップ (ユリ科チューリップ属)



          RIMG0507.JPG 







          ハナミズキ (ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属)


          RIMG0500.JPG









          藤   (マメ科 フジ属)


          RIMG0490.JPG









          八重の山吹  (バラ科 ヤマブキ属)



          RIMG0498.JPG




          ぼたん桜 (バラ科サクラ属)

          RIMG0505.JPG




          シャクヤク (ボタン科ボタン属)


          RIMG0509.JPG



          ボタン(牡丹)とシャクヤク(芍薬)の違いって知ってますか。

          どちらもボタン科ボタン属の種類で、
          ボタンは 低木で木本植物
          シャクヤクは草で草本植物になるそうです。


          ボタンは木なので枝分かれし冬も樹形がはっきり確認でき,
          シャクヤクは草なので冬は幹が残らず毎年生えてくるというものだそうです。





          私、知りませんでした。









          そして、こちら



          RIMG0504.JPG





          なにこれ 
          葉っぱだけ…
          花はないし   と思われますよね。



          そうなんです。
          花は満開の時に
          3月5日のブログで紹介しました。


          お隣さんの 梅 です。


          よーく 見てください。



          今日、
          気付いたら



          RIMG0495.JPG




          小さな 梅の実が なっていました。
          可愛いです。






          本当に当たり前のことですが
          花が咲いて
          そして
          実になるんですね。

          嬉しくなりました。

          「二葉葵 の 花」

          0
            この時期になると



            「二葉葵」の鉢植えが届きます。

            毎年、ありがとうございます。



            「二葉葵」
            別名: 賀茂葵
            ウマノススグサ科多年草植物





            葉っぱ がつるつるしてて
            光っています。



            RIMG0455.JPG





            一本の茎が伸び上がり
            地上から数センチのところで二つに分かれて
            それぞれに5センチから10センチのハート型の葉をつけます。





            見てると思い出しませんか

            「この紋所が目に入らぬか
             先の副将軍 水戸光圀公にあらせられるぞ。
             頭が高い!」

            そう あの印籠の書かれている 徳川家の紋【三つ葉葵】。
            茎が3つに分かれている「葵」は無いんだそうです。
            三つ葉の葵は架空のもので
            二葉葵を図案化して【三つ葉葵】の紋が考えられたそうですよ。





            5月15日に行われる
            「葵祭」では
            行列で歩く人達の冠や牛車などが
            この 「二葉葵」で飾られています。




            3月ごろから
            葉が開き始めて
            今日は こんな感じです。




            RIMG0448.JPG




            5月15日の「葵祭」の頃には
            もっと葉っぱが増えて
            茂っていることでしょう。








            ぱっと見てもわかりませんが
            葉の下には
            「二葉葵 の花」が咲いています。



            RIMG0454.JPG 





            「二葉葵」を見つけたら
            そっと、
            葉の下側を  見てください。

            ピンク色の 丸い 花が咲いていますよ。



            ころん としてて 可愛いです。

            賀茂街道の新緑

            0
              昨日、今日は風が強く

              日が射していたかと思うと雨が降ってきたり、
              また日が射したりする
              変な天気です。

              しかも、寒雨です。
              一度、暖かかっただけに堪えます。





              車で賀茂街道を走っていると
              雨に洗われた 緑が綺麗でした。

              賀茂街道は賀茂川の西側の土手に沿ってある道です。
              信号が少なく、賀茂川を望めるので景色も良いです。



              桜が終わる頃からは
              新緑が楽しめます。





              RIMG0441.JPG



              緑のトンネルのようになります。


              RIMG0443.JPG





              RIMG0446.JPG



              この緑のトンネルの中を

              5月15日の 「葵祭」の行列が通ります。






              この緑に行列が映えるのは言うまでもありませんが、
              暑い日には 
              観ているほうも
              歩いてるほうも
              日陰になるので良いですよ。







              今年の「葵祭」は
              ぜひ
              賀茂街道で ご覧ください。



              洛星の 「芝桜」

              0
                京都の桜は 
                満開から 散る段階に入ってきました。



                新聞で 「花だより」を見ると
                御室の仁和寺
                大原の三千院  は
                まだこれから楽しめそうです。








                桜は桜でも
                「芝桜」 を楽しむために 洛星へ散歩がてら出掛けました。



                「ヴィアトール学園 洛星中学校・高等学校」
                京都市北区小松原南町33


                白梅町から少し西に歩くとあります。
                学校で手入れをされていて
                桜が散る頃から こちらの「芝桜」が綺麗に咲きます。



                馬代通りから洛星を見たところ。

                RIMG0372.JPG








                良く見ると
                まだまだ、つぼみも多いようです。

                RIMG0376.JPG






                濃いピンクの じゅうたんは 綺麗です。
                何人も見に来られてる方、
                写真を撮られている方がおられました。

                RIMG0383.JPG







                中には、白い芝桜もありました。


                RIMG0378.JPG






                ツツジも植えられていますが
                まだ早いようです。

                RIMG0388.JPG



                少し咲いている
                ツツジもありましたが、これからですね。
                RIMG0387.JPG





                上賀茂橋から 

                0

                  よく晴れた
                  気持ちの良いお天気でした。


                  賀茂川にかかる
                  上賀茂橋から見た桜がきれいで
                  またまた
                  桜を写真に撮ってしまいした。








                  上賀茂橋から 東北を見る。



                  RIMG0346.JPG













                  上賀茂橋から東南を見る。


                  RIMG0357.JPG









                  大文字山を 大きめに撮る。
                  「大」の字の下には  桜の花。

                  RIMG0358.JPG







                  上賀茂橋から 東岸を北へ、
                  土手の両側に桜の木が植わっています。


                  RIMG0353.JPG



                  RIMG0347.JPG






                  西岸の桜は 葉桜でしたが
                  東岸は満開でした。




                  河原には 八重桜も咲いていました。


                  あともう少し
                  賀茂川の桜が楽しめそうですね。


                  春ご飯  「鯛めし」

                  0
                    三重県は尾鷲市から

                    新鮮な
                    小鯛を2匹いただきました。



                    RIMG0327.JPG



                    写真に撮ったら

                    ちょっと 目がコワイ です。

                    でも、鱗が光ってるのがわかりますよね。





                    この鯛 2匹は
                    春らしく
                    「鯛めし」に変身させましょう。






                    まず
                    鱗をきれいに取って
                    エラやお腹をそうじします。

                    ご飯の中に鱗が入っていると 口に触るので丁寧に取るのがポイントです。




                    塩をして
                    軽く 焼きます。

                    RIMG0328.JPG






                    焼くあいだに
                    お米の用意です。


                    薄口醤油とお酒をちょっと多いめで
                    だし昆布。


                    RIMG0329.JPG











                    骨や鱗がご飯に混ざらないように
                    ペーパータオルをひいた上に

                    焼いた 鯛を並べます。




                    RIMG0330.JPG







                    後は
                    炊飯器におまかせ 


                    RIMG0334.JPG




                    鯛の頭や骨から
                    美味しい お出汁がでて
                    ご飯に染み込んでいきます。






                    炊き上がったら こんな感じ。

                    RIMG0337.JPG





                    さて、ここからが
                    じゃまくさい…。


                    キッチンペーパーに載せたまま 鯛を取り出して
                    お皿の上に。




                    骨やヒレをきれいに取り除き

                    鯛の身だけにしなければなりません。





                    最初にも言いましたが
                    ご飯を食べてて、骨なんかが残っていたら台無しです。
                    注意をはらって
                    身だけにするのがポイントです。



                    身だけを
                    ご飯に 戻して 
                    ふんわり 混ぜ込みます。


                    RIMG0338.JPG










                    炒り胡麻 と 青紫蘇の千切りも混ぜると


                    春ご飯 「鯛めし」の完成です。



                    RIMG0340.JPG




                    ほんまに 
                    お米の一粒づつに ええお出汁の味がしてます。







                    わらびとお揚げさんを炊いて
                    いっそう春らしい食卓になりました。


                    RIMG0339.JPG




                    ご馳走さんでした。

                    4月10日  お花見日和

                    0
                      1週間前は
                      北大路橋と北山橋の
                      右岸と左岸に 1本づつしか咲いていなかった 桜。





                      昨日は  満開。



                      RIMG0300.JPG




                      RIMG0298.JPG





                      RIMG0303.JPG







                      そして  葉桜になっているものも何本かありました。




                      RIMG0302.JPG



                      金曜日からの雨で
                      散った桜もあります。




                      風で
                      桜の花びらが
                      目の前を  はらはらと 散って 風情があります。



                      桜の花の はかなさ を感じます。



                      今日、
                      日曜日は近畿地方は
                      全て  晴れマーク。


                      絶好のお花見 日和ですね。


                      ぜひ、京都へ

                      いやいや 近くの桜でも




                      見に行って 癒されましょう。




                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode